FC2ブログ
週末は寒かったですが、昨日今日と一段と寒くなって、こんな時はぬくぬくとした部屋で素敵な女性の太ももの間でゆっくりとクンニをしたいものです。仕事帰りになりますが、MAさんといつものラブホでお会いしてきました。部屋に入ると少しお話をして、私からシャワーを浴びさせていただきました。シャワーを出てきたところで、MAさんがすでに下着に姿になっておられて、真っ赤なスリップを脱ぎながら一緒に歯磨きをして、MAさんはそのまま浴室へ入られました。

ベッドの上では太ももに触りながらまた少しお話をして、横になられたところで上半身を指先で撫でながら、徐々に快楽の扉を開いていきます。MAさんの太ももは少し細めですが、背が高いので太ももも長くてムチムチとした感触がとても心地よいです。パンティはすでにはいておられなかったので、太ももから脚の付け根へと舐めながら、少し生えそろってきたヘアーの生え際をゆっくりと舌で進んでいきます。舐めやすいように大きく脚を広げてくださっているので、小陰唇へと徐々に近づいていきます。小陰唇の上に舌が触るとさすがに少し声を漏らし始められましたが、そのまま小陰唇を覆うようにして舌の感触を味わっていただきます。

20131113004946a8a.jpg 201311130049455d7.jpg

最初のころはすぐにも腰を浮かせたり、ねじらせたりされていましたが、慣れてこられたのか、まずはゆっくりと落ち着いてクンニを味わっていただけています。小陰唇の周りから全体が潤ってきたあたりで、クリトリスも形がはっきりとわかるようになってきます。クリトリスに舌を押し付けるようにすると、MAさんも腰を浮かせるようにされますので、舌を離さないようにしながら、腰の下へ手を入れて舌をやや大きく動かしながら、小陰唇全体を愛撫させていただきました。MAさんは挿入もお好きなので、膣の入り口のあたりに舌を滑り込ませると、声も少し大きくなってより感じてくださっているようです。そのまま少し顔を下へ移動して、鼻を膣のところへくっつけながら舌はアナルの周りをなめます。こんな風にしてアナル周りを舐めるのがお好きな女性の方は多いみたいですね。

十分に感じていただいたところで、MAさんが指の挿入を希望されたので、人差し指をゆっくりと膣の中へ挿入していきますが、入れた瞬間にきゅっときつく締るのがわかります。中で指を動かしながら、少し強めにクリトリスを舌で刺激すると、いつもは感じている声も上品な感じのMAさんなのですが、今日はかなり大きな声を出して逝かれてしまいました。私とのお付き合いにも慣れてこられたのもありますが、セフレさんとしばらく会えなくてSEXの方もご無沙汰されていたからかもしれませんが、普段の上品さを忘れるくらいに大きな声を出して感じておられるMAさんに興奮してしまいました。

逝ってしまわれたところで、少しお尻の周りも舐めさせていただいたのですが、鈍感そうに見えるおしりも逝った後にゆっくりと舐めまわすと気持ちがいいみたいです。MAさんもお尻を舐められながら感じる姿勢を、いやらしくていい、と喜んでいただけました。続けてクンニをしていても大丈夫なMAさんですので、そのまま普通のクンニに戻って、時折唇を押し当ててクリトリスを固くして刺激をすると何度でも感じてくださいます。部屋に入った時に乳首を強めに噛まれると感じるとおっしゃっていたので、クンニをしながら手を伸ばして少し強めに指で乳首をつまむと腰をくねらせながら快感に浸っていただきます。

途中で少し休憩を挟んで、今日はMAさんが、動画とかはとらないの?、とおっしゃって、私のスマホで舐めているところを少しだけ撮影していただきました。少し暗めでしたがよく映っていて、女性の目線から見るとこんな風に見えているんだなというのがよくわかります。私がはっきり写っているので、これは私個人の楽しみとして保存させていただくことにしました。クンニを再開してしばらくはソフトに舐めていましたが、すぐにクリトリスも固くなってきますので、クリトリスの下あたりから直接舌が当たるように少し強めに刺激してみたところ、さきほど指を挿入しながら逝っていただいた時と同じくらいに、忘我の様子で声をあげられて感じていただけました。やはり、こんな風に快楽だけに支配されて他のことが分からなくなるくらいに感じていただけるととても嬉しいですし、興奮してしまいます。

20131113004948fad.jpg 2013111300494432e.jpg

そうこうしているうちにラブホの休憩時間も残り少なくなり、部屋を明るくして、写真を撮らせていただきました。いろいろポーズをとってくださるMAさんの太ももを撮っていたところ、これまでと同じようにMAさんが私のスマホで自らの脚を撮ってくださいました。MAさんの太もものすべすべした気持ちよさが伝わるとよいのですが、、、

MAさんはあまり恥ずかしさは感じないらしく、いつもオープンな感じできれいな身体をさらして下さいます。太ももの間でお昼寝とかさせていただけたら至福の時間でしょうね。着替え終わってから、まだ少し時間がありましたので、お茶を飲みながら、時間はどんな風に楽しもうかなと、いろいろ妄想しながらお話されるMAさんはもうしっかりとされているのですが、今日みたいに一瞬でも我を忘れて逝っていただけた瞬間とのギャップがまたいいのかも知れません。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/627-e8c2d20a