FC2ブログ
寒さも落ち着いた感じがしますが、今日は先月にお会いしたCPさんと再びお会いしました。先月初めてお会いした時にクンニをとても気に入ってくださったそうで、すぐに今日のお約束の連絡をいただいていましたが、CPさんは私のクンニのことを思い出しながら毎日オナニーをしながら今日を待っていてくださったとのことです。前回は最初ということもありましたが、ラブホでお会いしましたが、今回は時間を気にせずにゆっくり楽しんでいただけるので自宅の方へ来てくださいました。駅の改札で待ち合わせをして、飲み物などを買って家までご案内しました。

リビングからの景色がよいのでしばし外をご覧になったりしながら、ちょっとだけお話をして、さっそくシャワーを浴びていただきました。シャワーの後は、可愛らしい部屋着を持っこられていて、それを着て出てこられました。といっても、寝室は暖かくしていましたので、すぐに脱いで下着姿になられて、前回と同じようにクンニを始める前に抱き合いながらキスをしたりして落ち着いていただきました。ブラをはずして胸を舐めさせていただいていると、腰から下を小刻みに震わせるように感じておられます。徐々にわき腹、お腹、パンティの際まで下りて行ったところで、下へ移動して脚の間へ入らせていただきました。

2013112320162545e.jpg

CPさんは少しふっくらされていますが、太ももがすべすべでムチムチなので手で撫でていても、舌で舐めていても気持ちがよいです。太ももの内側をゆっくりとパンティの際まで舐めていくと、脚の付け根あたりまで舌が届いたところでちょっと声を出され始めます。するっとパンティを脱いでいただいて、今度はヘアーの生え際から小陰唇へ向かって舐めていきます。小陰唇からが愛液がたっぷりと割れ目から溢れています。それを舐めとりながら、舌を徐々に小陰唇全体へと押し付けていきます。小陰唇のひだをゆっくりと舐めながら、トロトロになってきたころには、CPさんも、気持ちいいです、とおっしゃっていたのが、気持ちいい、に変わり、固くなり始めたクリトリスを刺激したころには、すごい、に変わっていきました。

クリトリスもむき出しになってきて直接舌があたるとさらに気持ちがよいらしく、CPさんの声も大きくなってきて、尿道から膣の入り口あたりもヒクヒクとしだすのですが、CPさんは今まで逝ったことがないので、途中でこれ以上は怖いです、とおっしゃります。多分、このまま続ければ逝っていただけるのではないかと思い、そのままクンニを続けていましたが、なかなかその先までいくのは難しいようです。途中で、指を入れて欲しいとおっしゃるので指を挿入しながらクリトリスも舌で刺激していると、今までになく高い声で、ああ~、とおっしゃって、もう少しで逝きそうなところまでは達していただけたみたいです。

そのあたりで少しクンニは休憩させていただきましたが、CPさんはクンニもお好きですが、ご自身も舐めるのがお好きとのことで、前回と同じように私の乳首やら耳の後ろやらを舐めてくださって気持ちよくしてくださいました。そのあとは、私のものを口で元気にしてくださって、ブログで他の女性が挿入はせずに私のものに擦り付けるようにするのが気持ちよさそうだったので、それがしてみたいと、私の上にまたがって小陰唇をペニスに擦り付けるようにされて、気持ちよくなっていただきました。愛液が溢れている小陰唇を擦り付けられるので、私もとても気持ちよくさせていただきました。

休憩している間が抱き合うようにしていましたが、CPさんの肌は太ももだけでなくて他もすべすべしているので、抱き合いながら横になっていると肌触りがよくて、ついつい手のひらでCPさんの身体を撫でるようにしてしまいます。そのあとはまた、クンニを始めて同じようにもう少しで逝きそうなところまではすぐに達するのですが、なかなか最後までは到達できませんでした。それからまたCPさんが私を代わりに舐めてくださって、今度は少しだけ挿入も試みましたが、しばらく挿入されていないので、奥まで入れていくと痛いとのことでしたので、少しだけ挿入をしてはみましたが、無理はしないようにしました。挿入するために私のものを口で元気にしてくださる方はよくいらっしゃいますが、CPさんは舐めることが好きとのことで、交代で舐めあうようなことになって、なんだか不思議な経験です。女性にも身体を舐めるのがお好きな方がいらっしゃるのですね。

20131123201626f88.jpg 20131123201628590.jpg

ここで少しリビングへ戻って、CPさんが買ってきてくださったデザートをいただきました。ゆっくりと時間をかけてクンニを楽しんでいただいて、ちょっと疲労感があるところに、甘いものをいただくととてもおいしいですね。食べ終わるとCPさんが私の膝の上に脚を乗せてくださって、CPさんの脚を触りながらお話をしていました。以前にも、リビングのソファーではいつも脚を私の膝の上に乗せてくださる方がいらっしゃったのですが、脚フェチの私としてはひざ掛けのように女性の脚を膝の上に抱きながらお話ができるというのは、とっても贅沢な気分がして、すごく癒されてしまいます。

そのあと、再び寝室の方へ移動して、軽くクンニやらをしながら身体を触れあいながらゆっくりと時間を過ごすことができました。普通にお話をしているととても真面目そうなCPさんなのですが、昔から毎日のようにオナニーをしているとかお聞きして、こうして性欲を満たすことがほんとにお好きなんだなと思うと、なんだか興奮も高まるような気がします。お会いした女性の方とどんな風にオナニーを始めるようになったかとかの話をするのも、なかなかない体験ですしね、特に女性どうしではオナニーの話をすることはほとんどないと聞きますし。

CPさんはお仕事のお休みが平日だったりもしますので、お帰りになるときに来月のシフト表を持っておられて、しっかりと来月のお約束もしていただきました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/629-cbcb25c6