FC2ブログ
EMさんとはゴールデン・ウィーク以来ですからかなり久しぶりに連絡をいただきました。まだ休暇中だったのですが、お約束していた日の少し前から体調を崩されたとのことで一旦は中止になったのですが、その後元気になられて、私の方も仕事が早く終われる日がありましたので、仕事帰りに近くの駅で待ち合わせをしました。今日も、EMはお土産を持ってきてくださっていて、家に着いた所で少しお腹が減っていたので、さっそくドーナツをいただきました。

しばらくはリビングの方で近況などを話していました。私の好きな芝居にお子さんと一緒に行かれたそうで、面白かったとのことです。EMさんはお話好きでいろんなことをお話されるので、知らず知らずのうちに時間も過ぎていきますので、適当な所で切り上げて、シャワーを浴びていただくことにしました。若干寒くなってきましたので、シャワーの後は持参されたシャツを素肌の上に着て出てこられました。

DSC00062_convert_20111027182806.jpg

シャワーの間にちょっとだけ仕事のメールを書いていたのですが、出てこられた後に少しだけ待っていただいて、寝室の方へご案内しました。歯を磨いたあとに私も寝室の方へ移動し、少しだけ布団に一緒に入りながら、胸やら太ももやらを軽く触らせていただきます。落ち着いたところで、掛ふとんをめくり、下のほうへ移動して、太ももの間に入らせて頂きました。パンティはされていたので、太ももの内側から脚の付け根までをゆっくりと舐めさせていただいた後に、パンティをとって、直接舌を合わせます。脚の付け根からゆっくりと中心に向かって行くのですが、小陰唇のひだに舌が触れたところで、EMさんから声が漏れ出しました。

このところいろいろなことがあり、それをしばしでも忘れたいとのことで、お誘いいただいたそうなのですが、小陰唇に舌が届く頃には充分に愛液も溢れ出していて、敏感に感じてくださっているようです。舌がクリトリスにたどり着くと、すでに硬くなっていてはっきりと形が分かります。舌全体でクリトリスを包むように刺激をしていると、直接クリトリスに舌が当たった時には大きく反応をされます。そのまま単調に舐め続けていたところ、比較的短い時間で逝ってしまわれました。少し刺激を緩めましたが、そのまま舐めていても大丈夫そうなので、舐め続けていたところ続けていかれたようです。

いつもは前回お会いしたときのブログを見ておくようにするのですが、今回は忘れていて、EMさんがクリトリスの刺激ではすぐに逝ってしまわれるのを覚えていませんでした。かなりの回数続けて逝かれたところで、もう限界とのことでしばし休憩してまどろんでいただきました。その間も手は胸に当てて、軽く刺激はさせていただいていました。しばらくしてもう落ち着かれたかと思い、再びクンニを始めたのですが、やはり一度敏感になってしまったクリトリスはおさまりきらず、舐め始めるとすぐにまた逝ってしまわれました。逝かれたあとは舌をあまり動かさずに添えておく程度にしているのですが、口は離さないようにしてクンニさせていただいていると、何回逝かれたのかもわからなくなるくらい何度も逝ってしまわれました。

DSC00057_convert_20111027182930.jpg

そろそろ帰る時間も近づいたころ、ベッドでまどろみならが、逝き過ぎたので、一人で帰れるかしら、とおっしゃるくらいでした。途中で指を挿入して欲しいとのことで、指を挿入もしていましたが、久しぶりに何度も逝かれる方にお会いできて、やはり女性は羨ましいなと思いました。ただ、膣周りで逝くほうがソフトに逝けることを前回のブログに書いていましたので、それを読んでいれば、もっと緩やかな気持ちのいい時間を過していただけたのにと、ちょっと後悔しています。

最後に写真をいろんなポーズで撮らせていただいて、一緒にこの写真ならOKなどとお話をするのも、楽しい時間でした。きれいにネイルもされていたので、それも分かるように撮らせていただきました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/440-1245f5e2