FC2ブログ
MMKさんからはつい先日メールをいただいたばかりですが、2,3回のやり取りだけでお会いする日も決まりました。少し遠くからおいでになるということですが、都内はそんなに詳しくないとのことで、最初は外でお会いしてラブホへという予定だったのですが、時間を気にせずに楽しんでみたいとのことで用賀までお越しくださることになりました。40代の主婦の方ですが、駅でお会いしたら予想以上に細めの方で、若干緊張されつつも、気軽にお話はしてくださるので軽く会話もしながら家までご案内しました。

リビングでお話をしようとも思いましたが、ちょっと緊張もあり、早目に楽になっていただいた方がよいと思い、さっそくシャワーを浴びでいただくことにしました。持ってきたくださった上着を裸の上に羽織って出てこられたMMKさんを寝室へご案内して、私が歯を磨いている間お待ちいただきました。ベッドへ入って脚を触らせていただきましたが、かなり細くてすべすべ感が気持ちがよいです。さっそく下へ移動して舐めさせていただこうとしましたが、やはり緊張されているので、まずは抱き合いたいとのことで、しばし抱き合いながら気持ちが落ち着くのをお待ちしました。脚を撫でられているのがお好きとのことで、その間も太もものあたりを撫でさせていただきます。

20131006074829e75.jpg

抱き合ううちに落ち着いてこられたようなので、いよいよ下へ移動して舐め始めさせていただきます。スリムな体型ですが、太ももの筋肉はしっかりとあって張りがあり、すべすべ感がほおにも気持ちよく感じます。脚の付け根あたりに舌が届いて、小陰唇の周りを舌で上下させているうちに、MMKさんも感じてこられたようで、声を漏らしはじめられました。小陰唇のひだに軽くふれるようになり、両脇をやや押し付けるようにしてゆっくりと舐めあげていくころには、すごい、とおっしゃりながら腰も少しくねらすようにされてきました。クンニを続けていくあいだにも、すごい、と、こんな世界があったなんて、と繰り返しながら喜んでいただけたようです。

だんだんとクリトリスも固くなってきて、MMKさんも時折腰を浮かしてのけぞるような体勢で逝こうとされるのですが、なかなか逝くところまではいかず、ほとんど逝きそうなのになかなか逝かない、と少しもどかしそうにされています。まだ舐め始めてそんなに時間も経っていませんでしたので、あせらずにゆっくりと楽しんでください、ということで、逝きそうで逝かない状態をかなり長い間感じていただくことになりました。少しお疲れになったかなと思い、クンニを休んで、横に並んだところで、耳や首筋あたりも舐められたいとのことで、抱き合いながら舐めつつ、手はやはり脚のあたりを撫でさせていただきました。とにかく身体を触られているのが感じるそうで、抱き合う間も手は休まずに身体を軽く撫でていきます。

そのあとは再びクンニに戻りましたが、一度固くなったクリトリスですから上から軽く舐めているだけで、かなり感じていただけているようです。感じてこられると、私の手を握ったり、私の髪の毛を撫でたり、つかんだりされます。舐めているところをご覧になるのも興奮されるそうで、たまに身体を少し起こして私が舐めているところをご覧になるので、できるだけ見えやすいようにベロペロとした舐め方にしてよく見ていただいたりしました。そうこうしているうちに、MMKさんが私の頭を持ちながらのけぞるようにしたとたんにいきなり逝かれてしまいました。直後はやはり舌がふれると変な感じになるので、逝ったあとの余韻に浸っていただいて、横になっていただきました。

半年くらい前からブログをご覧いただいていたそうなのですが、思い切ってメールしてよかった、と喜んでいただけました。MMKさんもネットで実際に出会うのは初めてのことで不安もかなりあったそうですが、こんな風に逝っていただけて私も安心しました。逝った余韻が落ち着いてきたところで、また抱き合うようにして、身体を撫でさせていただきます。特に後ろから抱かれている感じがお好きなだそうで、首筋の後ろあたりを舐められるのが、感じるのだそうです。しばしイチャイチャを続けながら、お話などしていました。

201310060748292a6.jpg

落ち着いたところで、クンニを再開させていただきましたが、最初に逝かれたときに少し強めに舌を押し当てるとよかったようですので、快感が高まったところでクリトリスを強めに刺激させていただいたところ、そのあとも何度か逝っていただけました。剥けたクリトリスを直接刺激させていただいていた時は、なんなのこれ、と今までにない快感にびっくりされていました。何度か逝かれた後に、顔面騎乗も試してみたいとおっしゃるので、上に乗っていただいて体験していただきました。この体勢だと舐めているところがよく見えるので嬉しそうにされていて、慣れてくると舐められたいところを腰を動かしながら探ったりして楽しんでおられました。

顔面騎乗では私も両手があいていますので、よくアナルのところを指でツンツンさせていただくのですが、アナルの意外が快感も初めて感じていただいて、気に入っていただけたようです。最初におっしゃっていた帰る時間になったのですが、もう少しと時間ぎりぎりまで身体を触りあったり余韻をたっぷりと楽しんでいただきました。ただ、逝っていただくのにちょっと強めに刺激をさせていただいたので、最後はちょっと痛くなってしまわれたそうで、逝っていただけるとなるとついつい力が入ってしまうのはよくなかったです。

背中を舐めさせていただいているときに、すごく背中がきれいでしたので、背中の写真も撮らせていただきました。MMKさん本人もきれいに撮れているのをご覧になって喜んでいただけました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/619-3ab993a6