FC2ブログ
30代後半のMNさんからメールをいただいたのは少し前になりますが、非常に控えめな感じで、舐め犬との出会いについて質問されたりしていましたが、せっかくでしたら私に舐めさせてくださいということで、何度かメールのやり取りをして、早くから今日のお約束をしていました。あいにくのひどい雨で、待ち合わせしてからラブホテルへ行くまでほとんど話もできずに黙々とホテルを目指すようなことになってしまいました。本当なら初対面ですし、ホテルへ行くまでの間にすこしばかりお話などをしながら歩いて緊張をほぐしていただきたいところだったのですが。

ただ、ホテルへ着いたら部屋があくまで少し時間がかかるとのことでしたので、ロビーで待つ間に少しお話などをすることができました。よく舐め犬でお会いするときに使うホテルなのですが、土曜日の夜ということで、2時間になっていて、舐め犬をするにはちょっと短いかなと思いつつ部屋へ入りました。時間も少ないので、MNさんにはすぐにシャワーを浴びていただいて、続いて私もシャワーへ。シャワーから出てくると、MNさんは部屋を暗くしてベッドの上で待っていてくださいました。

rps20121117_231103.jpg

私もベッドの隣へ滑り込み、まずは太もものあたりを触らせていただいたのですが、すべすべでもちもちのとても気持ちの良い肌触りをされています。MNさんはふくらはぎが太いのを気にされていたのですが、やはり女性の体型にかんする基準というのは自分に厳しいですね。(多分多くの男性にとってはいい感じの曲線だと思うのですが)。それから、ベッドに楽に横になっていただいて、M字開脚の体勢で太もものあいだに入らせていただきました。太ももの内側へ舌を滑らせただけで、もうピクんと反応があり、すごく感じやすい方なのかなと予想させられます。

パンティはもうとっておられたので、そのまま徐々に脚の付け根まで舌を近づけながら、今度は反対の太ももへ移動して、中心の近づくにつれて確実にMNさんの反応も大きくなっていきます。舌が小陰唇に触れた時にはさらに声も大きめになります。そのまま小陰唇の両側に沿うように舌を動かしていましたが、すごく柔らかい感触です。今日が初めてですので、極力ソフトに小陰唇の形を舌で確かめるようにしながらゆっくりと舌を上下させていきました。時々舌を膣のまわりあたりまで伸ばしてみると、愛液があふれていますので、それをなめとりながらクリトリスのあたりまで、舐めあげたりします。ほんの短い時間しかまだ経っていませんが、すでにMNさんは逝きそうな感じになっておられるので、できるだけソフトにクンニを続けました。

舌をゆっくりと動かしていても、時々クリトリスに直接触れると、今にも逝きそうなくらいにMNさんが感じされているので、少し強めに舌を押し付けるようにしたところ、すぐにも逝っていただけました。そのまま続けていても平気そうでしたので、クンニは続けていたところ、また短時間で逝きそうになられて、すごく逝きやすい方なのだとわかりました。さすがにあまり続けていると、もうだめです、とおっしゃるので舌を話してしばし休憩にしました。休憩中も乳首を舐めたり、手で触ったりすることで、気持ちよさが残るとのことでしたので、余韻も存分に楽しんでいただきました。

rps20121117_231033.jpg

しばらく余韻を楽しんでいただいて落ち着いたところで、ふたたび太ももの間へ移動して、クンニをさせていただくのですが、クリトリスはすでに敏感になっていて、直接舌が触れるたびにMNさんの反応も大きくなります。だんだんと私もMNさんの好みの強さが分かってきましたし、MNさんも最初は抑え気味にされていたのでしょうか、声も大きめに出されるようになり、逝きそうになったとおっしゃるところで、少し強めに舌を押し付けるようにすると、より大きな声で感じながら逝っていただけるようになりました。

何度か休憩を入れてを繰り返していたのですが、MNさんも、もう無理です、というところで、時間を見たらまだホテルへ入ってから1時間半くらいしか経っていませんでした、いつもの感覚ではもっと時間が経っているかと思ったのですが、MNさんが逝かれるペースが早いので、予想以上に時間が経っていなかったみたいです。MNさんがおっしゃるには、30代になって歳を重ねるごとに、一度満足するまで逝けたところで、しばらく時間を空けると、やっぱりもう少し、という具合に何度も欲しくなるようになって来られたとのことです。

時間的には短かったのですが、私としても何度も逝っていただけて満足感を感じられるクンニでした。ホテルをでると雨も上がっていて、そのままお話などしながら、待ち合わせの駅までご一緒してお別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/524-b6de5bbd