FC2ブログ
今日は午前中から趣味の芝居へ行ってきたのですが、午後を回って公演も終わったので外へ出てみたら真夏のような暑さにびっくりしました。なんだろうなぁ、と思いつつとりあえずお茶でもして休もうかとしていたところへ、OKさんからのメールをいただきました。前回は春の桜の時期にお会いしたのですが、OKさんはだいたいいつも当日にお誘いをいただくので、少し前にお誘いいただいたときはすでに予定が入っていてお会いできませんでした。今日はちょうど良いタイミングでしたので、さっそくお返事をして、待ち合わせをすることにしました。

何度もお会いしているので、お会いしてからそのままラブホへと向かいましたが、OKさんからおもちゃを買うのに付き合って欲しいと言われました。通販でも買えますが、住所などの記録が残るのがやや不安があるとのことで、直接お店で買いたいのだそうです。確かこの通りに昔あったような気がしますが、とラブホへ行く途中の通りを少し歩いたところ、ありました。地下へ続く階段を下りて店の中へ入ると、たくさんあるものですね、バイブやらローターやらこんなにも種類があるのかと思うくらいたくさん並んでいます。お店だと見本が置いてあるので、実際に手に取って感触なども確かめられるのがよいですね。いろいろ迷いつつもOKさんは割とスタンダードなものを購入されました。以前はローターを持っていたのだそうですが、最近は挿入にも気持ちよさを感じるので、初めて挿入もできるおもちゃにしたということらしいです。

rps20130707_184004.jpg

そのおもちゃを持ってラブホへ向かいました。暑さもあるのかラブホはかなり混んでいる様子でしたが、2件目で1つ部屋が空いていたので、ほっと一息です。OKさんは部屋へ入るとさっそくストッキングは脱いで楽になり、そのままシャワーを浴びられました。バスタオルを体に巻き付けて出てくると、入れ替わりに私がシャワーです。私がシャワーをしている間にOKさんは早速おもちゃの包装をといて、入念に洗って使う気まんまんです。とはいっても、一応舐め犬の私がいますので、ベッドの手が届くところにおいて、私が舐め犬を始めさていただきました。

太ももの内側を舐めた後に、ヘアーの生え際に沿って舐めあげていると、ちょっと小陰唇に触れてしまったのですが、そこで、もっと焦らして欲しい、とおっしゃるので、もう少し時間をかけて小陰唇の周りを舌で舐めていきました。それだけでも、これまでのOKさんとはちょっと違うくらいに感じておられるようでした。そして、小陰唇に舌を絡ませてからも両脇をゆっくりと舐めていきました。少しだけ舌を小陰唇の間に入れてみると、今までにないくらいに愛液が溢れていました。夏の暑さか、ムラムラが蓄積していたのかは分かりませんが、あまりにたくさん溢れているので、舐めとるというよりは少し吸うようにしてみたところ、ズルズルっという感じで口の中に尾を引きながら吸い込まれていきました。

愛液もだいたい吸い取れたところで、いつものようにクンニを進めていきましたが、しばらく舐めたところで、OKさんは脚を閉じられて横向きになって休憩されました。まだ逝ってはいなかったようですが、ラブホで軽いお酒を飲まれたし眠くなったのかと思い、身体を軽く触りながら私も添い寝するような形になりました。そのあと、後ろから胸を抱きかかえるようにして、背中などを舐めさせていただいたりしていました。だいぶ、落ち着いてきたところで、再びOKさんの脚を開いて間に入ってクンニを再開させていただきました。膣の中に舌を入れるようにすると、OKさんは腰を浮かして、舌がもう少し奥まで届くようにされます。それと同時に、膣の中のひだひだが舌にまとわりつくようにヒクヒクと動くのがよくわかります。

そうこうしているうちに、またOKさんは横を向かれたので、ちょっとお休みです。そうすると、OKさんはおもちゃの方へ手を伸ばして、ご自分でオナニーを始められました。いつもならクンニの途中で指も入れて欲しいとおっしゃるのですが、今日はクンニだけだったのは、バイブを入れる感触がどんなものか味わってみたかったからなのかなと思いました。私は横で見ていたのですが、OKさんが満足されてバイブをもとの位置に戻されたときに、どんな具合でした?、とお聞きしたところ短時間で2回逝かれたそうです。舐め犬としてはちょっと残念なことですが、そういえば、前回も逝けなくてOKさんがオナニーで逝ったことが思い出されました。気持ちよくはなっていただくのですが、OKさんの最後の一押しのポイントが分からないんですよね。

rps20130707_183934.jpg

ともあれ、私としてはクンニだけでなく身体も舐めさせていただけて、楽しく過ごさせていただきました。OKさんの太ももは最初にお会いしたころから、やや太めになったり、また痩せたりもありましたが、ちょうどいいムチムチ感が気持ちがよいのです。写真のほうも今日は脚をあげた状態で撮ってみたりと、何枚か撮らせていただきましたが、気に入った2枚がブログに掲載OKということです。

OKさんも最近は挿入したいという欲求が出てきたとおっしゃるように、感じ方も若干変わってきておられるのかもしれませんが、2回続けて自分でオナニーをして逝っていただいたのは残念なことです。とはいえ、目の前でオナニーをしてくださるくらい気軽に私に会ってくださっているというのも、ちょっと他の方ではあまりないことですので、それはまた別物として喜んでおいたほうがいいのかもしれません。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/581-6461dd80