FC2ブログ
前日にメールをいただいたばかりではありましたが、夜の間に何度かメールのやり取りをして、MAさんと仕事帰りにお会いすることになりました。メールをいただいたときに写真も添付してくださっていて、すごくスタイルのよい30代の奥さまです。お会いした時に、メールの送信元に本名が出ていたので検索すると分かっちゃいますね、とおっしゃていたので帰ってから検索させていただいたら、なるほどスタイルがよいのもうなづけました。

駅近くで待ち合わせをしましたが、ラブホへ一緒に向かうのはちょっと抵抗があるとのことでしたので、少し離れて後からついて来てくださって、ラブホの入り口で再び合流して部屋へ入りました。あまりラブホへ入ることもないので、最近のラブホがどんな風になっているか興味深そうに部屋の中を探索されています。言葉使いがすごく上品で、でも親しみやすい話し方をされるので、すぐに打ち解けることができたようです。シャワーを先に使っていただきましたが、明るい部屋の中でワンピースをさっさと脱がれて、下着姿になると、浴室へと向かわれました。そのあとは私がシャワーを浴びて、一緒にベッドへ入ります。

rps20130905_071052.jpg

ベッドの上で少し体に割ったりしながら、しばし舐め犬のことについていろいろお話をしました。メールで、まだ逝ったことがない、とおっしゃっていましたが、オナニーでは逝けるとのことです。旦那様やそれ以外にも恋人をお持ちで、男性とのお付き合いはふだんから楽しまれているそうですが、いつものセックスは、よし来い、という感じで、のんびりとクンニを楽しむという風情ではないとか。それもあって、女性がゆっくりと楽しめそうということで舐め犬に興味を持っていただけたそうです。

まずは横になっていただいて、足元から舐めさせていただきました。背も高い方なので、脚も長くて、太ももの内側へ這わせる舌もいつもより距離があります。バスタオルの下はすでに何もつけていらっしゃらなかったので、そのまま舌を脚の付け根から小陰唇周りへと移動して行きます。ヘアーはきれいに処理をされていて、舌はそのまま小陰唇の周りまで吸い込まれていくような気分です。小陰唇の上から舌をかるく合わせていくと、MAさんも感じてこられて腰をくねらすようにされています。そのままひだの両側をゆっくりと上下に舐めていくとMAさんの声も大きくなってきます。

途中で、指も入れて欲しいとおっしゃるので、挿入してみるとすでに膣はすごく締って指に絡んでくるようです。クリトリスもかなり固くなってきたのですが、むき出しになったクリトリスに直接舌が当たっても大丈夫な方のようですので、時折クリトリスを直接刺激したり、また周辺をゆっくりと舐めまわしたりします。アナルに舌が届いたときにはそれも気に入っていただけたようで、MAさんは四つん這いの体勢になられたので、アナルもしっかりと舐めさせていただきました。

途中にも何度か逝っていただけたようなのですが、少し休憩を挟んでお話をした後に再会した時に、クリトリスの先端部分を刺激させていただくと、そこを直接刺激されるのは初めてのようで、それまでにないくらいに少しトーンの違う声を出しながら、感じていただけました。後で伺うと、この時の快感はそれまでに体験したことがないくらい刺激的であったそうです。唇を押し付けるようにすると、クリトリスがさらに固くなってくりくりとなるのですが、その状態で先端部分をしげきするとMAさんはいつでも逝けるような状態になってしまいました。逝く瞬間はクリトリスが少ししぼむような感じになり、その間は身体を震わせるようにして感じていただけていました。

そんな風に連続して逝っていただいていると、MAさんも少し変になりそうと、おっしゃるのですが、周辺をソフトに舐めるのを織り交ぜながら、再びクリトリスへ戻ってきて、を繰り返して、快感に浸っていただきました。最初のうちは身体を大きくくねらせたりしておられたのですが、徐々に身体も落ち着いて舌の感触を楽しんでいただけるようになりました。

rps20130905_071014.jpg

途中でトイレに行かれたので、その時におしっこを飲んだり、かけたりする話や、ベッド以外でのクンニなどの話になり、まだ少し時間もありましたので、ソファーでのクンニを少し楽しんでいただきました。ベッドでも時折私の髪をつかんでくしゃくしゃとされたりして、それがまた嬉しいです。そのあと写真を撮らせていただいたのですが、私がスマホで何枚か撮らせていただいたあとに、MAさんがどうやたら撮れるの?、とご自分でスマホを持って撮影されました。下の写真はMAさんがご自分で撮られたものです。そのほかこの脚の間に私の頭が挟まれて舐めているところも撮っていただきました。プロフィールに使おうかなと思っています。

ラブホのrestなので3時間でしたが、いろんなお話などをしたり、MAさんに何度も逝っていただいたりして、短い割には内容の濃い舐め犬の時間となりました。MAさんのように男性とのお付き合いは充実されていても、舐め犬のクンニでじっくりと快感を感じていただく時間はまた別の楽しみとして満足していただけたようで、私も嬉しく思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/602-d32ab4c4