FC2ブログ
今日は信じられないくらい暑い日でしたが、東京は連日こんな暑さなんですね。前回お会いしてから半年以上あいたかと思いますが、今週OKさんから舐め犬のお誘いメールをいただきました。今までは外でお会いしてラブホへ行っていたので、いつも行くホテルにしましょうかとお返事したところ、私のマンションへ行ってみたいとのことでしたので、初めてですが用賀のほうで待ち合わせをしました。お昼過ぎにお会いして、近くのインド料理屋へランチを食べに行きました。私もここんのランチは久しぶりでしたが、値段も手ごろでいい感じです。OKさんはナンが食べたかったとのことで、カレーを注文されました。

ランチの後、暑い暑いといいながら二人で私のマンションまで帰ってきました。一人で住むには広いところですが、リビングの大きなテレビを見て、ブルーレイがあればみてみたいとおっしゃるので、ダイハード4を少し見てみました。かなり長めに一緒にみていたのですが、全部見てしまっては時間がなくなると思い、とりあえずシャワーをしていただきました。バスタオルを身体にまいて、すっきりした、とシャワーから出てこられました。舐め犬をしながらOKさんには続きを見ていただいてもよかったのですが、さすがに昼間はリビングは明るいので、映画はそこまでとして、寝室のほうへ移動していただきました。

最近もセックスはされているそうなのですが、挿入ではなかなかいけず、今お付き合いしている方は逝くまで舐めてくれるわけでもなくと、ちょっとムラムラ感がたまっていたそうです。自分が舐めることで女性が我を忘れるように感じている姿に私などはかなりの興奮を覚えてしまうのですが、世の中の男性の中にはそれではあまり更新しないのでしょうかね。その後のセックスもより盛り上がって楽しいと思うのですが、残念なことです。

rps20120825_184846.jpg

少しお話してすぐに足元から舐め始めたのですが、久しぶりのこともあり、OKさんはバスタオルの上から恥ずかしいと股間のところを手で押さえたままです。太ももの内側から徐々に脚の付け根へ向かって舐めていきましたが、付け根あたりを何度か舌で上下しているうちに気持ちよくなってきたようで、押さえていた手もはなして、直接中心まで舐められるようになりました。小陰唇の両側を舌を上下に動かしながら舐めているうちに、愛液がどんどんと溢れてきます。普通の方は最初に舐めとるとそんなには愛液は出ないのですが、OKさんはクリトリスを中心に舐めていると、気がついたら愛液が溢れそうになるくらい、途中からでもたくさん愛液が流れてきます。

OKさんはいつもそんなに声は出さないほうなのですが、膣の中へ舌を差し込んだり、少し強めにクリトリスの周りを刺激したりしているうちに、クリトリスも固くなりだして、時折、気持ちいい、と声を出されます。だいたいいつも最後は指の挿入も希望されるのですが、逝けそうな状態で、太ももの裏側も熱くなってきたときに、今回も指の挿入をお願いされました。すでにかなり感じておられるので、指を一本入れるのも少し窮屈なくらいに膣の中も締め付けが強くなっています。舌でクリトリスを刺激しながら、指の先を少し動かしているうちに、すっきりといっていただけたようです。さすがにこのときは声を上げて、しばし逝っている間は、身体を震わせておられました。

その後も少し舐めていたのですが、さすがにちょっと無理のようでしたので、横に並んで胸を舐めさせていただいた後に、休憩してしばしお話をしていました。小さいころにオナニーを始めたころの話しやらを、お互いに、へ~女の子ってそうなんですね、男の子ってそうなんだね、といいながら。休憩の後は、わざわざ家へきてくださったので、クンニ用の椅子を試していただきました。最初私の顔をまたぐときにはちょっと恥ずかしそうでしたが、上に乗ってからは、自分で気持ちよいところを探すように、腰の位置を変えてみたりしながら、この椅子楽でいいね、とちょっと気に入っていただけたようです。

クンニ椅子のほうはそんなに長くは時間をかけずに終わって、再びベッドへ戻って、舐めさせていただきました。最初のクリトリスへの刺激が強かったためか、途中で休憩を入れましたが、太ももの裏側も熱くなってきて、もう一度逝っていただけそうかなと思っていたところ、指の挿入を希望されたので、逝っていただけるように舐め続けたのですが、もう少しのところで逝けそうで逝けなかったのが残念です。最初にブルーレイを長く見すぎたこともありますが、辺りもかなり暗くなって来ていましたので、今日はここまでとなりました。

再びシャワーを浴びてすっきりしていただいてから、リビングでしばし涼んでいただきました。OKさんとは毎回かなり間隔があくのですが、舐め犬のブログをはじめたかなり最初のころからのお付き合いで、気心も知れたところで、こうして我が家へ来ていただくのもいいものですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/504-85e6e377