FC2ブログ
今日はお昼前からYUさんとお会いしました。最近はお誘いが多いのですが、YUさんはお仕事の都合があって割と早くからお会いする日を決めますので、だいたい1月に1回くらいのペースで楽しんでいただいています。駅で待ち合わせをして家へ行くまでの間も、同じ趣味の芝居について、ここのところの事件(?)についていろいろお話していました。家についてからもリビングでしばし同じ話題についてのお話は続いて、しばらくしてから、それではということでシャワーを浴びていただきました。今日はピンクのスリップで出てこられて、寝室の方へ移動されました。

何度もお会いしているので、だいたいいつも同じような手順になってしまうのですが、今日も最初は脚の方から舐めさせていただきます。YUさんはあまりせかせかと舌を動かすのはお好きではないので、脚の付け根から小陰唇へ近づいて行くときにはできるだけゆっくりと下から上へ舐めあげていくようにします。小陰唇に舌が触れるときも、ゆっくりと触れるか触れないかくらいで、そっと舌を移動させていくと、YUさんはとても感じるらしく、声も大きくなってきます。そんな風に舐め始めるようになってから、YUさんの愛液の量が増えたようです。膣の入り口あたりに舌が近づくと、溢れてきた愛液が糸をいきますが、これまではこんなには溢れていなかったように思います。

rps20130908_192030.jpg

前回も最初のクンニの時には逝っていただけなかったのですが、今回も常にヒクヒクしたり、太もものところが熱くなったりと、もう少しで逝けそうな状態にはなっているのですが、そのままの状態が続いて、しばしの休憩とさせていただきました。クンニの余韻に浸っている間に抱き合うようにしていますが、落ち着いてくるとYUさんはいつも私のものを触ってこられます。ひとしきり触って固くなったところで、するするとベッドの下の方へ移動すると今度は口で気持ちよくしてくださいますが、それが終わるといつものように挿入することになりました。逝ってはいただけませんでしたが、クンニで十分に感じておられたので、膣もすごく締っていて、その状態で挿入すると気持ちがよいようです。

このところ体調もよいので、いつもはあまり動かないのですが、今日は少し長めに腰を動かしながら挿入をさせていただきました。途中でしまり具体がとてもきつくなったところで、押し込むように挿入するととても気持ちがよいみたいでしたので、少し休んでは腰を動かして、というのを続けて挿入でも感じでいただけたようです。だんだんと固さがなくなってくると締りの強さに負けて押し戻されてくるようになり、そのあたりで挿入は終わりにしました。挿入でかなり感じていただけていたので、そのまま続けてクンニをさせていただくことにしたところ、しばらくして大きな声をあげて逝っていただけました。

逝った余韻の中で、お尻のあたりや、わき腹などを舐めるとYUさんはかなり感じるので、身体のいろいろな場所を舐めさせていただいて、余韻の気持ちよさをかなり長い間楽しんでいただきました。少し落ち着いてきて、腕枕で横に並んでいたところ、再びYUさんが私のものを触って、今日は元気がいいみたいということで、大きくなったところで再び挿入になりました。さすがにそのあとはお互いに汗びっしょりでしたので、休憩して、リビングでYUさんが買ってきてくださったお弁当でかなり遅いお昼(?)にしました。ご飯を食べ終えてまたお話をしているうちに、雲がかなり厚くなってきて、かなり暗くなってきました。それで、また寝室の方へ戻って再開することにしました。

再びクンニから始めたのですが、不覚にも途中で舐めながらうとうとしてしまいました。YUさんが気を使ってくださって、少し寝ますか?、ということで横に並ばせていただきました。その間にYUさんの方は私のものを手で触ったりして、また口でゆっくりと気持ちよくしてくださいました。半分うとうとしていたのですが、YUさんに逆に舐め犬していただいているようなことになってしまいました。少し横になっている間に、元気も回復しましたので、今度はいきなりクンニではなく、YUさんの胸から、背中、お腹と、身体のほうを中心に舐めさせていただいて、十分に感じていただいたところで、クンニを始めました。

rps20130908_192011.jpg

通常のその日にお会いした最初のクンニでは愛液が小陰唇から溢れんばかりになっているのですが、身体中を十分に舐めて感じていただいたからでしょうか、小陰唇へ舌を近づけると愛液がまた溢れそうなくらい小陰唇に溜まっていました。その状態でクンニを続けさていただいたところ、いつもより短い時間でしっかりと逝っていただけたように思います。やはり太ももあたりを舐めてすぐにクンニより、身体をじっくりと舐めてからの方が、逝きやすいのかもしれません。

YUさんは逝かれたあとの余韻も長いので、お尻とかいろいろ舐めさせていただいて、気持ちよさを持続していただきました。このところYUさんとの舐め奉仕は内容がかなり濃い感じになっていますので、舐めい終わったあともYUさんの身体が時折ひくっと動いたりしています。最後にまた並んで抱き合うようにしていると、YUさんの手が私のものに伸びてきて、このところ並んで横になっていると私のものを触るのが普通になってきています。YUさんも今日は脚を広げすぎて股関節がちょっと変な感じになられたようで、ちょっとよろつきながらベッドから起き上がって、シャワーを浴びにいかれました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/604-7580ad5e