FC2ブログ
朝からとても暑いでしたが、午前中からマッサージでいってすっきりした後に、いつものサンジェルマンでお昼を食べていたところへOKさんからメールが届きました。今週な舐め犬のお約束がないので、いつも当日にメールをくださるOKさんからお誘いがあればちょうどいいなと思っていたところでした。さっそくお返事をして待ち合わせを決めました。

OKさんとよくいっていたラブホがこのところ混んでいてなかなか入れなかったのですが、今回は待ち合わせもいつもより早い時間ですので、入れるかな?、と期待しながらホテルへ入ってみました。それでも、ロビーには部屋を待っているカップルが2組ほどいて、やはり満室でした。でも、せっかくですので部屋が空くのを待つことにしました。40分ほど待ったところで呼び出されて部屋に入ることができました。ここはほんとにいつ来ても人気があるのか混んでいますね。もしかして午前中から来ないと待たずには入れないのでしょうか。

2014071218323132a.jpg

いつもならOKさんは何も言わずにそのままシャワーへ向かわれるのですが、今日はシャワーを浴びてこられたということで、ソファーでも私の方へ寄ってこられましたので、しばし服を着たままスキンシップです。それからベッドに移って、うつ伏せになっておられるOKさんの後ろからショートパンツの股間のあたりを指で軽く撫でてみたりしていました。OKさんは電車で痴漢をされているような感触で興奮したとおっしゃいました。それから仰向けになっていただいて、ショートパンツとパンティを脱いでいただいて、クンニを始めました。このところ毎日のようにオナニーをされるくらい、欲求がたまっておられて、今日も朝からオナニーしてしまったとおっしゃるのですが、それでも舐め始める前から小陰唇の中は愛液が溢れています。

小陰唇のひだの両側を舌を滑らせるようにするとすぐにも声を漏らして気持ちよさそうにされています。どなたもそうですが、最初に舌が小陰唇のひだの先端に軽くあたるときが一番感じるのでしょうか、ここで声を漏らされる方が多いですね。だんだん舌の感触にも慣れてきて、今度は舌全体で小陰唇を覆いながら下から上へとペロンと舐めてみます。舌が小陰唇から離れるときに舌の先をクリトリスに合わせるようにすると、そこで、あっ、とまた声が漏れてしまいます。OKさんは膣の入口あたりに軽く舌を差し込むようにして刺激するのもお好きなので、少し長めにそのあたりを刺激しています。そのあと、不意にクリトリスへ舌を戻して舐めるとまた違った快感なのか声のトーンが変わってきます。

まだ逝けてはいただけなかったのですが、ちょっと休憩して横に並んでスキンシップさせていただいていると、後ろから触って欲しいとおっしゃるので、指でアナルから膣の入り口あたりのヌルヌルになったところをピチャピチャと音をたてながら刺激させていただいていきます。気が付くとOKさんは自分でクリトリスの方を触っておられて、私が指を挿入して刺激していたところで、逝かれたようです。こんな形で逝っていただくのも初めてのことでしたので、共同作業でしたね、なんて言っていました。

今日は可能ならば挿入もしてもらいたいとおっしゃっていたので、休憩しながら自分のものを触っていたのですが、元気になったところでOKさんも気がつかれて、あっ、たってるね、入れて、とおっしゃるので、挿入もさせていただきました。正常位で始めたのですが、私が身体を起こすようにして、下から突き上げるようにするのがOKさんはお好きとのことで、こんな風ですかね、試してみたりしていました。少しの間はOKさんがお好きな感じでできていたみたいですが、なかなか要領を得ずに試行錯誤している間にしぼんでしまいました。挿入を希望される場合はさせていただいてはいますが、挿入でのテクニックとかはあまりないので、なかなか難しいところです。

20140713091659c10.jpg

そのあとは、意外にまだ時間があったので、OKさんは食事を注文されて、そのあと映画をみたりしてのんびりしていました。途中一緒に映画を見ていたのですが、途中からOKさんが映画をみてのんびりしているところを、かるくクンニさせていただいて、まったりと時間を過ごさせていただきました。一度逝かれてしまうと、クリトリスも敏感になっているのか、軽く舐めているだけでも、もう十分というように腰を離されるので、そうするとしばらくはクンニをお休みして、私も映画をみて、また少し時間が経ったところで、またクンニをさせていただいたりしていました。

このところムラムラが高じているのか、OKさんからのお誘いの頻度も高くなっているのですが、今日みたいに暇にしているときにうまく連絡をいただいて、すっきりしていただけると嬉しいですね。ムラムラもあるのでしょうけど、以前はたんたんとクンニを楽しんでいただいていた感じだったのですが、スキンシップしたり、逝ったあとのまどろみの時間に少し抱き合ったりと、そういう時間も楽しくていいものですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/683-5ae39dbf