FC2ブログ
台風の関東直撃も予想される中でしたが、YUさんが花火大会のとき以来になりますが家まで来てくださいました。朝のうちは天気も穏やかで、まだまだ台風は遠くだなという印象でした。用賀の駅でお会いして、家へ来ていただきリビングでいつものようにしばしお話をしていました。しばらくして、そうそうおもちゃを見てみますか、ということで先日購入したおもちゃを見ていただきました。実はこれまでYUさんにはすっきりと逝っていただけていなかったので、おもちゃも使ってみて逝けるようになればその後もスムーズに逝けるようになのではないかとお話をしていたところでした。

明るいリビングではじめてのおもちゃを見ることで少し恥ずかしそうにしておられましたが、2つあるローターのうちから持ちやすそうな大き目の方を選ばれました。早速パッケージを開けて買っておいた電池をセットして、動かしてみましたが、4段階に強さが変えられるのですが、ちょっと強いのかなという印象でした。その後、シャワーを浴びていただいて、YUさんはスリップ姿で寝室のほうへ移動されました。私は歯を磨いてから、おもちゃを持って寝室へ。

rps20120930_214718.jpg

おもちゃはとりあえず横へ置いておいて、舐め始めようとしましたが、YUさんが前回ソファーでクンニをしたのが気に入られたようで、ベッドに横になるのではなく、腰掛けたまま舐めて欲しいとのご希望です。腰掛けたままのYUさんの太ももの間に座って、内腿のあたりから舐め始めました。脚の付け根へ舌が近づくにつれて少しずつ声が漏れ始めます。パンティを取っていただいて、中心へと舌が近づき小陰唇へ直接触れるとこれまでよりも大きな声を上げられます。クリトリスへの直接の刺激は後半になって痛くなってしまうので、今回は小陰唇の両側をじっくりと時間をかけて舐めさせていただきます。

感じてこられたYUさんは私の方へ脚を乗せたり、首の周りに絡ませたりしながら、だんだんと声も大きくなります。舌を平らにしてできるだけゆっくりと左右に動かすようにするのがお好みなのですが、これまでは感じてこられるとどうしても動きが速くなったりしていましたので、今日は注意しながら小陰唇を包み込むようにして舌を動かしていました。そのうちに尿道から膣の入り口あたりがヒクヒクしだすのですが、今日はその頻度がかなり多いように感じていました。しばらくすると、それまでとトーンの違う大き目の声をあげられたのですが、前回までよりもさらに声も大きく持続する時間も長く、後でお聞きしたところ、今回は完全にすっきりと逝くことができたとのことです。ここで、少しぐったりとされたのでベッドに普通に寝ていただいて、抱き合いながら私が脚をYUさんのまたの間に割り込ませる形でしばし快感の余韻に浸っていただきました。しばらくの間は身体全体が小刻みに震えたりされていました。ここで、お昼ご飯にしてしばし休憩しました。

おもちゃを使わずとも逝っていただけたのですが、せっかくですから、休憩のあとにおもちゃを取り出して少し使わせていただくことにしました。最初はおもちゃで小陰唇の周りを刺激したりしていたのですが、YUさんから舐めながらして欲しいとの言葉がありましたので、膣の入り口あたりはローターで刺激しながらクリトリスの辺りをクンニしました。ロータの位置を動かしたりしていたのですが、たっぷりと濡れていることもあり、細いローターはするりと中へ入っていきました。感じてくると膣から押し出されそうになるので、舐めながらあごでローターを押さえつつ舐め続けました。時々舐めるのをやめて、ローターでクリトリス周りを刺激したりしましたが、それなりに気に入っていただけたようです。

rps20120930_214809.jpg

その後、YUさんが私の上に乗って顔面騎乗で楽しいでいただきましたが、途中でYUさんは向きを変えて69の体勢になってかなり長い間お互いに舐めあっていました。気が付いたらYUさんがローターを取り出して私のものをローターで刺激し始めて、いろいろ楽しんでおられたようです。その後は挿入して欲しいとおっしゃったので、挿入もさせていただきました。途中でローターで挿入しながらクリトリスを刺激したりと、ローターがあるといろいろバリエーションが出るものですね。いったん挿入は終えたのですが、そのまま乳首を指摘しているといつになく胸で感じられて、途中から私のものをしきりに握り締めて、後ろから再び挿入を求められたので、横になりながら後ろから挿入させていただきました。

お昼ご飯前に逝くことができたのが影響しているのでしょうか、挿入でも感じてしばしぐったりとされていたYUさんですが、最後にもう一度舐めて欲しいとのことでしたので、クンニを始めて少し時間はかかりましたが、最後には再び大きな声を上げて逝っていただけたようです。これまで何度もお会いしていますが、いろいろ試しつつもYUさんが昔に1度だけ体験することができた突き上げるように逝くまでには至っていませんでしたが、今回ようやくそれを体験していただくことができて私も嬉しいです。

気が付くと台風も近づきつつあり、仕度をして駅までお送りしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/514-e5907276