FC2ブログ
GW初日ですが、以前からお約束をしていた30代半ばの独身OLのSKさんとお会いしました。SKさんからのお誘いはLINEからでした。ブログをご覧になって、クンニがすごく好きなのだけど舐めて欲しい、とのお誘いでした。少し遠くなのですが、わざわざ用賀まで来てくださいました。実際にお会いしてみるとちょっとおっとりした感じで、とてもこのようなブログを見てウズウズして連絡をいただけるような方には見えませんでした。

少しお話をしながら家までご案内して、リビングでお話をしてみたのですが、かなり緊張されているようで、それならば早くクンニを体験していただいて、落ち着いていただいた方がいいかなと思い、すぐにもシャワーを浴びていただくことにしました。シャワーの後は、下着をとられてその上から着てこられたワンピースをはおられていました。そのままではベッドに横になっていただくのにしわになってしまってはいけないと思い、恥ずかしそうにはされていましたが、ワンピースは脱いでいただくことにしました。ちょっとぎこちない感じでベッドに寝ていただいて、私は下の方へ移動して脚の間に入らせていただきます。

rps20130427_183223.jpg

普段から毎日のようにオナニーはされているそうですが、生理までムラムラがかなり高まっていたのと、昨晩は今日のことを考えてムラムラしてオナニーもされたそうですが、なかなか寝付けなかったそうです。おとなしそうなSKさんの口からこのような言葉が聞けるというのはギャップが大きくてちょっとドキドキします。考えたら、クンニの気持ちよさを楽しむのに、性格やら関係ないですよね、おとなしい方でも気持ちいいことが好きな方は好きなんですものね。太ももの内側に舌が触れると少し声を出されて、感じ始めておられるようです。パンティをとって徐々に小陰唇へ舌を近づけていったのですが、小陰唇へたどり着く前に、あるれ出した愛液がヘアーに絡んでヌルヌル状態です。今日のことを考えて毎日ムラムラしていたというのもうなずけます。

最初に舌が小陰唇へ触れるときにはみなさんそうですが、気持ちのいい瞬間なのでしょう、SKさんの声も少し大きくなりました。最初は小陰唇の両側から舐めあげるように舌を動かしていましたが、すぐにも皮の上からクリトリスが大きくなっているのを感じ取ることができます。舌の押し付ける強さを徐々に強くしていきましたが、SKさんは少し強めの方が気持ちがよさそうで、強めに刺激すると、気持ちいい、とおっしゃいました。全体を舐めるよりもクリトリスを中心に刺激する方がお好きなようですので、唇を押し当てるようにして、クリトリスを露出させて舐めてみたところ、さらに大きな声で、気持ちいい、とおっしゃいます。

クリトリスを露出させると、かなり大きなクリトリスが固くなって、舌でその形がはっきりとわかるくらいになりました。包皮から顔を出した上側を舐めるのがお好きなようで、それからは、唇を押し当てて露出したクリトリスを刺激するのを中心にしてクンニを続けました。途中で、少し休憩をしたときにお聞きしたのですが、まだ逝くという感覚がはっきりとは分かっていないとのことです。ただ、固くなったクリトリスを刺激していると、気持ちいい、とおっしゃった後に、あ~、とトーンも高く、少し長めに声を漏らされる時が時々あったので、その時には逝くのと近いような快感を感じていただけていたのではないかと思います。

逝くことでひと段落ということがありませんので、2回くらい休憩を挟みましたが、残りの時間はクンニを続けさせていただいていて、SKさんの、あ~、という声がきかれることもだんだんと増えてきました。クリトリスを刺激し続けているので、敏感になってしまっていて、快感が高まったままになっておられたのではないかと思います。少し、胸を舐めたりさせていただいたりもしたのですが、気が付くとその間は自分で触っておられたようです。

rps20130427_183127.jpg

逝っていただけたのかどうかははっきりとは分かりませんが、これだけ長時間のクンニは経験がないとのことで、かなり満足いただけたようです。昨晩は緊張のあまりよく眠れていないとのことなので、今晩はぐっすりと眠っていただければいいなと思います。

ネットで知り合った人とこういう形で会うのは初めてのことで、最初はかなり緊張されていたのですが、やはり一度肌を触れあってクンニを楽しんでいただけたあとは、緊張もほぐれて言葉少なだったSKさんも、自分からいろいろお話してくださるようになりました。たかがクンニではありますけど、毎日ムラムラとしながら過ごすよりは、SKさんのようにちょっと勇気を出していただけると、また違った毎日を迎えられるようになるかもしれませんね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/564-0333cc89