FC2ブログ
先日大失態をして財布を忘れたときに顔合わせでお会いしたKAYさんと今日舐め奉仕でお会いしてきました。顔合わせの日もそうでしたが、主婦をされているKAYさんはあまり夜遅くまで出かけることができないので、かなり限られた時間になりました。KAYさんからはLINEで連絡をいただきました。舐め犬というものを知ってからいろいろ検索されたそうですが、一人だけの舐め犬とのお付き合いは深入りするとやっかいなので出来るだけ避けて、何人かの舐め犬とお付き合いをしてみたいとおっしゃっていました。たまたま検索で早い方に私のブログがあったのでまず私に会ってみたとのことです。

顔合わせでいろいろお話しすることができていましたので、ホテル近くのコンビニで待ち合わせをしてすぐにホテルへ向かいました。時間もあまりありませんので、KAYさんはすぐにシャワーを浴びられました。そのあと私がシャワーを浴びて部屋へ戻ってきますと、部屋を暗くしてベッドの中にもぐりこんでおられました。見た目で判断してはいけませんが、KAYさんは男性とのお付き合いも慣れておられるように思っていたのですが、かなりの恥ずかしがりやさんのようです。いきなり脚から舐め始めるので大丈夫かお聞きして、掛布団をめくると脚の間に入らせていただきます。

20131001211146017.jpg

太ももの内側から舐め始めていきますが、ガウンの下はすでに裸で、舐めやすいように大きく脚を広げてくださいました。そうはいっても、すぐには小陰唇を舐めないようにして、脚の付け根あたりから丹念に舌を平たくしてじっくりと舐めあげているとKAYさんの声が漏れ始めました。少し長めのひだの先にそってゆっくりと舌を動かしていくと、あ~、という声も大きくなっていきます。徐々に舌を下の方へものばしていくと、小陰唇のひだの間には一度では舐めとれないほどの愛液がたっぷりと溜まっていました。舐め進めるにしたがって声も大きくなり、まだ舐め始めたばかりのところですがかなり感じていただけているようです。

途中から、KAYさんが私の手に指を絡めるようにしてこられて、上に引っ張るようにされるので、胸を触って欲しいという意味だと思って乳首の方へ腕を伸ばして触らせていただきながらクンニを続けました。でも、それはそういう意味ではなくて、また同じようにされるので、どうしたいの?、とお聞きしたところ、触りたい、と私のペニスを触りたくなったそうです。なるほど、それで私の手を引っ張って上に来て欲しいというサインだったのですね。少し触っていただきましたが、とにかくクンニを始めてあまり時間も経っていませんでしたので、ここは我慢していただいてまずはクンニを堪能したいただきたいと思い、また脚の間へと戻ってクンニをさせていただきました。

それというのも、まだクリトリスがそんなに固くなっていなかったので、もう少しクンニをさせていただいたら、クリトリスも固くなってより気持ちよくなっていただけるかなと思って。だんだんとkAYさんの腰のあたりも熱くなってきましたし、クリトリスも形が分かってきたところで、唇を押し当てるようにして刺激したところ、声のトーンが変わるくらい感じていただけたようです。ちょっと感じすぎてお疲れかなと思って、横に並ばせていただいたところ、すかさず私のものを握って、これを入れたいとおっしゃるので、少し挿入させていただきましたが、仕事帰りだからでしょうかちょっと元気がなくて、すぐにダメになってしまいました。

かわりにすぐに下へ移動してクンニを再開させていただきました。KAYさんはとても感じやすいので、このまま続けていたらもっとすごいことになりそうだなと思っていたところで、設定していたアラームが鳴って時間切れになってしましました。時間ぎりぎりまでということで、胸なども舐めさせていただきましたが、すぐに私の手を股間へ導かれるので指の刺激で逝っていただいてしまいました。脚を伸ばした方が逝きやすいのだそうですが、私に見守られながら逝かれたあとには、かなり恥ずかしそうにされていました。

2013100121114684f.jpg

最後はほんの数分くらいでしたが、しっかりと抱き合うようにして、余韻を楽しんでいただきました。今日は短い時間だったのですが、このまま続けて、快感で変わっていくKAYさんの姿をもっと見てみたい気持ちでいっぱいです。写真もOKしていただいたので、部屋を明るくして撮らせていただいたのですが、その間も恥ずかしいからと下を向いて顔を隠しておられたのですが、そういうところがちょっと意外で可愛らしさを感じました。

私ももう少し早く仕事を切り上げることができれば、もっと長い時間クンニを楽しんでいただけたのですが、今日のところは慌ただしい舐め犬ではありましたが、かなり感じてはいただけたようですので、よかったかなと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/618-24287dc1