FC2ブログ
お正月明けにお会いしてしばらく間が空きましたが、YUさんとお会いしました。今日はとても寒くて、用賀の駅の風がとても冷たかったのですが、途中で飲み物を買って家へ来ていただきました。リビングでしばしお芝居の話などをしていましたが、シャワーを浴びて寝室へ入っていただきました。今日はちょっと寒いのでYUさんもスリップの上に上着を羽織っておられましたが、私が歯を磨いている間に布団のなかにすっぽりともぐりこんでおられます。太ももをしばらくさすりながら、その感触を楽しませていただきながら、掛布団をめくってさっそく舐めさせていただきます。

忘れていましたが、YUさんは最初はベッドに腰掛けてのクンニがお好きでしたので、私がベッドの舌へ降りて脚の間に入らせていただく体勢になりました。私の肩に両足を乗せられるので、ちょうど太ももで顔を挟まれるような感触が気持ちよいです。右を向いて太ももの内側を舐め、次に左を向いてまた太ももの内側を舐めて、パンティの際をゆっくり舐めてから、パンティを脱いでいただいて、ヘアーの生え際から徐々に小陰唇へ向かって舐めていきます。小陰唇へ舌が触れると溢れる愛液の風味が口に広がります。最初は小陰唇に触れるか触れないか程度にそっと舐めるとYUさんも気持ちよさそうにされて、すぐにも尿道の周りがヒクヒクとしだします。

rps20130216_215636.jpg

YUさんはゆっくりとしたクンニがお好きなので、下から上へ小陰唇の両側を丹念に舐めます。あまり舌を割れ目の間に差し込まないようにしながらねっとりと舐めあげていきますが、ヒクヒクするのがよくわかります。最初はベッドに腰掛けるようにされていましたが、感じてこられると後ろに倒れるようにして、じっくりと舌の感触を味わっていただいているようです。ときには脚を私の首に絡めるようにされたり、さらに感じてくると私の頭を両手でつかみながら私の舌がより密着するように引き寄せて感じておられます。そのうちに、あ~、とトーンが違う声を出され始めるとそろそろ逝っていただけるのですが、今日は太ももで顔を挟まれていることもあり、逝かれる直前には腰の周りがすごく熱くなっていくのがはっきりとわかりました。尿道まわりのヒクヒクも連続してくると、さらに大きな声を上げ続けながら逝っていただけました。

逝っていただいている間もクリトリスを舐め続けていると、そのまま快感が持続するようで、しばらく間、逝った状態を感じておられたようです。ここで、いったんベッドに元通りに戻って二人並んでしばし休憩させていただきました。休憩中は指でヌルヌルになった小陰唇のまわりを触らせていただいていたのですが、そのうちにYUさんも私の方へ向き直ると私のものをパンツの上から触って楽しまれます。しっかりと固くなってしまうと、パンツを脱がして、両手で包み込むようにしながら気持ちよくしてくださいました。今日はじっくりとクンニだけを楽しもうかなとおっしゃっていたのですが、そのあと、布団の中へもぐりこまれると、口の中に含んでさらに気持ちよくしてくださいました。

布団から出てこられると、やっぱり少しだけしてもらおうかな、とおっしゃって結局挿入まですることになりました。クンニで感じておられたので、すんなりと入りましたが、そのあと締り具合がはっきりとわかるくらいにきつくなって、ゆっくりと大きく出し入れをするのがお気に入りのようでしたので、いつもより少し長い時間でしたが、挿入も楽しんでいただきました。すこしお互いに疲れましたのでここで、長めの休憩をとって、しばしお話などしながら布団の中で温まりました。

rps20130216_215651.jpg

外も若干暗くなり始めるくらいの時間でしたが、休憩のあと、最後にもう少しということで、再びクンニをさせていただきました。2度目も逝っていただけるときと、そうでないときがあるのですが、十分に敏感になったクリトリスは軽く刺激するだけでも、気持ちよさそうにされています。もう少しで逝っていただけるような感触が何回かはあったのですが、なかなかすっきりとは逝っていただけずに、逝きそうで逝かないくらいの快感をずっと感じていただいていたようです。クリトリスも敏感になり過ぎていますので、あまり強くしても痛いでしょうし、かといって軽すぎては逝くほどの快感にはならないものですから、いろいろ考えながら舐めるのですが、2回目はちょっと難しいかなとあきらめかけたところで、あ~、と大きな声を出して逝っていただけました。

今回も逝っていただいている間、舌を話さずにクリトリスを継続して刺激していると、声も途切れることなく長い間感じていただけていたようです。だいぶ落ち着いてきたところで、舌を離すと、体が小刻みに震えるようになって、抱き合うようにしてその余韻を味わっていただきました。かなり長いあいだ体の震えが止まらなかったのですが、徐々に落ち着いてきました。やはり逝きそうで逝かない時間が長いと、逝っていただいたときにあんなふうに体が震えるくらいに感じていただけるのかな、と思ったりしています。YUさんもいつもそんなに体が震えるということはないのですが、今日はいつもよりやや深く感じていただけたのではないでしょうか。

帰りは再び、寒いですね、とかなり冷たい風が吹く中を駅までお送りしてお別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/544-de19ba21