FC2ブログ
かなり涼しい日になりましたが、ちょうどお盆の夏休みに初めてお会いしたNZさんと再びお会いしました。舐め犬の気持ちよさを好きになっていただけたようで嬉しい限りです。土日の休みはあまりないとのことでしたので、私の仕事帰りにお会いすることになりました。今回はレースのショートソックスをはいておられたのもありますが、前回よりもさらに奥様には見えないような感じです。待ち合わせ場所から雨が少し降る中をラブホテルへと向かいました。

私の方は途中でおにぎりを買わせていただいて、ホテルの部屋へ入ると、NZさんがシャワーを浴びている間におにぎりを食べました。NZさんはシャワーを浴びてから、軽いお酒を飲んでリラックスされています。ちょっとベッド周りが狭い部屋でしたが、二人でベッドへ移動して、NZさんの気持ちの良い太ももあたりを触りながら、足元の方へと移動してその間に入らせていただきます。すべすべでいい感じの弾力のある太ももが顔の両側にあると幸せな気持ちになります。パンティをはいておられたので、最初は太ももからパンティの際までを舐めさせていただきます。パンティをとって、今度は脚の付け根あたりを舌を平たくして舐め始めるとNZさんも少し声を漏らし始めるくらいに感じてこられたようです。

20140827224317fb3.jpg

NZさんの小さめの小陰唇に向かって徐々に舌を進めていきますが、小陰唇のひだに舌をかるく合わせるようにすると溢れている愛液の味わいがありました。NZさんは感じやすい方ですが、濡れやすいと、言われたことがあるとのことで、今日も膣の入り口の周りには愛液でしっかりと潤っています。小陰唇のひだの間に舌を入れると、その愛液を舐めとるようにして舌を上下に動かしていきますが、NZさんの声も徐々に大きくなってきます。クリトリスは剥けてはいないのですが、大きくなる前からその存在が舌ではっきりとわかるくらいに、盛り上がっているのが舌の感触でよくわかります。

その盛り上がりの上を舌で覆うようにしながら舐めていると、時折クリトリスから舌をはずすようにされて、腰を下へ向けられます。それを追いかけるようにして舐めた方がいいのか、少しクリトリスとはべつの場所を舐めた方がいいのか、今のところはわかりませんが、十分に感じてこられるまでは腰の動きに合わせて舌の押し付け具合も少し軽くさせていただきました。膣の入り口あたりもかなりお好きのようですので、クリトリスと交互に入り口あたりを少し舌を差し入れながら舐めさせていただきます。さらに感じてこられると、舐めとった愛液が出てきているのが味わいで分かります。

クリトリスの盛り上がりが十分になってきたところで、少し唇を押し当てるようにして、盛り上がりを大きくして舌で刺激するとそれまでよりも声を大きくして感じておられます。そのまま舌を押し当てながら動かしていると、クリトリスの固さがすっとなくなり、そのあとNZさんの呼吸も一段落しますので、その時に逝っていただけてるのだとおもいます。一度そうなられると、何度でもまたクリトリスがしっかりと固さを取り戻して、感じでいただいて、を繰り返します。途中で乳首へも手を伸ばして、舐めさせせていただいたところ、それまでよりも強く感じておられたようです。はなりクンニでしっかりと感じていただいた後は、乳首と一緒に刺激をすると気持ちがよいようですね。

連続してずっと感じていただいていたのですが、途中で、ちょっと休憩、とおっしゃるのでNZさんの横へ移動して、一休みです。NZさんが脚を私の脚に絡めるようにされるので、すべすべ感がとても気持ちがよいです。その太もものあたりをゆっくりと手でさするように触らせていただきながら、時折、小陰唇のほうへも指を伸ばすと、それだけで気持ちよさそうにされています。クンニを再開してから、再び連続して感じていただいていたところ、挿入したくなった、とおっしゃるので挿入させていただこうとしたのですが、ちょっと固さが足りずにNZさんの締った膣から押し出されてしまいました。NZさんに少し手伝っていただいて、手で元気にしていただいたのですが、やはり先の方だけ入るのですが、そのあとは押し出されて、残念ながら挿入は断念しました。

代わりにクンニをしながら指を挿入させていただいたのですが、かなり締っている膣の中で、指1本だけでも十分に締め付けられるくらいです。膣の中は刺激はクリトリスほど直接的ではないそうですが、NZさんは挿入されるのも気持ちよくとお好きだそうです。舐めているほうのクリトリスも固さも大きさも最初よりはかなり大きくなっていて、唇を押し当てると、口の中でぶくっとした塊のように感じられるくらいになっています。時間をかけるとクリトリスってどんどん大きさと固さが増していくようになるものですね。

20140827224306a09.jpg 20140827224255072.jpg

何度か途中に休憩を挟んで、その間はNZさんと抱き合うようにしていましたが、手はどうしても太もものあたりから股間のあたりに伸びてしまったり、乳首をつまんだりしながら、NZさんには終始感じていただいていたように思います。舐め犬の体勢のお話とかして、顔面騎乗はまだやってないですね、とお話していましたが、やはり女性の方から顔を上をまたぐのはかなり恥ずかしいそうです。顔面騎乗で気持ちの良いところを女性の方に舌のところへ持ってきていただくと、どのあたりが気持ちがよいのかよくわかるので、次回には是非試していただきたいと思いました。

仕事帰りでしたので前回よりはちょっと時間も短めでしたが、ホテルを出て少しまだ降っている雨の中を駅までご一緒して帰ってきました。このところ都内で仕事をする日が増えたので、こうして仕事帰りにクンニをさせていただくのもいいものですね、昼間に仕事をしているときにも張り合いが出ます。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/697-88b27e3b