FC2ブログ
昨日は多摩川の花火大会でした。午前中に激しく雨が降ったのでどうなることかと思いましたが、昼過ぎには天気も回復してきて、無事開催されました。私の夏休みももう終わりとなりますが、部屋から花火が見えますよとお話していたので、夏休みの初日にお会いしたばかりですが、YUさんが花火鑑賞と一緒にお泊りで舐め犬を楽しみに来て下さいました。毎年花火の時期になると、花火を見ながら舐め犬ができたら楽しいだろうなぁと思いながらもなかなか実現できずにいましたが、今年はYUさんの予定もうまくあってラッキーです。

花火が始まる1時間ほど前に駅で待ち合わせをして、家まで来ていただきました。電車も満員状態だったそうで、まずはシャワーを浴びていただきました。花火ということで、YUさんは浴衣を持参されて、シャワーのあと紺色の落ち着いた浴衣姿で素敵です。しばらくすると花火も始まりました。ベランダから見てもよいのですが、やや暑いので、部屋の中で涼しくしながら花火を鑑賞しました。ここでYUさんの浴衣のすそをはだけてクンニをしてもよかったのですが、花火を見るのが楽しくて、とりあえず花火の間は花火鑑賞に集中することにしました。

rps20120819_123557.jpg

花火が終わっておなかもすいたのでしばし食事タイムです。おなかもいっぱいになったところで、いつもは昼間にお会いしているので寝室で舐め犬をさせていただくのですが、夜になってまわりも暗いことですから、リビングのソファーで一度いかがですかということで、ソファーに座っていただいてクンニをさせていただくことにしました。浴衣の裾を押し割って、ソファーの上でM字開脚風に大きく脚を開いていただいて、私はその前に座りながら、舐めさせていただきます。前回、ベッドでも抱き枕を背中にあてて上半身を起こすようにすると楽に気持ちよくなれるとのことでしたので、ソファーでのクンニは気にいっていただけたようです。

舐め始めはいつものように小陰唇に舌が届いたところで、YUさんも声を上げ始めました。舌をゆっくりと動かすのがお好きなので、できるだけゆっくりとクリトリスから小陰唇を包み込むようにして、舐めていきます。時折、小陰唇の間に舌を差し入れると愛液があふれていますので、それを舐めとりながら。だんだんクリトリスも固くなってくると、クリトリスの先端の下あたりをチロチロと舐めるとすごく感じていただけるのに気がつきました。あまり強くするとあとで、痛くなってしまいますので、触れるか触れないかくらいの軽さで刺激していると、とても気持ちよさそうにされていました。ソファーでのクンニは私には比較的楽な姿勢なので、YUさんが気持ちよさそうにされるに任せて舐め続けているうちに、知らぬ間に12時も回っていましたので、寝室へ移動して、お休みすることにしました。

rps20120819_123417.jpg

舐め犬の心地よい疲れも手伝ってか、私はぐっすりと眠ってしまいました。気がつくと6時を少し回ったところでした。隣で寝ているYUさんを後ろから抱きかかえるようにすると、YUさんも気が疲れましたので、そのまま掛け布団をめくって、朝からクンニをさせていただきました。昨日は長い時間クンニをさせていただいたので、クリトリスが痛くなっていないかと思ったのですが、普通に舐めるには大丈夫そうです。一晩眠ってもクリトリスはすぐに固さを戻して、くりっとしたクリトリスを包み込むようにして、下をゆっくりと左右に動かしていると、YUさんもすぐに気持ちよさそうに反応されます。どうも、クリトリスのところ以外にも尿道の辺りも気持ちよさそうで、時折、もっと下も、とYUさんから声がかかります。そうすると、尿道からクリトリスへと下を舐めあげたりすると気持ちよさそうです。

途中で、ためしにYUさんの脚を閉じていただいてのクンニもしてみました。脚を閉じないと逝けない方もいらっしゃりますから、この方が逝きやすいのかなと考えました。やはり後でYUさんがおっしゃるには脚を閉じてのクンニは気持ちよかったとのことです。すこし休憩で横にならんで、抱き合いながら太ももをYUさんの脚の間に差し込んで指摘していると、クンニの余韻で身体がプルプルと震えるようになってきました。YUさんはいつものように私のものを弄ぶようにして気持ちよくしてくださいます。途中で挿入したくなったとのことでしたが、ちょっと今週はたくさん舐め犬でお会いした疲れが出たのか元気がなくて、挿入できませんでしたけど。元気にしてくださるために69の体勢でかなり長いあいだお互いに舐めあいました。

rps20120819_123224.jpg

最後にYUさんが上になっていい?とのことで、顔面騎乗でクンニをすることになりました。最初のうちは気持ちよいポイントを探すように、少しずつ私の口にあたる部分をずらしながら、お尻の穴からクリトリスまでゆっくりと移動していきます。今朝起きたときからクリトリスは機能の敏感さを残していましたので、すでのこのときは軽く触れるだけでもすごく感じておられました。そうして、徐々にいいポイントがはっきりとしてくると、その部分を私の口に少し強く押し付けるようにされますので、私も下から少し強めに舌で刺激を始めました。

最初にお会いしたときも顔面騎乗でかなり気持ちよかった戸のことですが、今日も途中からYUさんの声のトーンがはっきり変わって強く感じていただけているのが分かります。時折、息ができなくて苦しくなる場面もありましたが、なんとかYUさんには久しぶりに絶頂に近い快感を味わっていただけたようです。最後はずっと上になっておられたので、私が先に朝のシャワーを浴びにいき、その間YUさんにはベッドでつかの間ですが、ゆっくりとしていただきました。気がついたらもうお昼前ですから、朝から5時間くらい、クンニを楽しんでいただいたことになりますね。

ホテルでもお泊りもいいですが、自宅だとお互いに予定がなければ朝ものんびりと?できていいものですね。YUさんもシャワーを浴びてすっきりとされ、昨日YUさんが持ってきてくださったパンで朝食をとりました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/503-a92dd8ed