FC2ブログ
暖かくなって、でもさほど暑くもなく、舐め犬にとってもちょうどいい季節になったと思っていたら、梅雨入りしてそろそろ何もしなくても昼間は汗がしっとりと浮かんでくるくらいの暑さになりつつありますね。女性が半袖に衣替えをする時期になると、生脚の方もふえて脚フェチでもある私としてはとても嬉しい季節となりました。

舐め犬としてのお付き合いを始めてからは、それまで見るのが楽しみだった脚フェチの嗜好がだんだんと頬ずりしたときの感触や、舌を這わせた時の匂い、味のフェチの嗜好へと変わってきているように思います。それもあるのでしょうか、もちろん脚は特別ですが、半袖の服からむき出しになった二の腕あたりのフェチも加わってきたようで、電車などでいい感じにむっちりした二度腕を見つけると、すりすりした時の感触やら味わいを思い浮かべながら見入ってしまったりしてしまいます。

それで、本題ですが、先日もお会いしたアラフォーの女性の方と、40代は肉食系女子だわ、なんて会話をしたのを思い出していたのですが、若い女性の方も肉食系女性が増えているとのことで(女性が自ら主張するようになったからか?)、通常のセックスなどのお付き合いでも最近は女性が主導権を握るようになっているのかなと思ったりしています。まだ、セックスも覚えたての若いころには挿入すれば男性も女性も互いに気持ちがいいものだと単純に思っていたのですが、昔はまだ女性が自らの気持ちよさを十分には主張していなかったから、そんな男性中心の身勝手な固定観念があったのかなと最近は思います。

肉食系女子が当たり前になると、通常のお付き合いでもセックスでは女性が気持ちよくなるように男性の体を使うことが増えて、十分なクンニで気持ちも体も高揚したところで挿入するようなスタイルが普通になっていくのかなと思います。そうなると、クンニが好きでそれをこよなく愛する舐め犬の希少価値やら出番も減っていくのではないかと想像したりしてしまいます。まぁ、私がおじいちゃんになってしまうまでに、そこまで劇的に変化することはないでしょうけれどもね。舐め犬さんのブログも最近増えてきたようで、その背景にはこんなことがあるのかも知れませんね。

とは言っても、舐め犬の場合はクンニだけで満足なので、女性としてもセックスまでする心と体のつながりよりは少し軽い感じで、気持ち良くなるためだけのお付き合いができる存在として、スキンシップもあるお友達、プチセフレみたいな間柄として、それなりの存在意義は残っていくのでしょうね。よく、都合のいい女、みたいな言い方がありますが、バブル時期のアッシー君、メッシー君、のような都合のいい男の意味で、舐め犬君が普通になれば嬉しいです。アッシー君、メッシー君もそれで満足だったわけで、舐め犬君も都合のいい男とはたから見えたとしてもそれで満足なんですからいいですよね。

そう、君といえば、私は昔から女性に〇〇君と君付けで呼ばれるのが好きなんですよね。ユリイカ君はなんだか変ですけど、本名の姓のほうに君をつけて呼ばれると嬉しいです。”君”の”く”のところが若干鼻にかかったようになるのがなんだか好きです。つまらないこだわりですが、、、

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/478-e5bded18