FC2ブログ
最近よくお会いしているSMさんとお会いしました。ブログへ掲載しているのは、SMさんとの前回の舐め犬が最後になっていましたので、なんだかSMさんと連続してお会いしているような感じになり、SMさんご本人もなんだか舐め犬にはまってしまって我慢できないみたいに思われるのを恥ずかしがっておられました。ただ、この期間、ブログ掲載OKの方とのお約束がなかったので、実際には数週間あいていますから、そんなこともないのですが、、、

お付き合いを始めてから、SMさんはクリトリスを直接刺激して逝く感覚に目覚められて、オナニーのときも同じように逝けるようになっていたのですが、クンニで刺激されたクリトリスの余韻が消えてしまうと、自分の指ではうまく逝くことができなくて、少々じれったく思っておられたとのことです。

rps20130203_095525.jpg

いつものように用賀の改札口で待ち合わせをして家へ来ていただきました。今日はシャワーのあと白いスリップ姿て出てこられました。クンニが始まってしまうとかなり奔放に性欲を満たされるのですが、始めるまではいつも恥ずかしがっておられて、今日も最初はしばし抱き合うようにして、気持ちを徐々に高ぶらせていかれました。太ももの間に入って、ゆっくりと舐め始め、やはりパンティをとるころには下半身がぶるぶると震えるくらいに感じておられます。クリトリスへ直接舌が接触すると気持ちよさそうな声をあげられます。オナニーではなかなか逝けないというのがうそのように、固くなりだしたクリトリスを直接舌で刺激しだすと5分もたたないうちに逝ってしまわれました。

そのままクリトリスを刺激すると何度でも逝ってしまわれるので、逝かれたあとはしばしソフトにクンニをして、比較的ゆっくりとクンニを楽しんでいただけるようにしています。それでも一度敏感になってしまったクリトリスは少しでも舌が触れると逝きそうになってしまうくらいで、最後のほうはどうしても連続でいくようなことになってしまいます。あまり連続して逝くとさすがにSMさんも耐え切れなくなって、しばし休憩をさせていただきます。その間はいつものことですが、私の脚を股間に押し付けるようにしてクリトリスでの余韻を楽しみつつ、私のペニスを触るのを楽しんでおられます。

そのあとはお口で元気にしてくださって、SMさんが上になり挿入をしつつクリトリスへの刺激を自ら調節しながら楽しまれます。前回から、挿入するのではなく、硬くなったペニスにクリトリスを擦り付けるようにするのが気持ちがいいことを見つけられて、それもお気に入りの楽しみ方の一つのされたようです。挿入に関しては、クンニで何度も逝かれたあとは膣がとてもきつく締っていて、なかなか入れずらいということもあり、擦り付ける方が楽に気持ちよさを感じることができるのがよいみたいです。また、SMさんが上になって自ら楽しんでおられる間は、逝きそうでいかない微妙な気持ちよさをうまく調整できるので、それもいいみたいです。クンニをさせていただいていると、微妙な感じが分からないので、すぐに逝ってしまわれることになりますので。

rps20130203_095501.jpg

一通り楽しまれたあとは、しばしデザートを一緒に食べながら休憩をしました。クリトリスから余韻が消えてしまうとオナニーでは逝けなくなってしまうとのことでしたので、なんでしたらおもちゃも試してみてはいかがですかと、先日いくつか買い求めて保存してあったおもちゃをご覧いただきました。その中の1つを少しだけ使ってみましょうということで、使ってみたのですが、振動が思った以上に強くて下半身全体がなんだかしびれてしまう感触だそうです。でも、クリトリスにうまくあたるとクンニと同様にすぐに逝ってしまわれました。

そのあとオナニーのときの指での触り方をお聞きしたりしてみたのですが、私とお付き合いを始める前はクリトリスを直接刺激することなく、小陰唇の周りを指で触るようにされていたので、逝くというところまで達しておられなかったようです。おもちゃをお持ち帰りになるかお聞きしましたが、一度指で直接クリトリスを触ってオナニーのときに逝けるかどうか試して、それでもだめなら次回持って帰ります、とのことでした。

そのあとはまたクンニで何度も逝かれたあとに、SMさんが上になって存分に快感を味わうようにして、時間が過ぎていきました。上に乗っているときに、SMさんが、私変だよね、気持ちよすぎで腰の動きを止められない、またブログに書かれちゃうんだろうね、と何度もおっしゃるので、二人で少し笑ったりしていました。それにしても、快感に負けて腰を止められないほどに気持ちよくなれる女性の感覚はいつものことながらうらやましいことです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/539-52b629f0