FC2ブログ
HLさんとは実は先週の台風の日にお約束していたのですが、夕方にお会いする約束でしたし、さすがに雨風が激しくなってきて中止したほうがよかろうということで、中止となりました。私のほうは休暇に入っていますので、いつでも大丈夫ということで、今日お会いすることになりました。お仕事でやや近くまでいらしていたので、帰りはお送りするという約束で、用賀まで足をのばしてくださいました。40代の色の白い背の高い方でした。

お茶菓子を持ってきてくださったので、一緒に食べながら、ご夫婦のお話やら、結構長い間させていただいたのですが、お会いした女性のお話などを伺うと結婚生活には独身の私に分からないいろいろなご苦労やらがあるようですね。レス状態で、HLさんとしては悶々とした日々を送っておられたところ、私のブログを御覧になって思い切ってコンタクトしてくださったそうです。やはりせっかく生まれてきたのですから、あまり窮屈に考えずに自分のしたいように生きるのがよいですよね。HLさんはよくしゃべる方でリビングの方もかなり暗くなってきましたので、そろそろということで、シャワーをして頂きました。

rps20110928_094840.jpg

舐め犬用にキャミソールを持ってきていただいていて、シャワーを浴びた後に着て出てこられました。そのまま寝室の方へご案内して、ベッドに横になって頂きました。背が高いのもありますが、骨盤が大きくしっかりした腰をされていて、長い脚の太ももの間に入らせていただくと、なんとなく安心感があります。太ももの内側から舐め始めて、程良く感じてこられたところで、パンティをとって中心へと舌を移動します。すでにかなり濡れておられました。最初はそれほどでもなかったのですが、だんだんとクリトリスも固くなり、舌ではっきりと形が分かるくらいの大きさになってきます。

オナニーはよくされているようで、露出したクリトリスを普通に舐めても痛みとかもなく、気持よく感じていただけているようです。クリトリスの下側あたりを舌先で刺激するのが好きな方は割りと多いと思うのですが、HLさんもそのあたりを刺激しだすと、気持ちいい、とおっしゃって感じておられました。

rps20110928_095034.jpg

しっかりと感じて頂いているうちに、時々、逝きそう、とおっしゃるのですが、そのたびにクリトリスがしぼんで最後まですっきりと逝っていただけないようです。これまでも女性が逝く時にはクリトリスが逝っているあいだはしぼむ方は多いように感じていましたが、HLさんは逝く少し前にしぼむようで、舌がしっかりと届かなくなるので、何度も逝く寸前までで終わる感じになってしまいました。それでも、オナニーでは逝く前の気持ちいい感触がすぐに終わってしまうので、こうして逝きそうでいかない状態を続けられるのも気持ちのよいものだとおっしゃって下さいました。

途中、2回ほど休憩を入れて、残りの時間の殆どをクリトリスの刺激に費やしたのですが、HLさんのクリトリスは刺激には強いようで、クリトリスもしぼんだり、固くなったりを繰り返しました。かなり長時間舐めていましたので、クリトリスも軽く舐めるだけでも敏感になり、少し強めに舐めるとより深く感じていただいているようです。途中で気持ちよくなり過ぎて、脚をつるという事態にもなったりしましたが(M字開脚の同じ姿勢でおられたので力が入ってしまったのかも知れないですね)、筋肉を伸ばして差し上げたら問題なく歩けるようになりました。

今回のように平日の早い時間から舐め犬ができるようになって、休暇の良さをしみじみと感じています。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/427-343efa4e