FC2ブログ
YUさんとは先月初めてお会いして、その後またお会いしましょうということになっていましたが、YUさんも私も忙しくてなかなか予定が合いませんでした。YUさんはお会いした後のメールで、やはり舐め犬は長時間してもらうに限るとおっしゃっていたこともあり、お互いに時間に余裕のある連休にお会いしましょうとお約束していました。長時間たっぷりと、ということで、YUさんは昼前から家に来てくださいました。前回同様、部屋に入ってからはしばし芝居のお話で盛り上がり、その後、シャワーを浴びていただきました。気候もよくなり、スリップ姿で浴室から寝室へ入っていただいても、寒くなないので、よい季節になりましたね。

私が歯を磨いている間にYUさんは布団にもぐりこんでいらっしゃいましたが、横へ入らせていただいて、太ももを触りながら少しだけおしゃべりしました。YUさんはまだほとんど逝ったことがないとのことで、今回は出来るだけソフトに時間をかけましょうということにしました。足元から舐め始めて、太ももの内側も少し丹念に舐めたあと、パンティラインにそって舌を這わせるころには、YUさんから声も漏れ始めます。パンティを取ってヘアーの周りから舌を徐々に進めていくと、割れ目の上に少し触れただけですでにしっとりと濡れているのが分かります。

そう、最初にお会いしたときも思いましたが、逝ったことはないのですが、YUさんはかなり感じやすいほうだと思います。あまり力をいれずにクリトリスの周辺を小陰唇を巻き込むようにねっとりと舐めていますと、すごく感じていらっしゃる様子です。YUさんは気持ちいポイントに舌がくると、気持ちいい、とおっしゃってくださるので私としても分かりやすくて嬉しいです。しばらくすると、尿道周りがヒクヒクとしだして、私の腕を握る手にも力が入ってきました。何度もヒクヒクしたり、落ち着いたりを繰り返すのですが、逝きなれていないからなのでしょうか、最後まではなかなか到達できないようです。

rps20120430_204205.jpg

それでも、舐めとっては、濡れてきて、を繰り返して、かなり気持ちよくはなっていただけたようです。時折、足を伸ばすために私の頭を挟むようしたり、足を首に巻きつけるようにしたり、体勢を変えられるのですが、太ももをマフラーのようにして舐め犬が出来るのは至福の時間です。また、私の口へ下半身を押し付けるようにされるときもあり、そのときは少し強めに舐めたりするのですが、途中でクリトリスを直接舐めすぎたみたいで、先端のほうは少し痛くなってしまったそうです。(でも、先端を直接舐められるのも気持ちいいので、それも織り交ぜてなめて欲しいとのことです)。

かなり長時間舐めていたのですが、YUさんも喉が渇いてしまったとのことで、しばし休憩し、胸から首筋、わき腹などの上半身をゆっくりと舐めさせていただきました。横に並んでいると、YUさんが私のものを握って元気にしてくださって、前回と同じように口で気持ちよくしてくださいました。そのまま、挿入になって、少しずつ入れていきましたが、すぐにしっかりと潤ってきます。舐め犬にしてはちょっと長めの挿入でしたが、YUさんの身体がガクガクしてきたところで、一休みということで、シャワーを浴びてお昼にしました。

お昼は何か注文しようかと思っていたのですが、YUさんがお昼を持参してくださって、美味しくいただきました。食事後少しリビングでお話をしていましたが、まだたっぷりと時間もありますので、再び寝室へ移動して舐め犬を始めました。途中で、クンニ用の椅子を試して見たいとのことで、Queening Chairのほうを試していただきました。悪くはないけれども、YUさんはベッドでのM字開脚のほうが口の当たる角度がよいとのことで、しばらくしてまたベッドへ戻りました。その後も、いい線まではいくようなのですが、最後の絶頂までは達することはなく、外も暗くなってきましたので、クンニを終了しました。

それでもYUさんの身体はかなり余韻が残ったままで、しばらく一緒に横になりながらキスしたりしていましたが、また少しだけ挿入することになりました。挿入後、YUさんが、もう少しだけ舐めて、と今度は私の上に乗る体勢で、顔面騎乗になりました。少し歯が強く当たったりして心配していたのですが、そのうちに、YUさんが今までとは違った声を上げて、腰の動きが止まると、私から降りられました。完全ではないですが、軽く逝くことができたようです。YUさんはしばらくまどろんでおられましたが、軽くではありますが、逝くことができてよかったです。感じやすいYUさんのことですから、一度逝く感触がつかめたら、次回からはもっとすっきりと逝っていただけるかもしれません。

それにしても、ひさびさにかなりの長時間の舐め犬で、YUさんを駅までお送りした後に、涼しい外の風に吹かれながら若干の気だるさを感じて家へ戻る道は、すがすがしいものでした。昨日、今日とよい連休の始まりです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/470-de4e1da2