FC2ブログ
10月も半ばへ差し掛かろうとしているのに暑い日が続きますね。3連休の中日ですが、YUさんとお会いしました。早いものでYUさんとはもう20回目になるのですね。割と予定の多い方なのですが、そのためお会いする日を早目に決めてしまいますので、コンスタントにだいたい月1回くらいの割でお会いできています。最初は逝ったことがほとんどないとのことでお会いしたのですが、なかなか逝っていただくことができずに、4回目くらいにお会いしたときに完全に逝っていただけたように思います。今ではそれが嘘のように、必ず何回かは逝っていただけるようにもなりましたし、クリトリスだけでなく身体全体が逝ったあとには敏感になって感じでいただけるようになって、女性の身体って進化していくものなのですね。

いつものように家へ来ていただいてリビングで最近の芝居事情などについてひとしきりお話をしてから、シャワーを浴びていただきました。今日は花柄のスリップを来て出てこられて、私が歯を磨いている間に布団の中へもぐりこんでおられました。今週は結構タイトなスケジュールの中を来ていただいたので、すでに寝てしまいそう、とおっしゃっていました。クンニをしているときには眠っていただいても全く構いませんので、お疲れの時でもゆっくりと気持ちの良いひと時を過ごしていただきたいものです。もっとも舐めている私もたまにうとうとしてしまうときがあるくらいですから。

20131013204317782.jpg

首まで布団にくるまっておられるYUさんの隣に入って、脚のあたりをわさわさと撫でさせていただいたあとに、布団をはいで下へ移動して脚の間に入らせていただきます。何度目かにお会いした時以来、YUさんは焦らすようにじっくりとクリトリスへ近づいて欲しいおっしゃったので、太ももから脚の付け根あたりをじっくりと舐めせていただいて、小陰唇のひだへもすぐには舌を触れずに時間をかけます。この時にはお尻のあたりへ軽く舌を触れるとすごく感じてくださいます。小陰唇のひだの先に舌が軽く触れるように上下に舐めだすころには、愛液がたっぷりと割れ目の間を滴って私の舌へ絡みついてきます。こんなに愛液が溢れるようになったのも焦らすような舐め方にしてからです。

クリトリスへたどり着く前に小陰唇のひだに沿って舐めさせていただきますが、これからかなり気持ちよいようで、尿道あたりからヒクヒクするのが伝わってきます。徐々に舌で小陰唇全体を覆うようにしながら、舐めていくとクリトリスも固くなり形がはっきりと舌へ伝わってきます。ゆっくりと舌を絡めるように舐めているとしばらくして逝っていただけました。YUさんは逝っている期間が長いのですが、そのまま舐めていても割と平気で、そのまま続けて舐めていましたが、さすがに連続して逝くのは難しいようで、途中で休憩とさせていただきました。

休憩中(?)はいつものようにYUさんが私のものを手で固くしてから、口で気持ちよくしてくださいます。最近はかなり長い時間してくださるので疲れないかちょっと心配していますが、そのあとは指の挿入を希望されたので指をいれたところ、子宮の入り口あたりに指があたるとかなり感じておられるようです。そのまま刺激していると、膣の中がくわっと広がって空洞みたいになりました。以前にも何度か経験がありますが、潮吹きをされる方は感じてくるとこんな風になります。YUさんの膣の中がこんな風になったのは初めてですが、徐々に快感を得られるポイントが増えていっているのでしょうか。その後は、指でなくて普通に挿入になりましたが、いつものように動きを止めると膣がヒクヒクして私のものを締め付けるのがはっきりとわかります。

挿入でも十分に感じていただけたようですので、適当なところで終えて、そのままクンニへ移りました。挿入の後はクリトリスへの舌の感触がしばし時間が空いていたこともあり、再び舌が触れることがかなり気持ちがよいようです。途中でクリトリスが少し痛くなってしまったということで、普通の休憩にして、布団で横になりました。クンニ途中もちょっと眠ったりされていたのですが、さすがにお疲れのようで小一時間ほど一緒に眠りました。

201310132043174a5.jpg 20131013204317871.jpg

目が覚めると再びクンニを始めましたが、逝った後に身体中を舐めたりするのがお好きなので、アナル周りやら背中や胸を舐めさせていただきながら、手のひらで身体中をまさぐるようにするととても感じてくださいます。逝ったあとの余韻が残っている間はもちろんですが、ずっとクンニをしていると、余韻もなかなか消えることがなくて、いつまでも手でまさぐるようにして気持ちよくなっていただけます。そのあと、再びYUさんが口でしてくださいながら69の体勢になってかなり長い間お互いに舐めあいました。それから今度は顔面騎乗へと移って、YUさんはもう一度逝こうとされたのですが、気持ちよいポイントで私が息ができなくなって、ちょっと中断です。

かわりに普通のM字開脚のクンニになって、やはり最後にもう一度ということで、いろいろ強さを調整しながら舐めさせていただいているうちになんとか逝っていただけました。いつもなら途中で食事をしたりするのですが、今日は昼食後にお会いしたので、途中で少し眠ったくらいでずっと身体を触れあったりしていましたので、YUさんもかなりお疲れになった様子です。というか、YUさんとの舐め犬はこのところかなり濃厚な内容が続いている気がします。それというのもYUさんの身体が私のクンニと相性が合ってきてどんどん感じやすくなってきているからでしょうか。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/621-69946ec9