FC2ブログ
梅雨の合間ですが天気のいい週末になりました。これくらいの暑さが続くと快適に過ごせるのですが、これからどんどん暑くなっていくのでしょうね。そんな中でAIさんとお会いしました。AIさんはLINEから連絡をいただいたのですが、少しお話ししただけなのですが、お会いしてくださることになりました。30歳前半の奥さまです。年上がお好きとのことなので、私を選んで下さったようです。

渋谷で待ち合わせをしてそのままラブホへと向かいました。関西出身の方で、私も関西弁に少し戻りながら、最初から気軽のお話のできる方だよかったです。見た目が若く見えると思ったのですが、それよりも、短めのスカートから見える太もものあたりの肉付きがとても私の好みに見えました。ご本人は少し太いと思っておられたようですが、スポーツをされているので、弾力があっていい感じです。

rps20130623_163835.jpg

ホテルの部屋へ入るとさっそくAIさんにシャワーを浴びていただきました。私も続いてシャワーを浴びて、ベッドへ入ります。いつもの私の手順でOKとのことでしたので、脚の方から舐め始めさせていただきました。太ももの間に入って内側へ舌を這わせると、やはり張りのある太ももは触れていても気持ちがよいです。徐々に付け根の方へと舌を移動させていくと時々ぴくっとされて感じ始めておられたようです。パンティをとってヘアーの生え際に沿って舐めていると徐々に声も漏らし始めて、小陰唇の上に舌が触れた瞬間に少し大きめの声で、あっ、反応がありました。下の方へ舌を移動していくとすでにたくさんの愛液が小陰唇の間から溢れています。

LINEでのお話のところで、性欲が強くて困る、とおっしゃっていたのですが、その分とても感じやすい体をされているようです。いつものように小陰唇の外側に沿って舌を上下させたり、舌を平たくしてペロンと舐めたり、ソフトに舐め進めていたわけですが、ほんの5分も経たないうちに、逝ってしまいました、とおっしゃいます。クリトリスもそんなに固くはなっていなかったので、少しびっくりして、本当に?、と聞き返してしまいましたが、恥ずかしそうにされていたので本当に逝かれてしまったようです。そのまま続けて舐めていても、大丈夫そうでしたので、クンニはそのまま続けさせていただきました。

普段一人でされる時には1度逝くとだいたいそこで終わりにされているそうなのですが、逝くことには慣れておられるようで、そのあとも何度も逝かれたようです。途中で指も入れて欲しいとのことでしたので、人差し指を挿入してGスポットあたりを刺激しながらクンニを続けます。ずいぶんと感じておられたので、途中でしばし休憩することにしましたが、腰のあたりたくさん汗をかかれていて、シーツがしめるほどです。スポーツされいるから基本の代謝がいいのかもしれないですね。休憩しながら胸も気持ちがいいとのことでしたので、私の太ももをAIさんの太ももの間に入れながら乳首をゆっくりと舐めさせていただきました。その間も腰を動かしながらクリトリスの気持ちよさも感じておられたようです。やはり女性の方って男が思っている以上に胸は感じるものですね。

すぐに逝ってしまわれはしたのですが、クンニを続けているうちに、クリトリスの方もはっきりと形が分かるくらいに固くなってきました。あまり直接刺激すると痛くなるかもと思いましたが、時折軽く頭を出したクリトリスに直接舌で触れるとより大きな声を出されて感じておられます。やはりソフトに触れるとクリトリスの直接の刺激はかなり感じるようです。AIさんの感じ方も徐々に大胆になってこられました。最初の恥ずかしさもだんだん慣れてきて、それとともに性感が高まってきていたのも、一因だと思います。

rps20130623_163815.jpg

時折かなり低めの声で呻くような声を出されるのですが、その時はもう私のことも忘れて快感に浸っておられるように思えて、私のほうも興奮してきます。再び、指も入れて欲しいとおっしゃるので、挿入してみましたが、この時は最初と違って膣の全体が常時締っていました。いわゆるGスポットよりも少し奥のところを指で刺激したところ、すごくよかったみたいで、そのままそのあたりを刺激しながら舐め続けたところ、それまでになく深く逝かれたようです。そこで少しお休みにしましたが、恥ずかしそうにされつつ私に抱き付いてこられて、とても可愛らしく感じました。休憩しているときに私は女性の身体を触らせていただいているのですが、AIさんも私の身体を常時触ったりされていたので、このようなスキンシップがお好きなのだと思います。

これだけ長時間のあいだ一方的に気持ちよくされる経験も普通はないと思いますが、AIさんには舐め犬をとても気に入っていただけたようでうれしい限りです。指を挿入して逝かれた時は、かなり深く逝かれたようで、ご自身で、激いき、とおっしゃっていました。最初から性欲が強いとおっしゃっていたので、ラブホの休憩時間では物足りないかもと心配していましたが、その分とても感じやすい身体をされていたので、十分に楽しんでいただけたようです。

休憩のときにAIさんがお話されていたのですが、これまでの男性経験ではクンニにしろ挿入にしろ痛いだけのことがたびたびあったそうです。私もたまに興奮してしまうとついつい舌に力が入ってしまうこともありましたが、やはり焦ってしまうのでしょうね。関西弁でお話ができたので、そういう面でもとても楽しい時間を過ごさせていただけました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/576-a5850926