FC2ブログ
昨日に引き続き、先週お会いしたばかりのSWさんからお誘いをいただいてお会いしてきました。SWさんとは先週初めてお会いしたわけですが、私のクンニをとても気に入っていただけたようで、近いうちにまたとおっしゃっていたのですが、1週間後に再びお誘いいただきました。先週お会いして感じやすいSWさんには何度か深く逝っていただけたのですが、そのせいか、次の日の朝はお肌がプルプルでファンデーションの伸びがいつもとは全然違ったとのことです。ホルモンのバランスなのでしょうか、舐め犬にはそんな効用もあるのですね。

今日は久しぶりに車で待ち合わせ場所まで参りましたので、SWさんに乗っていただいて、近くのラブホへと入りました。車で行くラブホはだいたいが部屋も広くて快適ですね。ここも、使いはしませんでしたが、スチームサウナ付の広いお風呂でした。SWさんに先にシャワーを浴びていただいて、次に私がシャワーを浴びて、ベッドへ入りました。このラブホのベッドはとても大きくて、なにか落ち着いた気分にさせてくれます。

rps20130721_175531.jpg

足元のほうへ移動して脚の間に入らせていただこうとしたところ、まだお会いするのも2回目ということでまだ抵抗があるのでしょうか、少し恥ずかしそうにしながら脚を徐々に開いてくださいました。内腿にキスするようにしながら徐々にパンティのわきまで舌を移動させていく中で、だんだんと息遣いも荒くなって、感じてくださっています。パンティをとらせていただいて、ヘアーの生え際からまた徐々に小陰唇へ近づいていきますが、小陰唇のひだに触れた瞬間にやや大きめの声を漏らされます。できるだけひだの中へはまだ入らずに、両脇を舌で上下させながら刺激していくと、それでも愛液の味わいが口の中に広がっていきます。

前回SWさんはすごく感じやすくてすぐに逝かれてしまいましたので、できるだけゆっくりと快感を味わっていただこうと、あまり刺激が強くならないようにゆっくりと舐めていきましたが、感じてこられると腰が浮くようになって、私の腕を握る手にも力が入ってきます。何度か逝きそうになったからと腰を下から逃げるようにされたのですが、最後には我慢が出来なくなったかのように、腰を押し付けられてこられたので、私もクリトリスを舌で覆い尽くすようにしてしっかりと逝っていただけました。そのまま舌を離さないようにしていましたが、限界になって脚を閉じて横向きになられました。

SWさんは逝ったあとに抱き合うのがお好きなので、落ち着くまでの間しっかりと抱き合いながら、背中を撫でるようにしました。逝っている間は呼吸ができなくなってしまうので、こうして背中をさすって抱き合うと安心できるのだそうです。舐めている時間は短いですが、かなり深く逝かれるので、すぐには無理ですから、このまま抱き合いながら休憩して少しお話をしていました。お話の中で次は座ってしてみたいとおっしゃったので、ソファーの方へ移動しました。普通にソファーに座られたので、舐めやすいように片足をソファーにあげてみてくださいと言ったところ、恥ずかしいですね、とおっしゃいながら脚を開いてくださいました。ここでもできるだけゆっくりと舐めさせていただいていたのですが、私の頭に脚を絡ませて抱きかかえるようにされたかと思うと、短時間で逝ってしまわれて、そのままソファーに倒れこまれて、やはり抱き合いながら落ち着かれるまでしばらくじっとしていました。

ベッドへ戻ってからはSWさんが私のガウンの胸元あたりを広げて胸を舐めてくださったり、指で私の顔から口元あたりを触りながら、舌がとても柔らかくて気持ちいい、とおっしゃってくださいました。ただ舐められるだけでなくて、こうしてスキンシップをしていくのもお好きなようです。少し恥ずかしそうに徐々に手を私の股間へ伸ばされてパンツの上から固くなっていくのをしばらく感じていただきました。

rps20130721_175511.jpg

最後にもう一度舐めさせていただいたのですが、もう敏感になってしまった身体の反応は早くて、少し舐めていると逝きそうになり、腰をはずして逝かないようにされたり、そんな繰り返しでしたが、それも長くは続かずに、やはり最後には我慢の限界になり、腰を私の顔に押し付けるようにしてしっかりと逝っていただきました。残りの時間は身体を落ち着かせながら、少し長めにお話などをして過ごしました。ラブホの時間が3時間と短かったのもありますが、こうしてお話などをしながら過ごしてしているとあっという間に時間になってしまいます。

時間が少し足りない感じですが、家へ来られたら時間を気にしなくてもよいとお話していたのですが、これ以上長い時間一緒にいたら帰りたくなくなってしまう、とおっしゃいます。写真を撮らせていただくときに、この時が一番うれしいそうな顔しますね、と言われてしまいました。確かに、脚フェチの私はこうして脚の写真を撮らせていただいて、あとからゆっくり眺めたりするのが何よりの好物なのですが、そんなに嬉しいそうな顔になっていたとは知りませんでした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/586-813baf29