FC2ブログ
なんだかあっという間に寒くなってしまいましたが、REさんとお会いしました。前回から月に1回くらい会いたいな、ということで早くから今日のお約束をしていました。さすがにREさんも寒いのでコートを着てこられました。駅からの途中のコンビニでお昼ご飯と飲み物を買って家まできていただきました。前回お会いした時、帰るところでちょうど届いていたirohaをお見せしたところ欲しがっておられたのですが、使わずにものだけを差し上げるのはどうかと思い、次回に残ってたら使ってみましょうとお話していましたので、残っていた2つのirohaをお見せして好きな方を選んでいただきました。充電しないと使えないので、とりあえず充電しておいて、シャワーを浴びていただきます。

今まではTシャツだったのですが、今回は細かい柄のスリップで出てこられて、寝室へ入っていただきました。私が寝室へ入って行くと布団の中にすっぽりと入っておられて、その横にするっと入らせていただきます。クンニの前に少しイチャイチャをしたいとのことで、抱き合いながら手のひらでREさんの背中や腰、太もものあたりをゆっくりと撫でたりしながら、身体を触れあいました。まだ経験も浅いREさんなので、こうして人に身体を触られることがとても気持ちがよくて好きとのことです。

20131026190658a8f.jpg

やや落ち着いてきたところで、掛布団をはいで下のほうへ移動して、太ももに舌を走らせます。パンティはすでに脱いでおられたので、少し上に移動してヘアーのあたりをゆっくりと舐めまわしたあとに、脚の付け根へと舌を移動して、徐々に小陰唇へと近づいていきます。小陰唇に触れないようにそのまわりを舌を平たくしてゆっくりと上下させていきますが、舌の端がすこし小陰唇に触れてしまうと、太もものあたりがぴくっとして感じておられるようです。REさんは逝く直前までは静かにクンニを味わうのですが、気持ちよくなってくると手をベッドのふちへかけてなんだか耐え忍んでいるような様子です。いつも逝くまでは時間がかかりますから、焦らずにゆっくりと舐めていますが、だんだんと尿道まわりがヒクヒクとしてくるのが分かります。途中で指の挿入も希望されたので、指と舌とで刺激させていただきますが、最後までは逝けずに私のトイレでしばし中断です。

トイレからもどってREさんの横に並んで抱き合ったりしていると、いつものようにREさんが私のものを触り始めて、上に乗るのをしたいとおっしゃいます。今日はいつもの向きは反対で69の体勢がよいとのことで、REさんに上に乗っていただいて、下からしっかりとクリトリスを舐めさせていただきます。その間も、REさんは私のものをもてあそんだり、口に含んだりして、楽しませれていました。しばらくすると挿入がよいとのことで、REさんに上になっていただいて挿入します。すごく感じておられるのかきつく締った膣の中は熱いくらいになっていて、REさんは上に乗りながらゆっくりと腰を使っていきます。そのあとは正常位に戻ったりしながら、REさんが一通り満足されたところで、挿入は終えて再びクンニをさせていただきました。REさんは挿入するのも気持ちがよくて好きだそうで、なのでクンニで逝くときにも指を挿入すると逝きやすいのだそうです。

最初のクンニと挿入でかなり感度も高まっていたからでしょうか、そのあと、指の挿入をしながらのクンニで太物もあたりがすごく熱くなってくると、REさんの呼吸もかなり乱れ始めて、久しぶりに逝っていただけました。逝ったあとは眠くなってしまうとのことで、REさんにはしばし布団をかぶってお休みしていただきました。ちょうどよい時間でしたので、そのあとリビングへ移動して買ってきたお昼ご飯を一緒に食べました。リビングでREさんは私の部屋にある本やらDVDやらをご覧になっていたのですが、サラウンドになっているテレビの迫力のある音を聞いてみたいとのことで、ダイ・ハード4の出だしのところを一緒に見てサラウンドを楽しんでいただいたりもしました。

ゆっくりとしたお昼休みでしたが、そろそろということで再び寝室へ戻ってクンニの続きを始めます。irohaを充電したままであったのを思い出して、少し舐め始めていたのですが、せっかくですからirohaを少し使わせていただくことにしました。指でクリトリスの皮をむくようにして、露出したクリトリスにirohaの先を当てみました。ときおりぴくっとされるので気持ちよさそうです。だんだんと腰をくねらせるようになってこられたのですが、途中で、これで逝ってしまったらもったいない、ということでirohaの方は横へおいて、舌での刺激にもどりました。いつもは1回逝っていただけるかどうかでしたが、今日は休憩前に逝っていただいたので、なかなか2回目は難しいようです。

20131026190656812.jpg 201310261906557b5.jpg

しばらくクンニをしたあとに休憩していると、REさんが挿入しているところを写真に撮りたいとおっしゃって、自分のスマホを持ってこられました。部屋を明るくすると恥ずかしいので私は目隠しのマスクをして、REさんが上に乗りながら何枚か挿入しているところを写真にとられていました。そのあとはペニスをirohaで刺激しながらもてあそんで、irohaと一緒に並べて写真に撮ったりされていました。実はご飯をリビングで食べていた時に、タプレットで保存してある無修正のAVとかをご覧いただいたのですが、無修正のものを見るのは初めてのことだそうで、それに刺激されてしまったようです。

そのあとまたクンニを再開しようとしましたが、REさんは写真を撮るのに夢中になり過ぎてしまって、快感の方はほとんど醒めてしまったとのことで、しばしのあいだイチャイチャしながら過ごして今日の舐め犬は終わりとなりました。REさんはまだ若いですから、いろんなことに興味を示されて、それに付き合って時間を過ごすのもなかなか楽しいものです。まだ、背中や胸などの性感帯は未発達でそれほど気持ちがよくはないとおっしゃいますが、経験を重ねるにつれて、新しい性感帯を見つけていけるとよいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/623-398d2079