FC2ブログ
連休も後半へ突入してしまいましたが、今日はYUさんとお会いしました。少し前にお会いしたばかりですが、お仕事も忙しくいつもの土日休みではお互いの都合も合うかどうかわかりませんし、せっかくの連休でYUさんも1日あいておられたようです。いつもより待ち合わせが遅い時間でしたので、YUさんのほうから家に着いたら即シャワーを浴びて始めたい、とかなり溜まっておられる様子のメールをいただきました。とは言っても少しは話をしてしまいましたが。

シャワーの後はいつものように寝室にて、最初はベッドに腰掛けてのクンニです。今日は最初からパンティも脱いでおられたので、太ももを舐めたりはなしで、両足で顔を挟まれるようにしながら、小陰唇の周りへいきなり舌を這わせていきました。ここですでに小陰唇から溢れるように愛液がはみ出していて、舌の先にその味わいが伝わってきます。閉じられた小陰唇の間に無理には押し広げずに軽く舌で舐めあげていきながら、溢れる愛液をいただきます。そっと舌を上下させるだけで、尿道周りがヒクヒクとしているのがはっきりと伝わってきました。

rps20130504_224401.jpg

小陰唇の中に隠れたクリトリスがいつもより早く固く大きくなっていくように感じましたが、クリトリスを直接刺激しているも最後には痛くなってしまわれるので、ゆっくりと皮に包まれたままのクリトリスを舌で覆うようにして舐めていきます。いつもなら、ヒクヒクするのがいったん収まった後に、時間をかけてクンニすることで再びヒクヒクしてきて逝っていただくのですが、今日はヒクヒクが収まらないままに徐々にYUさんの感じ方も激しくなっていきました。YUさんが私の腕をとって、胸のほうへ導くと、乳首を挟んで欲しいという合図でもあり、もうすぐ逝きそうという合図でもあるのですが、ほどなくしてしっかりと大きな声をあげながら逝っていただきました。

そのまま舐めていてもなかなか声が収まらずに、快感が続いているようでしたので、そのまま舐め続けさせていただきましたが、ヒクヒクはやはりいつもよりかなりの頻度で舌で感じることができました。ずっと感じておられるようでしたので、私の方も妙に舌に力が入ることもなく、終始ソフトに舌を小陰唇の上から舐めるようなクンニになり、それがまたよかったのかもしれません。途中でベッドに腰掛けていた体勢から、M字開脚へと体勢を変えて、クンニを続けていましたが、体がブルブルとしだしたところで、しばし休憩になりました。

休憩中もいつものように私のものを手で弄びながら元気にしてくださって、そのあとは口で気持ちよくしてくださって、挿入になりました。比較的ゆっくりと腰を動かしながら挿入をしていましたが、途中で腰を止めると、YUさんの膣がきゅっと締るのがよくわかります。動かしたり止めたりを繰り返したいたのですが、中でしぼんでしまったので、そのまま下の方へ移動して、クンニで気持ちよくなっていただくことにしました。舌を小陰唇に触れるだけで身体がビクンとするくらいに感じておられたのですが、挿入の直後ということもあったのでしょう、尿道周りがヒクヒクするのと一緒に膣の入り口もきゅっとしまったり緩まったりを繰り返して感じていただけました。

そのままクンニを続けて逝っていただけたので、横に並んで抱き合ったりしているところで、いつもなら休憩になるのですが、YUさんが今度は私の上に乗って、顔面騎乗になりました。下からクリトリスあたりを舐めつつ、お尻の割れ目あたりに指を這わせたりしていましたが、私の顎のあたりに座るようにしてクンニを楽しんでいただいていたところ、くるりと向きを変えて、今度は69の体勢になりました。ここでも軽く小陰唇の上からクリトリスを舐めているだけでヒクヒクさせておられたのですが、私のものが元気になると、今度はYUさんが上になって挿入されました。前回、挿入されたままあまり動かずにお互いの微妙な動きを感じ取るようにしたのが気持ちよかったとのことで、YUさんは上に乗ったまま時折膣をきゅっと締め付けるようにされます。それに反応して私のものもビクンとなるのですが、それが気持ちよいらしくそのたびに声をあげられます。

rps20130504_224342.jpg

私のがしぼんできたところで、もう少し舐めて欲しいとおっしゃるので、クンニをしましたが、脚を閉じた状態で再び逝っていただけました。ここで、本当に休憩になって腕枕をして体を寄せ合いながらしばし横になっていました。今日はいつになく休憩も入れずに長い間クンニと挿入で気持ちよくなっていただいたYUさんの身体は、どこを触っても気持ちがよいらしくて、すぎに身体全体がピクンとなってしまうくらいに感じておられて、ピクンとなるのもなかなか収まらない状態でした。

身体も落ち着いたところでしばしお話をしていたのですが、YUさんが再び私のものを触りだして、動かさずに挿入するのが気持ちいいのでやはりもう一度したいとおっしゃって、元気になったのを見計らうとすぐに私の上に乗って挿入されました。ほとんど動かずに、挿入の感触をお互いに感じあっていましたが、途中から体を反転させて私が上になって少し動くようにしました。そのあと、本当にここで今日は終わりとなりましたが、YUさんはしばし立ち上がれないくらいにぐったりとしつつも、今日の濃厚な快感に満足された様子でした。

やはり連休ということもあって、YUさんも思う存分舐め犬を楽しんでいただけたのだと思いますが、今日は最初から舐めている間中ヒクヒクするように感じていただいていましたし、気持ちの持ちようでこんなにも違うものなのでしょうか、それとも、連休を前に仕事を片付けるのに忙しくされていたということですので、ムラムラが溜まっていたのでしょうか、とにかくいつもより欲望を思う存分さらけ出して楽しまれたYUさんでした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/567-8686b821