FC2ブログ
ずいぶんと時間が空いてしまいましたが、SMさんとお会いしました。舐め犬をすごく気に入ってくださっていたのですが、お会いする時間がとりにくくなられていました。少し前にもお誘いいただいたのですが、ちょっと無理なスケジュールでしたのでお会いできずにいました。お時間ができたということで、昨日の夜にメールをいただいて、予定もありませんでしたので今日お会いすることができました。用賀まで来ていただきましたが、ひさびさの用賀ということでちょっと緊張されたとのことです。

家へおいでいただいて、リビングでお話していましたが、今日はお会いできる時間も少し短いので、さっそくシャワーを浴びていただいて、寝室へご案内します。何度もお会いしていても、実際にクンニを始める前には少し抱き合うようにして気持ちを落ち着けないとドキドキ感が止まらないと以前からおっしゃっていたのですが、今日は久々ということもあり、よりドキドキ感が強かったようです。しばし抱き合うようにしながら、シャワーの熱気も少し落ち着いてきたところで、クンニを始めさていただきました。

rps20130714_161523.jpg

太ももに唇を触れたときから少し息が激しくなるくらいに敏感になっておられましたが、パンティをとるときには、絶対いっぱい濡れてるよ、とおっしゃってかなり恥ずかしそうにされていました。おっしゃる通りで、舌を徐々に小陰唇に近づけていくと溢れている愛液の味わいを感じることができます。舌先で舐めとりながら、クリトリスの周りに絡めるようにして、ゆっくりと刺激をしていきます。SMさんはとても逝きやすくて何度でも逝けるのですが、行き過ぎると苦しくなるので、今日はできるだけ逝ってしまわないようにソフトに舐めるというよりは舌を絡めるようにしていました。それでも次第に感じてこられて声も大きくなりながら、腰をくねらすようにされていました。逝きそうになられたら、少し舌を離して落ち着くのをお待ちします。

いくらソフトに舐めていてもそれだけで気持ちよさが高じてくるようで、さすがに我慢の限界になったところではクリトリスを強めの押すようにして、しっかりと逝っていただきました。逝っている間は声にはならないくらい、呼吸が激しくなり、しばし落ち着くのをお待ちするのですが、舌を離してはいても腰が小刻みに震えるようにして快感が持続しているようです。そこで一休みして横に並んで抱き合いながらSMさんが落ち着かれるのを待ちます。そうするといつものようにSMさんは私のものを手で触りながら元気にしてくださって、途中から、口で気持ちよくしてくださいます。今日は横になりながら、そのまま69の体勢で私も舐めていましたが、それだけで再び逝ってしまわれました。

そのあとは、再び私からクンニをさせていただいたのですが、非常に敏感になっているクリトリスはほとんど触るか触らないかというくらいの舐め方でもすぐに逝きそうになり、再びあっという間に逝ってしまわれました。このような状態になると続けさまに逝っている感覚になられるとのことで、呼吸が苦しくなって、どうしても途中で休止して落ち着かれるのを待たなければなりません。そのあとは挿入されたいとのことで、いつもはSMさんが上に乗られるのですが、今日は後ろからしたいとおっしゃって、横になったまま後ろから挿入させていただきました。いつもきついとおっしゃるのですが、SMさんは感じすぎて膣がずっと締ったままの状態なので、挿入する時にはいつもきつく感じるのだと思います。

後ろからの挿入はほんの少しだけでしたが、それからやはりSMさんが上になって再び挿入されました。いつもと違って今日はかなり激しく腰を使って3回ほど続けさまに逝かれてしまいました。中で逝くというよりは、敏感になったクリトリスを擦り付けるようにして逝かれます。激しく動かれたのと、何度も逝かれたのとで、私の上で汗びっしょりになられたSMさんは、ここでいつものようにじっとして挿入されている感じを味わっておられます。そのまましばらくじっとしておられたのですが、その間も膣はしっかりと締め付けるようにして私のものを離しません。徐々に私のものがしぼんできて自然に抜けるまでそうして快感を味わっておられました。

rps20130714_161459.jpg

最後は、上になったままの体勢で顔面騎乗で舐めさせていただきました。顔面騎乗だと逝きそうになったときに自分で逃げることができるとおっしゃっていたのですが、今日は逝きそうになられたときに、私の方から唇で追いかけるようにしてクンニを続けましたので、上に乗ったまま逝っていただきました。想定外のことで、またいつもの逝くのとは違った姿勢であったのもあり、少し新鮮な感覚で逝っていただけたようです。

いつも私がブログにSMさんは快感を貪るようにして楽しまれていると書いているのを恥ずかしく思っておられるSMさんですが、結局今日も貪ってしまいましたね、とご自分で笑われておられました。シャワーを浴びて、帰り支度をされてからリビングでSMさんが私にマッサージをたっぷりとしてくださって、舐め奉仕のはずなのに、私の方がすっかりリラックスさせていただいてしまいました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/583-ebd9102d