FC2ブログ
連休中には2度お会いしたYUさんと一月ぶり位にお会いしました。最初に舐め犬を体験されてから、舐め犬はたっぷりと時間をかけて楽しみたい、とうれしいことをおっしゃって、今日も昼前から家まで来てくださいました。リビングで少しお話をしたあとは、さっそくということで、シャワーを浴びていただきました。黒のスリップで寝室で待っておられる間に、歯を磨いて私も寝室へ。

いつものように脚のほうから舐めさせていただいたのですが、スリップのすそからヘアーらしきものが見えているので、今日はパンティも脱いでこられたのだなと思っていたのですが、太ももの間に入って内側を舐めているときにパンティをはいておられることに気がつきました。あれっ、とよく見ると局部のところが開いたパンティをはいておられました。いわゆる穴あきパンティですが、その割にはおしゃれな落ち着いた柄のパンティで、最近はこんな普通な感じで穴あきのパンティもあるのだなと感心してしまいました。せっかくですので、最初はパンティをはいたままで舐めさせていただくことにしました。

rps20120602_214012.jpg

割れ目の上にそっと舌を乗せてみるとYUさんの体がビクンとして、すでに感じておられますが、やはり舌の先には割れ目からあふれ出した愛液の味わいがしっかりとあります。徐々に割れ目の中へ舌を進めるにつれて、あふれてくる愛液をすするようにして、舐めとりました。その後も、小陰唇の先にそってそっと舌を動かすと、YUさんの声も大きくなっていきました。今日は最初のうちはソフトに舐めてみることにして、小陰唇の両脇やらをゆっくりと時間をかけて舐めさせていただきました。クリトリスが大きくなってからも、舌を平たくして全体を包み込むようにゆっくりと左右に動かしたりしていました。

同じ動きをずっと続けているうちに、YUさんの声が変わり始めました。尿道のまわりもヒクヒクしていましたので、逝ける兆候のようです。そのまま同じ調子で舐めていると、YUさんの声も持続して逝っていただけているのがわかります。最初はそんなに深くは逝っていただけなかったようですが、そのときにはクリトリスがすーっとしぼんで柔らかになるのでわかります。直後は少しゆるめに舌を添える程度にしていますが、YUさんの快感は持続しているようです。少しおさまったところで、また普通どおりに舐めさせていただいていたのですが、再び逝けそうな兆候とともに今度は声ももっと大きくなり、深く逝っていただけたようです。

ここでしばし、休憩にして、ベッドで横に寄り添って、太ももをYUさんの間にさしいてれ押し付けるようにしていると、YUさんも腰を使って逝ったあとの余韻を楽しまれているようです。しばらくして、YUさんから挿入したいとおっしゃるので、挿入させていただきました。今までになく挿入でもたっぷりと濡れて感じていただけていたようです。途中から上になりたいとのことでしたので、YUさんが上になって挿入を続けました。最後に私も起き上がった抱き合うような形になって一休みすることにしました。すでに3時を回っていましたので、かなり長い時間お互いに楽しんでしまったようです。ここで、YUさんが持ってきてくださったお昼ご飯を一緒に食べました。

しばらくお休みをした後に再び寝室のほうへ戻って、舐め犬を再開しました。すでにクリトリスも十分に感じている状態ですので、舐めはじめるとすぐにYUさんも気持ちよさそうにしてくださいます。クリトリスの先端のほうはもう刺激で少し痛いくらいになってしまっているとのことでしたので、先端を直接刺激しないようにして、舐めさせていただきました。途中、私がふっと意識が遠のいて、舐めながら睡魔に襲われましたが、それを察してYUさんがすこし休憩してくださいとおっしゃってくださって、横にならせていただきました。その間も、私のものをいろいろに触ったりされていたのですが、こうして好きなように触られるがままになっているのは、気持ちがよくと好きです。

rps20120602_214039.jpg

しばし、横にならせていただいて元気になったので再開させていただきましたが、あるポイントに達するとYUさんの声が変わって逝かれそうな状態になります。そのポイントがまだはっきりとはわかりませんが、最初にお会いしたときにほとんど逝ったことがないとおっしゃっていたのが嘘のように感じやすく変わられていくYUさんを見ていると私もうれしくなってしまいます。もう一度逝っていただいたあとに、少し休んで、再開したのですが、最後にもう一度逝きたいとのことで、YUさんが顔面騎乗でがんばってくださったのですがうまく逝くことができませんでした。それで、M字開脚に戻ったところで、うまくポイントにあったようで、なんとか最後にすっきりと逝っていただくことができました。

今日は4回も逝っていただいたので、YUさんも足元がおぼつかない状態になってしまいましたが、用賀の駅までゆっくりとお送りしました。なんとか大丈夫そうでしたが、私としても久しぶりの長時間の舐め犬でしたから、YUさんにもひざに力が入らないほどまでクンニを楽しんでいただけて、充実した舐め犬の1日でした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/477-c0156745