FC2ブログ
やはり平日の夜に東京にいるといいことがあるもので、今日は夕方近くになってSZさんからLINEでメッセージをいただきました。もともと夜には仕事の予定があったのですが、少し前にキャンセルになって、予定が空いていたものですから、メッセージいただいていきなりではありましたが、お約束をしました。SZさんはまだ20代の前半で、今日はお休みだったとのことです。舐め犬のブログをご覧になったのは最近だそうですが、どうしようかなぁ、と思ってしばらくは過ごしていたのだそうですが、休みだし、ということで思い切って連絡をくださいました。

まだ経験も数回くらいしかないとのことでしたが、お会いしてみると、小柄で可愛らしい感じの女性でした。気さくにお話のできる方でしたので、お話をしながらいつもよく行くホテルへ向かいました。ラブホテルの感じがあまりせずに、ホテルに入るなり東南アジアの香りのするホテルをSZさんも気に入ってくださったようです。部屋に入ってまずはサービスのスィーツをお話をしながら食べました。あまり緊張されている感じもなく、すんなりとクンニのお話などもできて、それではということで、シャワーを浴びていただきました。私も仕事帰りですので、シャワーを浴びて、歯を磨いて、一緒にベッドの中へ。

rps20130417_000941.jpg

少しむちっとした感じがあって、若い方特有の張りのある太ももをしばし撫でさせていただきながら、お聞きしたところによると、これまでにもクンニはしてもらって、それが気持ちよくて好きになったとのことです。男性によってはほとんどクンニをしない人もいると聞きますが、少ない経験の中でも舐めてもらえるお相手とお付き合いできたのはよかったですねと、お話しました。布団をはいで、足元の方へ移動して、ひざ頭あたりから太ももに沿って舐めさせていただきます。途中で、脚を開いて間に入らせていただきましたが、ガウンの下はすでに下着をとっておられて、そのまま脚の付け根まで舐めあげていきます。感じやすい方のようで、それだけで少し体をぴくっとさせておられます。

小陰唇の上から舌を軽く触れるように舐めあげていくと、SZさんの声も少し大きくなりました。そっとクリトリスの場所をした全体で覆うようにしただけで、尿道のあたりがヒクヒクとしているのが伝わってきます。経験の回数と感じやすさは関係がないみたいですね。いつものことですが、最初にお会いした時はどれくらいの強さがお好みかわからないので、できるだけソフトに舌を柔らかくして舐めていきます。小陰唇の両側に沿って舌を上下させたり、クリトリスを覆うようにして舌をくねくねとさせてみたり、声はそれほどではありませんが、そのたびにヒクヒクするのが伝わってきますので、感じていただけているのが分かります。

時折、SZさんが腰を私の口に押し付けるようにされるので、それに合わせて少し強めに舌を押し付けてみたところ、脚が付け根からブルブルと震える感じになり、声も大きくなりましたので、SZさんは少し強めの方がお好きなのだなとわかってきました。クリトリスも固くなってきましたので、唇を押し当てるようにして、クリトリスを露出させて直接舌で舐めてみたところ、より感じていただけているようです。ころころと舌でクリトリスを転がすようにすると、足を少し閉じ加減にして、体に力が入ってこられたようで、そのまま続けているうちにふっと力が抜けて逝かれたようでした。

実は逝かれたのかどうかよくわからなかったので、そのまま舐め続けていましたが、少しソフトにして、膣の入り口などにも舌を少し入れたりもしてみます。途中で、クリトリスを直接刺激し過ぎかなと思い、痛くないですか、とお聞きしたところ大丈夫のことでしたので、安心してクリトリスを刺激するのを織り交ぜながら舐め続けさせていただきました。しばらくして、また脚を閉じ気味にされて、シーツをつかむ手にも力が入ってこられたようなので、強めにクリトリスをはじくようにして舐めたところ、再び逝っていただけたようです。この時はさすがに舐め続けていると、手で制止されましたので、はっきりと逝かれたのだと思います。

rps20130417_001007.jpg

しばし休憩してお話をしましたが、普段もオナニーはされているのですが、逝くといってももっと浅い逝き方のようで、身体がふわっとするような初めて味わう気持ちよさだと言っていただけました。私がというよりも、SZさんの身体がクンニにとても感じやすいのだと思います。まだ少し時間がありましたので、再び舐めさせていただきましたが、一度感じてしまったクリトリスはすぐに大きく、固くなり、休憩中のお話で緊張感も全くなくなったこともあるのでしょうけど、少し舐めるだけでもかなり強く感じていただけているようです。

SZさんは普段は平日がお休みだそうで、私もまた出張が始まってしまったら、土日祝しかお会いできないので、次回いつお会いできるかは分かりませんが、今度は昼間からゆっくりとクンニを楽しんでいただいて、SZさんが感じ続けたらどんな風になるのかを楽しみにお待ちしていたいと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/559-3d39689c