FC2ブログ
短時間ですがアラフォーの奥さまのKYさんとお会いしました。もともと夕方からお芝居の予定が入っていましたので、舐め犬のお約束はしていなかったのですが、KYさんはあまり週末は都合がつくことは少なく、昨日も予定がかち合ってしまってお会いする約束ができなかったので、出かけるまでの短い時間でもということで、お約束しました。KYさんから最初にメールをいただいたのはかなり前なのですが、何度か予定が合わずにお断りせざる得なかったのでした。なんでも、このところムラムラが高じてしまって熟睡することもままならないとのことでした。

用賀までは車でお越しになったので駅の近くで待ち合わせをしましたが、スポーツジムの帰りとのことで、小麦色に焼けたかっこいい奥さまでした。最初から気さくにお話できて、家のほうへご案内しました。リビングで飲み物を一口飲んで落ち着いたところで、時間も限られますので、さっそく寝室の方で舐め犬を始めさせていただくことになりました。下着姿になられると、よく焼けた肌にレースの白い下着がよく映えます。舐め犬も初めてとのことで、メールでも緊張をほぐすために最初にちょっとマッサージでもして欲しいとおっしゃっていたので、うつ伏せになられたKYさんの背中の筋を指圧するようにほぐさせていただきます。

普段からスポーツをよくされているようで、スタイルがよくて、脚がスポーツをされているのがよくわかるプリンプリンとした筋肉をされています。先月から何故かスポーツをされる女性の方に何人かお会いさせていただいていますが、プリプリした太ももってやはり素敵ですね。マッサージをしながらちょっとお話などさせていただいて、そろそろということで、仰向けになっていただいてクンニを始めることにします。これもメールで事前にお願いされたいたのですが、最初は恥ずかしいのでアイマスクをしてから舐め始めさせていただきました。お話していた感じではKYさんは何事にも屈託なく接する気がしたので、そんなに恥ずかしがられるのがちょっと不思議ではありましたけど。

プリンプリンの太ももの間に顔をもぐりこませて、内腿からパンティの際まで徐々に舐めさせていただきます。KYさんは一人でしてもあまり感じないとのことでオナニーもされないそうなのですが、ムラムラの時期だからでしょうか、脚の付け根あたりをパンティの際にそって舐めあげると少し声をあげられました。それからパンティをとらせていただいて、ヘアーのあたりから脚の付け根と、徐々に小陰唇へ舌を進めていきます。下の方へ舌を伸ばすと愛液が滴っているのがわかりました。舐めとるようにしながら、小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めて、いよいよ間に舌を割り込ませてクンニを続けていきます。小陰唇を直接舐めだしたところからKYさんの声も大きくなり、腰が動き出しました。

KYさんは昔の彼氏がクンニが好きでいつでもどこでもというくらいクンニをするような人だったそうで、それ以来クンニがお好きになったそうです。舐め続けていくうちに、舌の動きに合わせて腰を動かすようにされて、クンニに慣れておられるのが分かります。感じてこられると、時折私の顔を挟むようにされたり、私が舌を動かさなくてもKYさんみずから気持ちいいように下へ小陰唇を擦り付けるようにされたりしました。そんな腰の動きを感じながら、多分顔面騎乗で顔に擦り付けるようにするのがお好きではないかと妄想していました。

途中からアイマスクも外されて、私の頭を手でつかむようにして感じていただいたりもしました。後でお話したところ、手で頭を押さえるようにしていると男性に舐めさせているという感じで気持ちがよいとのことです。性格的にもさばさばされているようで、S的な感受性でクンニを楽しまれているように思いました。徐々にクリトリスへの刺激を強くしていっても大丈夫そうで、反対により感じてこられたようでしたので、唇をクリトリスの周りに押し付けるようにして、ぷっくりと飛び出してきたクリトリスへ刺激を続けているうちに、それまでとは違って、かなり大きな声を続けて出されたので、逝っていただけたのがわかりました。逝かれたあとはソフトに舌を小陰唇に絡めるようにしてしばし余韻を楽しんでいただきました。

しっかりと逝っていただけたのですが、まだ時間があるし、乳首も舐められるのが好きとメールでおっしゃっていたので、身体の方を舐めさせていただこうかと思っていたのですが、KYさんは1度逝かれるとそれで満足してしまって、それ以上はいらないとのことで、少し残念でした。私の時間が限られているので、時間を気にしてくださっていたそうです。今度お会いできたときには、逝くまではゆっくりと時間をかけて、途中で身体のほうもしっかりと舐めさせていただきたいと思いました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/588-ba07c081