FC2ブログ
一時期の暑さはおさまったもののじわじわと夏に近づいている感じがしますが、MCさんから少し前にメールをいただいて、お会いしてきました。40代の女性の方で、クンニはお好きだとのことですが、これまでにセックスやクンニで逝ったことがないとのことで、このブログをたまたま読まれて、逝くという感じを味わってみたいとのことです。そうは言ってもなかなか期待に応えられるかどうかは難しいのですよね。

待ち合わせ場所でお会いしてラブホの方へ移動して行きました。この暑さのなかで渋谷の街の若い女性の服装も時にドキッとするようなことになっています。下着の上にちょっとした布をまとっただけの女性がちらほらいて、目のやり場に困るほどです(実は困りはしないのですけどね、、)。まだ昼過ぎの早い時間だったのでラブホも部屋が空いていてよかったです。ちょっと狭い部屋で、脱衣所がなくて部屋からそのままバスルームに入るところだったので、初めてお会いするMCさんには申し訳ないことをしてしまいました。少し部屋を暗くしてから、シャワーを浴びていただきました。

20140621213019e26.jpg

そのあと、私もシャワーを浴びて、MCさんにベッドのほうへ来ていただきました。ちょっとポチャッとしているMCさんですが、色白の脚はもちもちとした感触です。最初はベッドの上に座るようにしておられたのですが、横になっちゃってくださいと、お伝えしてベッドに横になっていただいて、掛布団を足元に落とするとMCさんの脚の間へ入らせていただきました。太ももから脚の付け根へと舌を移動して行くと、脚の付け根のところでMCさんがピクッと反応するのが分かりました。それから、ゆっくりと小陰唇のひだには触れないように周囲から舐めていきました。

MCさんは終始静かにされていて声も出されないのですが、それでも、身体の方は敏感に反応されているので、感じていただけているのかどうかはなんとか分かります。小陰唇のひだを舌で刺激し始めると、腰のあたりがピクッとするときの藩王の大きさがやはり大きくなってきました。小陰唇を下から上へとペロンと舐めるのがお好きなように感じましたので、できるだけ舌を広くして全体を覆いながら下から上へと舐めたりします。時々は、クリトリスのあたりへと戻って、上から軽く舌を左右に動かしながら舐め続けました。

徐々に、腰の動きや、太ももあたりのピクンとする感じも大きくなってきたところで、少し唇を押し当てるようにすると、クリトリスがはっきりとした形を持ち始めているのが分かります。舌の感触ではクリトリスは皮の中に納まっているようですので、直接刺激して痛く感じてしまうことがなさそうなので、安心して川の上から固くなったクリトリスを刺激しました。MCさんは身体は反応しておられますが、声の方はやはり出さずに静かにしておられました。以前にも逝ったことがないという方が声を出さずに静かにされていましたが、逝く感触を確かめようと神経を集中されていたとか、MCさんも初めて経験を逃さないように集中されていたのかも知れません。

だんだんと、唇を押し当てて固くなったクリトリスを刺激するのが、一番感じられているように身体の反応から分かりましたので、それを繰り返していました。身体の角度によるのですが、唇を押し当てると鼻がふさがって息ができない場合があり、MCさんの場合もずっと続けていたのですが、途中で息が続かなくて、唇を離したり、押し付けたりを続けていました。そうしていると、唇を押し当てて舐めているときにMCさんの腰のあたりが震えて、脚にも力が入ってきているのが分かりました。そのまま続けているとさすがにMCさんも腰をよじりながら声を出されるようになりました。

20140621213017755.jpg 2014062121301610c.jpg

それまでよりも大きな声を出してMCさんが反応されたのですが、そのまま舐めていると、また静かになられました。そのあとは唇を押し当ててもクリトリスがくっきりと固くなることもなくなってしまったので、一休みとさせていただきました。MCさんは、今までにない経験をさせてもらって、とおっしゃっていましたが、もしかするとクリトリスがもう固くならなくなった直前に大きな声を出されたときに逝ってしまわれたのではないかと思っています。

ベッドで横に並びながらちょっとお話などしていたのですが、MCさんがシャワーを浴びてくるとおっしゃるので、2時間程度ですが、クンニは終了になりました。シャワーから出てこられたMCさんは浴室までは歩いて行けたけど、中に入ると脚がガクガクして立っていられなくなって、お風呂の中でしゃがみこんでいたそうです。もし本当にクリトリスが固くならなくなったのが、逝ってしまわれたからだとするならば、私のクンニがお役に立てたということで、嬉しい限りです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/677-2c7be15f