FC2ブログ
2013.02.11 最近、、、
ブログに舐め犬のときの様子を書かせていただいているわけですが、最近は最後に挿入まで楽しまれる女性の方との内容が多くなっています。舐め犬としては、フェラ、挿入は厳禁であるとのお考えの方もいらっしゃいますが、私の場合は、女性の方にクンニで気持ちよくなっていただいて、その延長として、このまま挿入もしたらいつもよりも気持ちいいかも、と思われたときには、私の体でしたらご自由に使ってください、ということにしています。(あっ、痛い、汚い、などはダメですけど)。挿入でなくて、ただ触ったりして遊んでいただくこともございます。

たまたま挿入もしたいとおっしゃる女性が続いて、最近のブログでは最後に挿入もしましたと書いていますが、私からお願いしたりするものではありませんので、誤解なさらないようにお願いいたします。私としては女性の太ももの間に挟まれながら、クンニで気持ちよくなっていただければ、快感に浸っておられる姿に精神的な満足を得ていますのでそれだけで十分です。会ったら挿入までされちゃう、とか思わないようにお願いいたしますね。

お誘いいただく女性の中には、どんな風にされたら一番気持ちいいかをよくご存じの方もいらっしゃれば、まだまだ開発途上で長時間のクンニで新たな快感を知る方も、いらっしゃいます。女性の快感には限界がないように思いますので、そこが不思議でもあり、うらやましく思うところです。継続してお会いしていると気心も知れて、安心して欲望に導かれるままに、自分の快楽の可能性を探ったりできるようになれば、お付き合いもより楽しいものになるようです。その意味で、一緒にどんな舐め方が一番いいかを探したり、クンニで十分に感じた後に、さらに気持ちいいよくなるにはどうすればいいのか、いろんなことを試したりしてみるのもいいと思います。それがその方にとっては、挿入である場合もあるのかなと思います。

私はクンニのテクニックがどうということにさして興味もありませんが、女性の方の快感のポイントは人それぞれですし、初対面で緊張している時と安心感が出てきた時とでは、また感じ方も違ってくると思います。一緒になって快感のポイントを探していけるようなお付き合いになればいいかなと思っています。初対面で舐め始めてすぐに逝ってしまわれる方もいらっしゃれば、何度目かにお会いした時にようやく深く逝っていただけるようになったりする場合もあります。彼氏や旦那様とは、なかなかできないようなことでも、恥ずかしがらずに徐々に心を開いて、欲望をさらけ出してみてください。きっと今までにない快楽が訪れると思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/542-33283f33