FC2ブログ
梅雨も明けたみたいで暑さが定着してしまった連休でしたが、3日続けて舐め犬させていただくことになりました。今日はYUさんとお会いしました。前回お会いするまでは仕事の関係で少し時間が空いてしまったのですが、今回は連休の最後にお時間があったようで、連休にはいる少し前にご連絡をいただきました。

YUさんはいつも最後にはクリトリスが少し痛くなってしまうので、お会いする前にメールで舐め方のご提案をいただきました。クリトリスへの刺激は極力避けて、小陰唇の上からクリトリスを圧迫する程度にするとか、小陰唇のひだの周りを中心に舐めるようにするなどして、もっと焦らすように舐めてみて欲しいとのことでした。1時間程度でしたら普通の舐め方でも大丈夫なのですが、それ以上も舐めているとやはりかなりソフトにしなければ最後には痛くなるので、逝くためには、痛くなくかといって逝ける程度の刺激を与えつつと微妙な舐め方でなければいけなくなってしまっていました。

rps20130715_185250.jpg

いつものようにリビングでお話をした後に、シャワーを浴びていただきます。今日のYUさんはピンクのスリップ姿で出てこられて、シャワーの熱気を沈めていただくために少し強めに冷房をきかせた寝室へ入っていただきました。ちょっと冷やし過ぎてしまいましたが、舐め犬の時はそんなに動きがあるわけではないので、クンニをしている間はあまり涼しくしてしまうと寒くなってしまうので、温度の調整が難しいところです。

歯磨きを終えて寝室へ戻ると、布団の中にもぐりこんでYUさんはお待ちでした。太ももを撫でたり、すでにパンティをとられたお尻のあたりを撫でたりしながら、少しの間、今日は焦らすように舐めるんでしたよねと、お話をしてから、掛布団をめくって舐め始めました。太ももの内側から脚の付け根向かって舐めながら、少しずつ漏れてくるYUさんの声を聴きます。いつもより入念に脚の付け根あたりや、ヘアーの生え際あたりをゆっくりと舌を広げながら舐めていきます。たまたま小陰唇のひだに舌が触れてしまうと、それだけでYUさんの声が大きくなります。じっくりと周りを舐めているうちに、いつもよりたくさんの愛液が割れ目から溢れるように出てきて、下へ垂れそうになっているのがわかりました。

そっと愛液はすくい取るようにして、小陰唇のひだに軽く触れるようにして下から上へと舐めていきます。YUさんはいつも最初はひだに触れるか触れないか程度でもかなり感じておられるようで、すでに膣の入り口あたりがヒクヒクとしています。やはり、最初にじっくりと焦らすように舐めるのはよいことなのだと実感します。徐々に小陰唇全体を包み込むようにして舐めていきましたが、その時にもできるだけひだは閉じたままで、舌が直接クリトリスへは触れないようにして舐め続けました。途中で逝かれたようですが、そのままソフトに舐めるというより舌を絡めるようにしていたところ、いつもよりも気持ちよさそうにされているのがわかりました。

途中でしばし休憩をさせていただいて、横に並びながら腕枕をして抱き合うようになります。その間も、太ももをYUさんの股間に押し当てるようにして、乳首を指で刺激していると、自然とYUさんの腰も動き出して、小刻みに震えています。YUさんも少し落ち着いてきたところで、いつものように私のものを手で触って元気にすると口に含んでいただきました。そのあと挿入になりましたが、出し入れはゆっくりとしながらですが、YUさんはとても気持ちよさそうにされて、特に腰を押し付けてしばし動きを止めるとクリトリスも刺激されるのか膣がきょっきゅっと締るのがわかります。途中でしぼんできてしまったので、そのままクンニの体勢になって舐め続けました。挿入後にそのままクンニに移行したのでかなり気持ちよくされていました。

rps20130715_185226.jpg

そのあと、クンニを休止して横に並んだところで、YUさんが再び私のものを元気されて今度は上に乗られました。今日は上になったあといつもよりも激しく腰を動かされていたようです。下の私は、乳首を刺激したり、時々指でクリトリスの上から押さえるようにするとさらに気持ちよくされていました。それから、69の体勢になったのですが、油断をしていて私が逝きそうになってしまったのでYUさんの手を抑えたのですが、ちょっと手遅れでそのまま射精してしまいました。ここで、さすがに休憩させていただいて、二人とも少し眠ってしまいました。

ふと気が付いてみると、濃厚な時間だったのですが、そんには時間は経っていなくて、最後にもう一度クンニをさせていただきました。痛くならないようにと気を付けてはいたのですが、最後にはやはりクリトリスが少し痛くなってしまわれたようで、なかなか逝けるポイントが見つからなかったのですが、何とか逝っていただいて終わることができました。

この3連休はたまたま何の用事もなかったので、こうして3日続けて舐め犬でお会いすることになってしまいましたが、さすがにYUさんがお帰りになった後は、ちょっと疲れが出てしまったようで、テレビを見ながらソファーでうとうとしているうちに寝てしまいました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/584-e20ad8c2