FC2ブログ
JKさんからは先月にメールをいただきましたが、平日の夜の方は都合がよいとのことで、かなり早くから今日お会いするお約束をしていました。仕事帰りにラブホの近くの駅で待ち合わせをしましたが、メールでおっしゃっていた通りかなり小柄な30代の独身OLさんです。お会いしたあとのメールでは緊張していたとのことですが、そんな感じはほとんどなく最初から気軽にお話をしてくださって、私のほうの緊張感はすぐにもなくなりました。コンビニで飲み物などを購入して、ラブホまでお話をしながら向かいました。部屋に着いてからも、しばらくの間舐め犬のことなどをお話しました。

今日の部屋は脱衣所がなくそのまま部屋から浴室へ入るような構造でしたが、シャワーを浴びるときに暗くしましょうかとお聞きしましたが、大丈夫ですと明るいままで服を脱がれて浴室へ入られました。そのあと、私もシャワーを浴びてから、部屋のソファーでバスタオルから延びる脚を触らせていただきながら、また少しお話をして、いよいよベッドへと移動しました。ご本人は太いとおっしゃいますが、すべすべとしてとても肌触りのよい脚をされています。途中で寒くなっていはいけないと、スリップを上に着て、ベッドに横になっていただきます。手で触らせていただいているときも、舌でなくて手で触られているのも気持ちがいいとおっしゃいます。

rps20130917_231020.jpg

脚の間に入らせていただいて太もものあたりから舐めさせていただいていきますが、すでにパンティをとられていて、きれいにヘアーを処理されていて小陰唇が露わになっておられます。脚の付け根あたりをなったりと舐めあげているうちにすでに気持ちよさそうにされていましたが、小陰唇に軽く触れるようにして舌を移動して行くと、意外な気持ちよさに、変なトーンで声を出されました。JKさんは小柄なだけあって、小陰唇も小さめで、舌を平たくして覆うと全体が覆えるような感じです。小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めあげるのが特に気持ちがよいとのことでした。

だんだんとクリトリスが固くなってくるのですが、小さくはありますが、固さはしっかりとあり、舌の先にとがったものがはっきりと感じられるようになりました。最初ですのでどれくらいの強さがよいか分かりませんでしたが、皮の上から固くなったクリトリスを刺激して様子を見てみました。クリトリスのあたりを舐めているとやはりJKさんの声もやや大きめに漏れるようになってきます。少しずつ剥けているクリトリスの先を舌で直接触ったりしましたが、JKさんは大丈夫そうで、感じ方も強くなっていきます。途中で、膣の入り口あたりに舌を入れたりもしましたが、こちらも負けずに気持ちがよいとのことです。

舌を小刻みに動かしながら、むき出しになったクリトリスを刺激していたところ、JKさんの声のトーンが1つ下がったようなちょっと唸るような感じになってきて、ヒクヒクの度合いも強くなってきましたので、そろそろ逝かれるかなと思い、強めに舌で押し付けるようにしていると、逝っていただけたようです。メールでは最初は緊張して逝けるかどうか分からないとおっしゃっていましたが、すっきりと逝っていただけてよかったです。逝かれてからも少しだけ舌を触れるようにしていたのですが、逝かれた後はやはりくすぐったい感じとのことなので、少し休憩とさせていただきました。

お茶でのどを潤したりしつつ時間を確認しましたが、ちょうど2時間くらいが経過していました。JKさんはそんなに時間が経っていたとは知らずに、あっという間に時間が過ぎてしまったことに少し驚いておられました。そうなんですね、なぜか舐め犬だとラブホの時間はあっという間に過ぎていってしまうのですね。

rps20130917_231000.jpg

少しお話をして過ごしたあと、もう一度クンニのお誘いをしましたが、1度逝けたので満足しているし、これから再開するともう一度逝けるかどうか微妙なところなので、逝けなかったらかえってムラムラが増してしまいそう、とこれで終了となりました。帰りの支度には少し時間がありましたので、これまでの舐め犬のお付き合いのお話などをしていましたが、JKさんは逝くときにはしっかりと逝くタイプの方のようで、何度も連続して逝く方のお話をしたところとても羨ましがっておられました。人それぞれに逝き方には違いはありますが、それなりにクンニを楽しんでいただければ私としては嬉しいです。

逝った後の余韻の残ったクリトリスを少し触りながら一度逝くとクリトリスはしばらくの間気持ちがよい状態が持続するのを実感されていましたが、JKさんは少し強めに舐めても平気なようですので、もしかすると2回目、3回目もそんなに時間をかけずに逝っていただけそうな感じではありますので、次回にはもう少し時間をいただいて、たくさん逝っていただきたいところです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/609-677efb5d