FC2ブログ
昨日舐め犬の後、OKさんから久しぶりにメールが届いて、明日の夜は空いていますか?、とのこと。特に予定もありませんでしたので、お会いするお約束をしました。かなり外は寒かったですか、OKさんの用事が夕方遅くに済んだ後に待ち合わせをしてホテルへ向かいました。OKさんはお食事がまだとのことで、途中で軽い食事を買い求めました。今年になって新しい仕事を始められて、ちょっと落ち着いたところで、ムラムラがたまっていたので、お誘いいただいたとのことです。OKさんとのお付き合いはかなり古くなりますが、会う頻度はそれほどでもなく、半年に1度くらい思い出したようにお誘いをいただきます。途中で彼氏が変わったり、いなかったり、いろいろですが、便利に使っていただいてるという感じです。

ホテルに入ってお食事を済ませたあと、さっそくシャワーを浴びられて、ベッドにもぐりこまれました。そのあと私もシャワーを浴びて、隣へするりと入らせていただきます。OKさんの太ももはいい感じの肉好きで以前から好きなのですが、しばらく手で撫でたりした後に、掛布団をはいで太ももの間に移動します。舌は、太ももの内側から、徐々に脚の付け根へ移動し、小陰唇の周りまでたどり着きました。小陰唇の上を舌でそっとなでるように舐めると、割れ目から溢れ出た愛液で糸を引くようになっていました。ムラムラがたまっていたので、シャワーの後、ほんの数分しか経っていないうちに、溢れ出てしまったようです。

rps20130211_214452.jpg

舌で愛液をすくい取るようにして舐めた後、小陰唇全体を口の中に含むようにして、少し吸い付くようにしたところ、膣の中にまだ残っていた愛液が一緒になって口の中へと入ってきました。ようやく愛液も舐めとれたところで、小陰唇の周りを丹念に舐めつつ、時折、下から上へとゆっくりと舌を移動させたりしました。舐め始めたときは私の舌を体全体で受け止めるかのように、大きく脚を広げられていたのですが、だんだんと感じてこられたのか、脚を閉じ気味にして私の顔を挟むようにしたり、脚を首の周りに巻き付けるようにされたりします。

OKさんはいつも逝かれるまで、多少お時間がかかりますので、焦らずにゆっくりと舐めていきます。そして、いつものように、指を入れて、とおっしゃるので指を入れながらクリトリスを中心に刺激をしていきました。時折、感じておられるのか、指がギュッと締め付けられるような感じになり、クリトリスへの刺激も若干強めにしたりしていたのですが、途中で、ちょっと休憩ということでお休みしました。現在の上司の方のことがタイプとのことで、すごくしたいけど、既婚者だし、同じ会社だし、と悶々とされているお話をしてくださいましたが、そのせいでしょうか、いつもはクンニだけのOKさんですが、ユリイカさん、起つ?、とおっしゃっいます。

全く予想もしていなかったのもありますが、残念ながら今日は役立たずで、しばらく自分で触ったりしていたのですが、引き続きクンニの方を続けさせていただきました。最初に舐めとった後も愛液がたくさん出てきて、ヌルヌルしていましたので、膣の入り口に舌を軽く入れたりしながら、顔全体を滑らせるようにして、舐めさせていただきました。いつも1度は逝っていただけるのですが、今日はもしかしたら途中で強くなりすぎてしまったのか、ホテルの時間が来ても逝っていただくことができずに、残念なことをしてしまいました。せっかく、ムラムラがたまったところで、お誘いいただいたのに申し訳ないことでした。

最後にOKさんの気に入ったものが撮れるまで何枚か写真を撮らせていただいて、ホテルを後にしました。これまでお会いしたら必ず逝っていただけていたOKさんに逝っていただけなくて、いろいろ考え過ぎなのか、考えなさすぎなのか、よくわかりませんが、舐め犬としてはなさけなくて、反省しながら家まで帰ってきました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/543-04c47e64