FC2ブログ
今日は小雨ぱらつく中、YUさんが家まできてくださいました。前回は台風が関東を直撃した時でしたが、今日は雨がひどくならなければよいのですが。リビングでしばしお話しした後、さっそくシャワーを浴びていただきました。裸でいるには寒い季節となってきましたので、まずは二人で布団の中へ入って、温まりながら、手はYUさんの太もものあたりに添えながら、少しだけお話をしました。途中で寒くなるといけませんので、軽く羽織っていただけるようにショールをお貸ししました。

これまでなかなかすっきりと逝っていただけなかったYUさんなのですが、前回ようやく満足がいくくらいの絶頂を迎えることができたので、その時と同じ体勢で、ベッドの端に腰かけてのクンニで始めました。脚を伸ばした時に置く場所があれば女性の方も楽なのかもしれませんが、とりあえず私の方に太ももをかけていただく体勢です。顔の両側を太ももに挟まれているなて、なんと贅沢な時間でしょうか。右を向いてしばし舌を這わせながら、脚の付け根のところまで移動したあとは、左を向いてまた同じように脚の付け根まで舌を這わせていきます。パンティの際にそってしばし舐めた後は、パンティを脱いでいただいて、本格的にクンニです。

rps20121028_200750.jpg

いつもより小陰唇のまわりを舐めるのは短めで、正面にある割れ目にそって舌を合わせていきます。割れ目の間からしみだしてきている愛液をしたで味わうと同時に、YUさんの声も高くなっていきます。前回絶頂を迎えていただくにあたっては、小陰唇の間に無理に割り込んでいこうとせずに、割れ目はできるだけ閉じたままで周囲から舌で覆うようにするのがYUさんには会っていることが分かりましたので、今回もなるべく上から舌をゆっくりと動かすように舐めていきました。そんなに時間は経っていないのですが、YUさんの尿道から膣あたりがひくひくとし始めました。それでも舐める調子を変えることなく、ゆっくり、軽くを続けていきます。そうしている間に、前回と同じように、やや絶叫に近いくらいのトーンでYUさんは絶頂を迎えられました。

YUさんはある程度の時間をかけて絶頂を迎えられるので、声のトーンが落ちるまで舌は話さずにしのまま舐め続けます。一段落ついたところで通常ならば休憩を入れるところなのですが、YUさんは絶頂後も特に私が舌を離さずにいても平気のようでしたので、時間も意外と短かったですし、このまま続けるとYUさんはどうなるのかな、という思いもありクンニを続けさせていただきました。さすがに一度逝ったあとではすぐには逝けないようで、途中で軽く逝きかけたりもありましたが、最後にYUさんの声のトーンも少し変わる程度に軽い絶頂を迎えられたところでしばし休憩させていただいて、掛布団をかぶって横に並んで添い寝させていただきます。

すぐにYUさんが私の横から手を伸ばされて、私のものをまさぐるようにして、元気になってくるのを確かめながらもてあそんでくださいます。お会いする前のメールでYUさんからGスポットってどこにあるのかなどを話題にしていましたので、私の方は指で軽く挿入しながらGスポットあたりを刺激させていただきました。あまりピンとくる感じではなかったそうですが、指2本で刺激しているうちに膣の中もかなり洪水状態になっておられたので、もしかしたら潮吹きの素質みたいなものを感じていたのですが、指よりはペニスのほうが良いとのことで、挿入でしばし楽しんでいただきました。途中で私がお尻の筋肉がつりそうになって終了しましたが(なさけないですね)。ほどよく疲れたところで、遅いお昼ご飯にさせていただきました。

rps20121028_200834.jpg

お腹も膨らんで元気になったところで、寝室へ再び移動して、今度はいつものようにベッドの上でM字開脚していただいてのクンニとなりました。食事の前にたっぷりとクンニも楽しんでいただいたYUさんの体はすぐにも反応を始めて、また少しの時間でひくひくするようになってきました。すでにクリトリスの先端も皮から顔をだしているので、舌を割れ目にそって上下させると先端に当たった時にYUさんの体がビクンとされます。あまり続けると痛くなってしまわれるので、できるだけ直接触れないようにして、ゆっくり、軽くのペースを崩さないようにクンニを続けていきました。今回はM字の体勢でも最終的には逝っていただけました。逝かれる時には声のトーンがすごく高くなるので、私も舐めていてこの声を聞くことができるのが、楽しみでもあり、満足感を感じられるようになってきました。

ふたたび休憩しているときに今度は、YUさんがお口で気持ちよくしてくださったのですが、結構長い時間してくださっているので、途中で、疲れるでしょう、と声をかけたところ、そのまま上に移動してこられて私の顔の上に乗られました。そのまま顔面騎乗でのクンニになりましたが、上に乗っていただくと、YUさんのお好みのゆっくり、軽くが体勢によっては息が苦しくてできずに、力が入ったりしてしまい、少し中途半端なところでYUさんもお疲れになり私から降りられました。それでは体が中途半端にうずいてしまっているとのことで、最後に再びベッドのふちに腰掛ける体勢でクンニをさせていただきました。すでにクリトリスも刺激に慣れてしまっているから難しいかなと思っていたのですが、予想外に早く逝っていただくことができて、すっきりした終わりとおなりました。

考えてみればYUさんとはなかなか逝けないということで、お会いしてからいろいろ試行錯誤などを繰り返してきましたが、前回初めてすっきりと絶頂を迎えていただけたばかりなのに、もう今回は3回も逝っていただくことができて、私としてもうれしい限りです。その分、YUさんもかなりお疲れになった様子ですので、今晩はゆっくりとお休みになって、また明日からのお仕事に励んでいただきたいものです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/522-13e960f1