FC2ブログ
暖かくなって桜も満開になりましたが、週末になってまた少し肌寒さんが戻ってきましたね。KHさんからは1週間ほど前にメールで連絡をいただきました。20代前半のOLの方で、最近舐め犬のことを知ってブログなどを検索されて、連絡をいただいたとのことです。メールでも気さくな感じの方でしたが、実際にお会いしてみるとはきはきとした感じでお話される快活な女性でした。処女だとおっしゃっていたのですが、挿入は痛いのでまだ経験はないというだけで、それ以外の経験はされておられて、クンニの経験もあって気持ちよかったのでお好きとのことです。

待ち合わせ場所からホテルへの間もよくしゃべってくださったのですが、自分でも緊張しすぎてよくしゃべっているとおっしゃっていました。ラブホはやはりまだあまり慣れてはいないようで、いろいろ興味深そうにされていました。とりあえず、シャワーを浴びていただいて、私がシャワーを浴びている間に、テレビでビデオのサービスをいろいろと探索されていました。オンデマンドでアダルトビデオも見られるようになっていますが、ジャンルがかなり細かく分かれていて、おもしろいですね。

20140405231112896.jpg

見るビデオも決まったところで、ベッドに横になっていただいて、少し太もものあたりなどを触らせていただきながら、お話をしてから、下のほうへ移動してはじめさせていただきました。ガウンのしたは何も来ておられなかったのですが、小柄なKHさんは均整のとれたスタイルをされています。脚の間に入らせていただいて、太ももを舐め始めると、くすぐったいとおっしゃいます。まだ、若いので張りのある太ももをされていて、ブリブリな感触がここちよいです。さすがに舌が脚の付け根あたりまでくると、気持ちよさも出てきたようで、少し呼吸も乱れてきたようです。小陰唇のひだに軽く触れるか触れないかくらいに舌を乗せてみると、やはり、くすぐったいとおっしゃっていましたが、割れ目の間にはしっかりと愛液がたくさん溜まっていました。

徐々に舌全体で小陰唇を覆うようにしながら、ゆっくりと舐めあげていくと、かなり感じてこられたのが分かります。後でお聞きしたところではゆっくりと舐めあげるのが気持ちよかったとのことですが、具体的にはどんな風に舐められているのかははっきりとは分からないとのことです。よく女性の方はどんな風に舐められているか細かいところは分からないとおっしゃるのですが、不思議なものですね。途中でKHさんからキスがしたいとおっしゃるので、いきなり下半身から舐め始めるのはよくなかったかと反省しつつ、軽く抱き合いながらキスをさせていただきました。その後、再び下へ移動して、ソフトに舐めい続けていましたが、徐々にクリトリスの硬さも増してきました。クリトリスを上から刺激したり、膣の入り口あたりを舐めると、声も大きく出されていたので、そのあたりが感じるポイントのようです。

固くなったクリトリスを舌で左右に小刻みに刺激しているとKHさんの声も大きくなってきましたので、それに合わせて少し強めに舌を押し当てたところ、声がパタッと止んだと同時に身体が脱力されて、逝っていただけたのが分かりました。オナニーでは逝けるとおっしゃっていたので、初対面ではありますが、こうして逝っていただけてよかったです。そのあとは舌をかるく当てたままにしていたのですが、大丈夫そうなのでそのまま軽く舐め続けていました。

途中で2回ほど休憩をしましたが、1度逝かれると、感度も高くなったままですので、舐め始めるとすぐにクリトリスもしっかりと固くなり、す~っとクリトリスがしぼんだかと思うと同時に、KHさんも大きく声を出しながら逝かれるようになって、また逝かれたと同時に、クリトリスの硬さが戻ってきます。逝く回数が増えるにしたがって、次に逝くまでの感覚が短くなっていきます。最後には、逝かれたあとにベッドにぐったりと横になられていたので、胸を舐めさせていただいたり、手のひらで身体をさするようにして触らせていただきたりしながら、余韻を楽しんでいただきました。指で小陰唇に触れないように両側から軽くはさむようにすると、それだけでも腰をくねらすようにして、感じておられました。

かなり長い間そんな風にしてまどろんでおられたのですが、元気が戻ったところで、少し映画を見てから、ラブホに入ってからちょっと興味を持っておられたジャグジーでの泡風呂を残りの時間で楽しまれました。ジャグジーで泡風呂にすると泡がたくさんできて楽しいですよね。ちょうど時間になったころに帰り支度も終えて、ホテルを後にしました。最初でしたが、KHさんは何度も逝かれて、感じやすい方だなと思いました。これで、挿入も経験されて、さらに新しい快感を手に入れられたら、エッチの楽しさも倍増しそうです。まだ若いので、将来はどんな風に快感を楽しむ女性になられるのか、想像するだけでも楽しいです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/662-6ae998a2