FC2ブログ
連休の始まりはいい天気で外へ出ても気持ちがよいですね。ちょっと空模様が怪しくなってきましたが、OKさんとお会いしてきました。前回から2か月ほど空いてしまいましたが、OKさんは直前に連絡をくださるので、これまでも何度かお誘いをいただきながら私にすでに予定が入っていたりでご迷惑をおかけしていました。今週は比較的私も時間が自由にできるので、何とかお互いの都合がうまく合ってお会いできました。待ち合わせをして、コンビニで少しお買い物をした後にラブホへ向かいました。途中も道はGWということでかなり人が多かったですが、昼過ぎなのでホテルの方へもすんなりと入ることができました。

部屋に入ってOKさんは軽く食事をされてからシャワーを浴びられます。バスタオルを巻いて出てこられたところで交代で私がシャワーへ。私がガウンを着て出てきたのを見て、ガウンがあったんだ、というわけでOKさんにもガウンをお渡しして着ていただきました。何度もお会いしているので明るいままでもOKさんは平気で裸になられるのですが、やはりクンニをしているときは部屋は暗めにしています。ガウンの前を少しはずして、胸から舐めさせていただきました。乳首を舌でゆっくりと舐めまわしているところでOKさんも感じておられたようで、少し腰などもくねらすようにされています。唇でチュッと吸い出すようにすると、あっ、と声が漏れて気持ちよさそうです。

20140429181044223.jpg

胸を舐めながら右手でもう一方の乳首やらわき腹やらをゆっくりと撫でながら、舌のほうも徐々にわき腹、おへそをたどって、脚の付け根からヘアーの周りまで移動して行きます。ここで、掛布団を全部はがして、下のほうへ移動するとOKさんの脚の間に入らせていただきました。私が間に入るために脚を広げたところで、OKさんは自分で触ってみて濡れぐらいを確かめておられるようでした。ここ何回かは、私の舌が小陰唇に達するころにはひだの間から愛液がいっぱいに溢れるような濡れ具合で、今回もどんなにたくさん濡らしてくださっているか期待が高まります。ガウンの下はすでにパンティもはいておられなかったので、脚の付け根から小陰唇の周辺へと舌をすすめて、いよいよ小陰唇のひだひだに舌を直接ふれさせます。クリトリスの少し下あたりから、やはり愛液が溢れ出すようにひだの間をヌルヌルにしています。

舌を広めにして、溢れている愛液を少しずつ舐めとりながら、小陰唇を下からゆっくりと舐めあげていきます。OKさんも少し脚を持ち上げるようにして、私の舌が小陰唇全体にいきわたるようにしてくださいます。小陰唇のひだを中心に両側と内側を舐めあげたりしたあとに、膣の入り口あたりを舌でチロチロと舐めると、膣の内側が少し盛り上がってきてヒクヒクしだしてOKさんもとても気持ちよさそうです。入り口全体に舌をのせてゆっくりと動かしたあとは、尖らせた舌を膣の中へ入れてみたりもします。OKさんは膣の入り口が好みのようですので、少し時間をかけて舌の出し入れを楽しんでいただきました。その間も、時折上の方まで舌を移動させてクリトリスの上を刺激すると、固くなったクリトリスで膣の入り口とはまた違った感じで、声をあげて腰を動かされます。

膣の入り口の後は、アナルを舐めさせていただきました。鼻を膣のところに、クリトリスあたりにはおでこを密着させるようにして、舌でアナルの周辺を刺激させていただきます。アナルは慣れてくると好きになる方が多いように思いますね。これで逝くということはないですが、逝くまでの快感を高めるという点ではアナルを舐めるのは私も好きです。こうして顔全体を密着させていると、顔全体がOKさんの愛液で包まれてしまいます。そして、いよいよ快感を待ちかねているクリトリスへ舌を移動させていきます。このころにはクリトリスも固くなって大きさがはっきりとわかります。クリトリスを覆うようにしながら、舌を左右に規則的に動かしていると、OKさんの太ももの裏あたりが熱くなってくるのがわかります。それとともにOKさんも逝きそうとおっしゃるので、それと同時に少しだけ舌を強めに押し付けるようにして、逝っていただけました。

逝っていただいた後も強さはソフトにして、脚の付け根あたりなどをゆっくりと舐めながら、OKさんが逝ったあとのまどろみから復帰するのを待ちます。ややOKさんが回復したところで、今日も可能なら挿入もしてほしい、とおっしゃるのでもう少しクンニで感じていただいてからと思い、クンニでしばらくは気持ちよくなっていただきました。途中でちょっと挿入にトライしたのですが、元気がなかったので、再びクンニに戻って、今度は、指を入れて欲しい、とおっしゃるので指を挿入しながらのクンニになりました。Gスポットあたりを刺激しながらクンニをしていましたが、だんだん膣の締りが強くなってきて、指も自由には動かせないくらいに締め付けてきます。指と舌のどちらがより気持ちがよいのかは分かりませんが、熱い、とおっしゃりながらクリトリスで逝くのとはちょっと違ったトーンで声をあげながら逝かれてしまいました。

20140429181045a63.jpg

そのあと、OKさんは横になってしばしじっとされていましたので、後ろから抱き付くようにして胸やお腹あたりを撫でさせていただいたりしていました。また、そうしているうちに私のものも元気を取り戻してきましたので、OKさんもだいぶ落ち着いたかなというところで、こちらを向いていただいた挿入もさせていただきました。OKさんはバックがでするのがお好きなので、途中からバックに体勢を変えて、挿入を楽しんでいただけました。ここで、ちょっと一休みになりましたが、そのあと再びクンニをさせていただきました。クリトリス周りを中心に舐めさせていただいていましたが、すでに敏感になっているので、少し舐めているだけでOKさんの太ももの裏あたりが熱くなってきます。逝けそうかなと何度か思ったところで、設定していたアラームが鳴ってしまったのですが、ちょうどそれと一緒にOKさんにも逝っていただけました。

以前はなかなか逝っていただけない時期もあったのですが、だんだんとOKさんも逝きやすくなってきたのか、私がOKさんの好みの舐め方が分かってきたのか分かりませんが、こうして長くお付き合いをしていると女性の方が変化していくのを体験できるのも嬉しいものです。何度かお誘いをお受けできなかったのが続いていたので、今回はOKさんもすっきりとできたとおっしゃってくださって、満足していただけてよかったです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/667-5af451e4