FC2ブログ
先週、初めて舐め犬を体験していただいたSMさんですが、時間的にもちょっと中途半端であったのと、最後のほうで固くなったクリトリスに直接少し強めに舌が触れたときの、何これ、という衝撃が心残りとのことで、もう一度ゆっくりと時間をかけてお会いすることになりました。お昼すぐに待ち合わせをして、家まで来ていただきました。時間はたくさんありましたので、リビングでまたいろいろお話をしてから、シャワーを浴びていただいて、寝室へご案内しました。クリスマスも近いということで、SMさんは真っ赤なスリップ姿です。

私が歯を磨いている間に、布団のなかにもぐりこまれて、恥ずかしいとおっしゃるので、少し横に添い寝するような形で太もものあたりを撫でさせていただきます。SMさんが後ろを向いておられたので、スリップの大きく空いた背中の部分を舐めさせていただいて、落ち着いていただきます。そろそろということで、掛布団を全部とって、するすると下のほうへ移動し、太ももの間に入らせていただきました。パンティは真っ白のレースで、真っ赤なスリップとのコントラストが美しいです。太ももの付け根あたりまで舌が近づいていくと、もうSMさんの腰が小刻みに震えるようにして、感じてきていらっしゃいます。

rps20121222_195022.jpg

パンティをとって、ヘアの生え際をゆっくりと舌で舐めあげるようにしながら、小陰唇へと近づいていきますが、小陰唇の上をそっとなぞるようにすると、溢れる愛液の味わいが舌に感じられるのと同時に、SMさんの声もおおきくなります。小陰唇の両側を丹念に舐めあげた後、割れ目を押し開きながら中へも舌を滑り込ませて、舐めあげた最後に舌がクリトリスあたりに触れるようにすると、SMさんの腰の震えも大きくなり、私の手を握るSMさんの手にも力が入り、快感を耐えるように味わっていただいているようです。まだ、クリトリスへは直接触れないようにして、上から舌で包み込むようにして、左右に舌を動かしていると、クリトリスの形が徐々にはっきりとしてきます。

時折、気持ちいい、とおっしゃいながら舌の感触を楽しまれていらっしゃいましたが、絶頂を迎える前には、ゆるして、とこれ以上の快楽でおかしくなってしまいそうなのを抑えようとされます。それでも、舌をクリトリスの上から離さないようにして押し付けるようにしていると、SMさんの下半身からふっと力が抜けて逝っていただけたのが分かります。SMさんは続けて舐めていても平気なようですので、そのまま舐め続けていると、ほどなくしてまた同じようにして逝っていただけているようでした。逝かれた後に少し舌を外してみると、SMさんの体は小刻みに震えて、快感を体中で味わっていただけているのが分かります。

途中で少し休憩をしましたが、背中を向けてしばし余韻を楽しまれた後はすぐに私のほうへ向きなおって、私のものを触るのを楽しまれました。元気になってきたところで、舐めてもいいの?、とおっしゃるので、SMさんの好きにしてくださって構いませんと、フェラチオをしていただきました。長い間レスだったので、フェラチオも久しぶりとのことで、ペニスの感触を楽しんでおられるようです。そのあとは、挿入もしたいとのことで、SMさんが上になり自らペニスを導くようにして挿入していきました。中のほうはまだ十分には潤っていなかったのか、かなりきついとおっしゃいながら根元まで膣の中に包み込まれていきました。腰の使い方を思い出すように、膣の中のペニスを感じながら、ゆっくりと腰を動かして楽しんでおられました。

このあと、ベッドで少し眠ったりしてほんとの休憩をとりました。クンニを再開させていただくと、余韻を残したままのクリトリスはすぐに敏感になって、SMさんの手にも力がはいり、腰も小刻みに震えながら快感を味わっておられました。顔を出したクリトリスを直接少し強めに刺激すると、あたってる、とおっしゃいながら、前回は時間がなくて味わえなかった快感を何度も感じていただけたようです。

rps20121222_194955.jpg

そのあと再びペニスをもて遊ぶように楽しまれたあと、フェラチオ、挿入となり、根元までしっかりと挿入した後クリトリスを押し付けるようにして腰を使って、腰が止まらない、とおっしゃいながら女性上位で感じていただきました。最後は私が上になって欲しいとおっしゃるので、少しだけ正常位で挿入させていただきました。女性上位だと自分の気持ちいいように好きに動けるけど、その反面、恥ずかしさもあり、正常位だと抱かれているという気持ちになれると、あとでおっしゃっていました。

お会いするのも2回目で、最初の緊張感もなくなり、こうしてSMさんの好きなように性欲を満たしていただけると、そんな姿を見ながら私も興奮できます。恥ずかしさもありながら、それを凌駕する快感を求めて、クンニで感じていただいたり、私の体を好きに使っていただいたりして、時には久しぶりに味わう快感に翻弄されるように我を忘れて快感に浸る時間を過ごしていただけました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/531-87d435c3