FC2ブログ
かなり寒いですが天気がよくて日差しがあると昼間はやや大丈夫ですね。CPさんが家まで来てくださいました。CPさんはいつも土日が休みというわけではないので、シフトがはっきりして土日がお休みの日があると早目にお会いできる日を連絡くださるので、だいたい月に1回のペースでお会いできています。なので、ムラムラしたからお誘いをいただくというよりも、会える日があればその日に楽しんでいただくという感じですね。前回から自分で家まで行けますとのことで、駅で待ち合わせとかせずに直接来てくださるようになりました。とりあえずリビングで少しお話をして、それからシャワーを浴びていただきました。

シャワーの後はCPさんも私を待つ間はリビングにおられて、一緒に寝室へ移動します。今日はピンク色の上下おそろいの下着を着ておられました。CPさんが先日私がブログに書いたiroha miniに興味があるとのことで使ってみたいと言われたので、まずはどんなものかお見せしました。いきなり使うのは舐め犬としては残念なことなので、また後で使いましょうということで、これはベッドの横において後のお楽しみにとっておきました。

ベッドに入って抱き合いながらしばしキスなどをして落ち着いたところで下の方へ移動します。最近、いきなり下へ移動して足元からというよりも、横に並んでスキンシップをとってからのほうが好きという方が何人かいらっしゃいますが、普通のお付き合いだとだいたい上半身から始まるのでそちらの方が受け入れやすいのでしょうね。太ももから舐め始めて脚の付け根にくにくにと舌を這わせたところで、パンティを脱いでいただいて、小陰唇の周辺をゆっくりと舐めていきます。感じやすいCPさんはこのあたりで声を出し始めて感じておられます。小陰唇からはすでに愛液が溢れていますので、そっと小陰唇のひだの先を舐めるようにしながら一緒に舌に絡めていきます。

20140118204925940.jpg

今までもクンニではかなり感じておられたのですが、逝ってはいただけていなかったみたいですので、今日はできるだけゆっくりと舌を動かしながらじっくりと楽しんでいただこうと思い、ソフトに同じ動きをずっと続けながら、クリトリスの周辺を刺激させていただきました。まだ冷静でいられる間は、気持ちいいです、とおっしゃるのが、感じてこられると、気持ちいい、すごい、に変わっていくのですが、クリトリスが固くなってしっかりと形が分かるようになると、言葉は少なくなってきます。CPさんは逝きそうな感じになってくると、怖いです、とおっしゃってそこでしばし中断していたのですが、そのまま続けていれば逝っていただけるのではと思って、今日はそのまま続けさせていただくことにしました。

舐めていると膣のあたりがヒクヒクとしてくるのが分かりますし、脚の方も自然とガクガクと動いたりして、やはりこのまま続けていると逝っていただけそうです。CPさんが握っている私の手から、手に汗が噴き出しているのが分かります。下半身が熱くなってきているようです。少し強めにクリトリスを押し付けるようにして舐めていると、いつもは少し高めの声をあげておられるのが、地声というのでしょうか、低めの声に変わる瞬間がありました。そのあとしばらくは声も出さずに身体だけが反応しています。

私としてはこの状態で逝っていただけたような気もしていたのですが、CPは何もおっしゃらないので、そのまま舐め続けていて、2回ほどこんな状態になって、CPさんが、もう無理です、とおっしゃるので休憩させていただくことにしました。後でお話をしていて分かったのですが、CPさんは何度か身体が自然とビクンとしたとおっしゃっていたので、やはり逝っていただけたみたいでした。逝ったあともクンニを続けていても大丈夫な方みたいで、軽めに連続して逝けるので、初めてのことで逝ったという意識がなかっただけのようです。声を出していないときはちょっと意識が遠のいている時だともおっしゃっていました。ともかくも、これまでにない体験であったそうで、そんな風に感じていただけたのでよかったと思います。

休憩中に、iroha miniを少し使わせていただくことしました。irohaよりはかなり小さくて手のひらの中にすっぽりと収まるくらいですので、クリトリスのあたりに当てて手のひらで上から抑えるようにして使わせていただきました。しばらくして脚がガクガクとするような感じになり気持ちよかったようですが、やはり舌の方がいいとのことです。irohaみたいに微妙にふにふにした柔らかさはなくて表面は固いのですが、ぱっと見たところローターには見えないところがいいですね。防水なので丸洗いもできますし。

そのあと、CPさんが落ち着いたところで、いつもように口で元気にしてくださって、上に乗ってこられるとヌルヌルになった小陰唇を押し付けるようにしてしばし気持ちよさを楽しんでいただきました。横に移動して、少し休んでいる間も手で触ったりしてくださるので気持ちがよいです。しばらく横になっていましたが、そのあと再びクンニをさせていただきました。十分に感じてしまったクリトリスなので、舐め始めてすぐにもCPさんの声が漏れだして、痛くはないかとちょっと気にしつつも、クリトリスを下から舌ではじくように舐めあげるととてもそれがよいみたいで、クリトリスの硬さもどんどん増して、身体が熱くなってこられたみたいで、CPさんは強めにした方が感じていただけるようです。

20140118204923be4.jpg 20140118204922447.jpg

途中で、買ってきていただいた、ケーキなどを食べさせていただいて、そのあと再び寝室へもどってクンニをさせていただきましたが、この時は連続してちょっと強めに舐めさせていただきました。クリトリスが限界まで固くなったところで、全体を強く押すようにすると、CPさんの声も大きくなり、クリトリスがしぼむのが分かります。それから、またクリトリスの先を刺激するとすぐに固くなって、また強めに押すとCPさんの声が大きくなるとともにしぼんでいきます。多分、ことときも連続して逝っていただけていたようで、CPさんもわけが分からない感じになられたそうです。

女性の逝き方も人それぞれですが、CPさんも初めてでまだあまり自覚させていないようではありましたが、いつもと違う感じは持たれたようで、クンニでこんな風に新しい体験をしていただけたことは、舐め犬の私としても嬉しいことです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/645-dd36a30b