FC2ブログ
先日SEさんから久しぶりのお誘いをいただきました。最後にお会いしたのは昨年の6月です。といっても、その後もメールなどで時々お話をさせていただいたり、都合が合わずにお誘いをお受け出来なかったりしていたので、そんなに長い間お会いしていなかった感じはしませんでした。SEさんの仕事帰りに家まで着てくださいました。

夕食がともにまだでしたので、軽い食事を買ってから家へ来て頂きました。食事をしながらテレビのことなどお話ししました。SEさんもテレビドラマがかなりお好きでよく見ていらっしゃるようで、話が合います。残念ながら私のほうは今年に入ってからあまりドラマを見れてはいないのですが。時間もあまりありませんので、そんな話も程々にして、シャワーを浴びていただきました。今日のSEさんは黒のスリップ姿で、長身なのでそんな姿も素敵ですね。

前回お会いした時に確かだき枕を買ったばかりでしたが、寝室に立てかけられただき枕を発見して、使ってますか?と聞かれるのですが、残念ながら使い勝手が悪くて寝室のゴミとなってしまっています。若干肌寒いのでショールの代わりになるものをお渡しして、ベッドに横になって頂きました。太ももに手を添えながらしばし、舐め犬の話題についてお話をしたりしました。太ももの感触ってどうしてこんなに気持ちがよいものなのでしょうか。

rps20120303_225836.jpg

それから、下の方へ降りていき、脚の間に入らせていただくのですが、SEさんはすでにパンティはとられていて、太ももの内側からそのまま中心に向かって舌を這わせていきます。前回の時にソフトに逝くか逝かないかの間をさまようような舐め方がよかったとおっしゃっていましたので、今日はできるだけ舌を広めに開いて舐めさせていただくことにしました。SEさんはスー、スーと規則正しい息をしながら静かにしておられたので、仕事のお疲れもあって眠っておられるのかと思ったのですが、クリトリスに舌が触れると少し脚を動かしたりの反応があるので、眠ってしまってはいらっしゃらないようです。

ソフトにといっても時間をかけて舐めていると、次第にクリトリスも固く大きくなってきます。それに連れて、まずは身体の反応が大きくなり、声も漏れはじめました。伸ばしていた腕も胸の前で抱きかかえるようにして、快感をかみしめておられるようです。太もものあたりも時に熱くなり、身体の反応が落ち着いた所でまた元に戻ったりを繰り返しています。SEさんの腰から背中にかけて抱かえるようにしながら、舐めつづけさせて頂きましたが、だんだんと反応も激しくなり逝ってしまわれたようです。

その後のお話で、逝ってしまうとそれっきりになってしまうので、やはり逝くか逝かないかのところで行ったり来たりをもっと長く続けたかったとのこと。確かに女性の方で、逝ってしまうよりもその直前の気持ち良い感じを長く味わっていいたいという方と、何度も逝きたいという方と、2通りに分かれるようですね。SEさんも逝ってしまうとしばらく舐めるのは刺激が強すぎて続けられないので、逝く前の時間を持続させたいとのことです。

お話を色々しているうちに遅くなってしまいましたので、写真だけ撮らせていただいて、駅までお送りしました。明日はお休みとのことですので、これからゆっくりと眠って1週間の疲れをとって頂きたいものです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/462-02fd52d2