FC2ブログ
今日は朝からかなり暑かったですが、夕方からの用事以外はなんの予定もない日でしたので、朝から出会い系を携帯でのぞいたりしていました。新しい足跡があったので、プロフを覗いてみたところ、20代半ばの女性が舐め犬を探しています、とのこと。最近舐め犬の認知度も上がってはきましたが、直接舐め犬を探しているという方はそうそういらっしゃいません。お探しでしたら是非一度お試しくださいと、メッセージしてみたところ、とんとん拍子に話は進み、少しだけ電話で直接お話をしたあと、渋谷でお会いすることになりました。

かわいくないけど大丈夫ですか、とメールではおっしゃっていたのですが、実際にお会いしてみると長身でスタイルのよいYYさんで、いつものことですが女性の自己評価というのはハードルが高いものです。これもよくあることですが、YYさんのような方が出会い系を使ったりされることもあるのだな、と思っていましたが、今日は舐められたい欲求に勝てなかったとのことです。彼氏もいらっしゃるし、SEXにも不満はないそうですが、お互いに忙しくてなかなか会えないのが原因とのことでした。軽くお話をしながらホテルのほうへ入りましたが、お会いする前に服を着たまま舐めるのでしたらスカートがいいでしょうねとお話していましたので、そのままベッドに横になっていただいて舐めることになりました。少し部屋を暗くして、YYさんはベッドへ横たわり、私は歯を磨きにバスルームへ。

rps20120729_160835.jpg

歯を磨き終えてベッドのYYさんへ近づくと、パンティを片ひざに引っ掛けるように脱いでおられて、めくり上げたワンピースからは長い脚を大きく開くようにして、クンニをお待ちかねでした。パンティを片方の脚に残しておられるところがかなりエロな感じで素敵です。いつものように太ももの内側を舐めたあとに、徐々に脚の付け根へと舌を近づけていきます。付け根あたりの少し汗ばんだところが少ししょっぱく感じて興奮を高めます。小陰唇の上から横から舐めあげるようにして舌の感触に慣れていただきますが、途中で、上手~、と声をかけていただいたりしてうれしくなりました。

実は電話でお話したときにはかなりおとなしそうな女性をイメージしていたのですが、徐々にYYさんはS気質であることが分かってきました。そこ気持ちいいわ、とか、出てくる液体は全部舐めてね、とか、ときどきYYさんは声をかけてくださいながら、髪の毛をなでたりしてくださいます。クリトリスも徐々に固くなってきたのですが、かなり強く舐めることがお好きのようで、吸い付くようにしてクリトリスをさらに固くして舌でつんつんするくらいでより感じていただけているようです。そのあと、上に乗ってみたいとのことで、顔面騎乗の体勢でしばし楽しんでいただきました。ワンピースはまだ着たままでしたので、スカートのすそで頭をすっぽり覆って、私の顔に愛液を塗りつけるようにして、感じていただきました。

顔面騎乗の途中でYYさんはワンピースを脱いでスリップ姿になりましたが、やせた身体にしては大きめの胸に下から手を伸ばしつつ、舐めさせていただいたりもしました。顔面騎乗のあとは、YYさんが四つんばいになられたので、今度はアナルを中心に舐めさせていただきます。舌の先でアナルの入り口をちろちろとしているとそれほど刺激は強くはないのでしょうが、クリトリスとはまた違った気持ちよさがあるのだと思います。最後はやはりM字開脚の姿勢で、再びクリトリス中心に舐めさていただきましたが、時々膣の入り口に舌を入れたり、顔全体を擦り付けるようにして愛液のぬるぬる感を顔で感じたりします。その後、YYさんが脚で私の頭をぎゅっと挟むようにして、感じておられるので、私も舌をできるだけ固くしてクリトリスを刺激させていただいたところ、逝っていただけたようです。

rps20120729_160813.jpg

逝かれたあとYYさんはうつぶせになられたので、しばらくの間、私はおしりから足先のほうまで舐めたりを続けさせていただきました。その後はいろいろと世間話などをしながら、YYさんの腰の辺りを押していると気持ちいいとおっしゃるので、しばしマッサージみたいなことをしながら時間を過ごしました。実際にクンニさせていただいた時間はそんなに長くはないのですが、YYさんは欲求不満も解消されて満足とのことでした。若い方は一度逝くとそれで満足される方が多いように思うのですが、短時間でもこうして必要なときに舐め犬として使っていただくのが、嬉しいですね。

お話をしながらYYさんの最初の印象もかなり変わってきていて、かなりさばさばとした、男前な女性であることが分かりました。舐め犬の使い方もお上手で、初めてお会いしたのですが、舐めているときは終始YYさんがリードする形で進みました。最近はまったりとクンニを楽しんでいただくことが多かったのですが、女性リードで欲求を解消される姿にちょっと興奮してしまいました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/494-7bb13358