FC2ブログ
急に寒くなってしまいましたね。先週は不注意で風邪をひいてしまい週末にお約束があったのですが、残念ながら延期をさせていただかなくてはならなくなり残念なことになりました。その後、体調も快復して、HMさんと昼間にお会いしてきました。もうお会いするのも3回目なので、かなり歳は離れてはいますが、気心も知れて軽く近況などをお話ししながら待ち合わせ場所の近くのラブホテルへ入りました。

初めてお会いした時はラブホテルも初めて入ったHMさんはいろいろと興味津々でしたが、もう慣れてこられて、部屋に入ってしばらくするとシャワーを浴びに浴室へはいられました。後からシャワーをさせていただいたときに、湯船にお湯をはってバスフォームで泡がたっていたのですが、なかなか自宅のお風呂でジェットバスやバスフォームで泡風呂にすることもないですから、そういうのを楽しまれたのだと思います。まだ10代ですし、そういうところは可愛らしいですね。

rps20121027_161933.jpg

私がシャワーから出るとベッドで掛布団に首のところまですっぽりと入り込んで、お待ちくださいました。クンニを始める前はやはりまだまだ恥ずかしいとのことで、上半身は布団をかけたままで、下だけめくらせていただいて、まずはまだ若くて張りのある太ももを手で触らせていただきます。手で触っているだけなのですが、これからのクンニへの期待からか、すでに身悶えをするように軽く感じ始められています。私が太ももの間に入ると自然と脚を開くようにして、初めてのがちがちなっていたころからするとすっかり安心して身をゆだねていただいているのがわかります。

太ももの内側にキスをするようにしながら徐々に脚の付け根へと近づいていくのですが、パンティの際を舌でなぞるようになめ始めたあたりから声の調子が変わってきました。パンティを抜いでいただいて、下を中心に近づけていくにしたがって声も大きくなっていきます。割れ目の上にそっと舌を乗せてみると、これまで以上に、割れ目全体から愛液が溢れ出さんばかりになっていて、クンニの気持ちよさに体のほうもしっかりと反応するようになって来られたのがわかります。今回も痛くなりすぎないように、小陰唇のわきのあたりを中心にして、舌を触れるか触れないかくらいで上下させます。

HMさんの声もそれにあわせて大きくなり、前回逝っていただけたときに舐めていたクリトリスと膣の間あたりでは、少し強めに舌を動かしているうちにHMさんも腰を浮かしたりして感じておられます。今日はクリトリスの周りも少し感じていただこうと思い、痛くないように皮に覆われた上のほうから舌で軽く刺激を続けさせていただきました。クリトリス周りともう少し下の場所とを交互に刺激を続けていただところ、クリトリスを覆う皮を刺激しているときに、ああダメ、とおっしゃって逝ってしまわれたようです。

前回は脚全体が痙攣するように力が入っていたのが急に脱力されたのでいかれたのがはっきりと分かったのですが、今回は逝かれたのかどうかはっきりしなかったので、そのまま舐めさせていただいていたのですが、逝った後にはもう受け付けなくて痛くなってしまうので、しばし休憩とさせていただきました。その間、ブラジャーもはずして楽にしていただき、乳首を舐めさせていただいたのですが、逝った後は乳首も敏感になってしまっていて、軽く舐めるだけでも痛く感じてしまわれるようです。

そこで、私の太ももをHMさんの脚の間に割り込ませるようにして、添い寝するような態勢にしてみましたが、私の太ももをしっかりと股間ではさみながら時折腰をくねらせるようにされていたので、クンニで逝った後の余韻を楽しんでいただけているのが分かりました。

rps20121027_162015.jpg

HMさんはまだまだ自分が感じていることをお話するには恥ずかしがりやさんで、腰を擦り付けるようにされていたのは気持ちがよかったですかと、後でお聞きしたのですが、恥ずかしがってシーツで顔を隠されてしまします。でも、体のほうは正直に反応されていたので、なんだか妙に興奮してしまいました。時間をおいて何度か舐めさせていただくのですが、やはり一度逝ってしまわれると敏感になりすぎて痛くなってしまわれるようです。

体が慣れてこられて逝きやすくなったのか、今回はかなり短い時間で逝ってしまわれたので、次回からはできるだけ時間をかけて逝ってしまわれない程度の快感を持続して楽しんでいただけるようにしたいところです。空いた時間にはHMさんが買ってきてくださったチョコレートを二人でいただきながら、いろいろとお話などをしていました。エッチな話は恥ずかしがってあまり話せないのですが、普通の会話は気心も知れてきて、友達と話すような気分で話せるような感じになりました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/521-968cdaa9