FC2ブログ
FMさんは30代後半のOLをされている奥さまですが、1月ほど前にメールをいただいて、今日お会いする約束をしていました。お会いするまでの間になんとこのブログを全部読んでくださっていました。最初はお茶でもしてからということで、喫茶店で待ち合わせにしましたが、午前中の待ち合わせでしたがお店がまだ開いていませんでした。ちょっと慌てたのですが、服装などを連絡いただいていたので、FMさんと分かってよかったです。とりあえず隣のコーヒー店に入って少しお話をしてから、ホテルの方へ向かいました。

FMさんは最近男性によるトリートメントにはまっておられるとのことで、舐め犬も気持ちいいかもと興味を持っていただいて連絡をいただいたそうです。ホテルの部屋へ入って、さっそくシャワーを浴びていただきました。なんだか午前中からラブホに入っているのも不思議な感じですが、シャワーを浴びてひんやりとした部屋へ戻ってくると気持ちがいいものです。最初ですので、どれくらい気持ちよくなっていただけるかは分かりませんが、あまり長い間クンニをされた経験もないとのことですので、どんな風に感じていただけるか私も楽しみでした。

20140720191303a0f.jpg

身長が私よりも高いのでホテルのガウンから延びる脚も長くてすべすべした感じが心地よいです。こういうことには免疫がないのですぐに逝ってしまうかもとおっしゃいながら、少し恥ずかしそうに脚を開いて私をその間に入れてくださいました。太ももの内側から舐め始めてパンティの際あたりを舐めているところで、少し反応されています。パンティを脱いでいただいて、徐々に小陰唇へと近づきながら舌を進めていきます。小陰唇のひだは小さめで、その周辺をゆっくりと舐めていきました。最初は好みの強さとか分からないのでできるだけソフトに時間をかけて舐めさせていただきながら、小陰唇の間から溢れてくる愛液を味わっていきます。

クリトリスは小さめで最初はそんなにはっきりとは分からなかったのですが、だんだんと固さが増してくると舌の先に固くなった部分が感じ取ることができて、場所もはっきりとわかるようになりました。しばらくしたところで、少し唇を押し当てるようにしてクリトリスがぷっくりとより固くなるようにして舐めてみるとFMさんの反応も大きくなりましたので、時折そのようにして様子を見ていましたが、クリトリスもしっかりと固くなったところで、唇を押し付けていると、FMさんの声も大きくなり、逝きそう、とおっしゃってまず最初に逝っていただけたようです。そのまま舐めていても大丈夫そうなので、しばらくは膣の周りなどを舐めさせていただいて、ふたたびクリトリスへ戻ると余韻が残っているのでしょうか、気持ちよさそうにされています。

唇を押し当てるくらいにして舐めた方が逝っていただけることが分かってきましたので、ゆっくりと舐めさせていただいてそろそろかなと思ったところで、押し当ててみるとやはり声が大きくなって逝っていただけました。そんな風にして3回ほど逝っていただけた後に少し休憩をさせていただきました。ガウンの上から乳首を指で触っているとこちらもかなり気持ちさよさそうです。FMさんも、触ってもいい?、とおっしゃるので私のものを触っていただきながら、乳首や身体を撫でて逝っていただいた余韻を楽しんでいただきました。そのあと、またすぐにクンニを再開させていただいたのですが、FMさんの逝くときのポイントもだいたい分かってきましたので、また何度か続けて逝っていただけました。

再び休憩をして、横に並んでかるく抱き合うようにしてまどろんでいただいていたところ、FMさんが、入れて欲しい、とおっしゃって私のものを口で元気にしてくださいました。最初は私が上になって挿入させていただきましたが、FMさんが脚を伸ばした方がよいとのことで、脚を伸ばしていただいたのですが、途中で抜けてしまって、今度はFMさんが上になっていただきました。しばらくは腰を使っておられましたが、途中からは挿入したままじっとされて、それでも気持ちがよいらしく、気持ちよすぎて抜くことができない、とおっしゃってしばらく私の上でじっとして挿入の感触を楽しんでおられました。やはり、普通の挿入よりも、こうしてクンニで何度も逝ったあとに挿入するのはかなり気持ちがよいようですね。FMさんの膣もかなり強く締っていくのがわかりました。

201407201913046a1.jpg

挿入の後はしばらく休憩して、舐め犬のことなどもいろいろお話をしていましたが、まだ十分時間がありましたので、再びクンニを始めさせていただきました。女性の方は一度感じていただけると、感度が下がることはないので、休憩の後でもクリトリスはすぐに固くなって、唇を押し当てても、それまでよりも大きく固くなっているのが分かります。直接クリトリスを刺激しても痛くはないとのことでしたので、ゆっくりとソフトに舐めては時折強めにクリトリスを刺激するようにすると、そのタイミングで逝っていただけるようになりました。最初はちょっと緊張されていたところもあったようですが、最後にはなじんで来れられたようで、リラックスしながら舌の感触を味わっていただけるようになった気がします。

午前中からホテルへ入っていたので、ゆっくりと時間を使うことができて、途中にはベッドで横になって少し休みながらブログの話などをして過ごすことができました。最初からこんなに何度も逝っていただけて、気持ちよさそうにされているのを見ながら私も満足できました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/686-7349646c