FC2ブログ
YUさんとは連休の前半にお会いしたばかりなのですが、途中食事をはさんでかなりの長時間舐めさせていただきましたので、その余韻が続いてしまって、とメールをいただきました。女性の方はクリトリスも一度しっかりと固くなってしまうと、翌日までそれが持続して少しの刺激でも気持ちよくなってしまうというお話をたまに聞いたりしていました。それで体が疼いてしまって仕方がないそうです。芝居の予定が入ってはいたのですが、夜は空いていましたので、夜でもよろしければということで、お約束しました。

私が帰ってくるころに駅で待ち合わせをしまいたが、暑かったこともあり、YUさんは春らしい明るい服装でいらっしゃいました。家に戻ってきたところで、リビングで芝居の話もしましたが、そんなことよりも早くクンニを始めたほうがと、シャワーを浴びていただきました。私も外出していたのでシャワーを浴びて、後から寝室へ。YUさんは布団の中へもぐりこむようにして、待っておられましたので、その横に入らせていただいて、太ももの内側をなでなでさせていただきます。YUさんは今日はピンク系のかわいらしい下着姿です。

rps20120506_015905.jpg

掛け布団をはいで、太もものあたりから舐め始めました。脚の付け根へ舌が届いたところで、YUさんの腰も少し動きだして、声も漏れ始めました。パンティーを取って、小陰唇の外側をヘアーの生え際にそってゆっくりと舌を滑らすと、すでに感じておられます。最初は閉じられている小陰唇の上に舌と触れたところで、あふれそうなくらいに愛液で潤っているのが分かりました。いつものようにすくい取るのですが、今日は量が多いみたいで、何度か舌を絡ませなければ全部をすくい取れないくらいです。舐めていると途中から愛液の量は落ち着くみたいですが、舐め始めはすぐにまたあふれてきたりするものですから、味わいながらなめとらせていただきました。

前回少しだけ逝けたのですが、今回もかなり気持ちよくなっていただけているように見えますし、時折尿道周りがヒクヒクとしているのを舌で感じますし、なかなか逝けないのが不思議なくらいです。クリトリスもすっかり固くなり、唇を周りに押し付けるようにしてより固くしたところを皮の上から刺激するのがお好きなようなので、同じような舐め方でしばらく舐め続けます。皮から飛び出したクリトリスを直接舐めると痛いのかもと思っていましたが、時にはそれも欲しいとメールで教えていただいていましたので、時々は直接クリトリスの先端に舌をふれさせたりもします。

いつも舐めているときは、YUさんは私の両腕をつかんでいるときが多いのですが、感じてくると腕を引っ張るようにして、腰を少し浮かせながら唇に押し当ててこられます。時折、は~、とそれまでとは違った声のトーンになったりして、その時は、気持ちいいとおっしゃいます。YUさんとは、どんな風したら逝けるのかまだ手探り中なのでこうして、気持ちいい時を教えていただけると私もどんな舐め方がいいのかよく分かって嬉しいものです。結局3時間くらい舐めたところで、YUさんもかなりお疲れのようでしたので、一休みしてYUさんが買ってきてくださったお弁当で夕食を取ることにしました。

rps20120506_015951.jpg

夕食後は、またすぐに、再開しましょうか、ということで、歯磨きをしてクンニを再開しました。時間は空きましたがクリトリスは固いままでしたので、軽く触れただけですでに感じておられます。ソフトな感じでクリトリスと小陰唇全体を包むように舌で覆いながら刺激をしていたところ、気持ちいい、とおっしゃるのでそのまま続けていましたら、あ~、とこれまでとは明らかに違う大きな声をあげられて、それがしばらくの間続きました。逝かれたのかな、と思いつつも途中で舌をはずしてしまっては中途半端になってしまうので、そのまま舐め続けていたところだんだんと落ち着いてこられました。後で伺ったところ、完全ではないけれども逝くことはできたそうで、私も嬉しかったです。

逝くときもそうですが、気持ちよくなってくるとだんだんと快楽を求めるほうにYUさんの意識も移って、快楽をむさぼってしまう恥ずかしさよりも、もっと気持ちよくなりたい気持ちが勝るところで、私の存在を忘れるくらいに腰を使ったり、声をあげたりされる様子を見ることができて、私の興奮も高まります。こんな風に我を忘れるくらいに快楽に浸っていただけるのは舐め犬をしていても、とても嬉しい瞬間です。

その後、YUさんがしばらく口でしてくださったのですが、挿入は元気がなくってちょっとできませんでした。かわりにYUさんが私の上に移動してきてくださって、顔面騎乗で最後を楽しんでいただきました。私から言うのではなく、こうして女性側から上に乗ってきてくださるのは、とても嬉しいことですし、興奮もしてしまいます。夜も遅くなってしまいましたので、車でYUさんの最寄りの駅までお送りして、お別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/472-aa99fb61