FC2ブログ
夏ももう終わりか、なんて書いたところですが金曜日からまた暑い日になりましたね。今週末はお約束もなかったので、のんびりと過ごすことになるかと思っていたのですが、朝LINEでOKさんから連絡をいただきました。最初は久しぶりに私の家へ行ってみたいとおっしゃっていたのですが、外での用事を思い出して、やはりいつものように外のラブホでお会いすることになりました。待ち合わせ場所へ到着する前に、ちょうどOKさんも到着するところが見えましたので、ほぼ同時に到着してラブホへと向かいました。土曜の昼間って結構ラブホが満室で何軒かうろうろしてようやく空いているところがありましたので、入ることができました。混雑具合がどんどんとひどくなっていっているように思うのですが、気のせいですかね。

部屋へ入って落ち着いたところでシャワーを浴びていただきました。入れ替わりに私がシャワーと浴びて、その間に部屋を暗くしてベッドの中へ入ってOKさんは待っていてくださいます。OKさんの横へすっと入って、胸のあたりから軽く触らせていただいてちょっとお話などをしました。前回は前日と当日の朝にもオナニーをされた後だったのですが、今日はしばらくオナニーをしていなかったので、朝しようとしたところで私のことを思い出して連絡をくださったので、私と会うまでは我慢をしてくださっていました。掛布団をはいで足元へ移動すると、太ももの間に入らせていただいて、脚の付け根へ向かって舌を滑らせていきます。

20140906194210904.jpg

オナニーを我慢してきてくださったので、できるだけ焦らすようにして、脚の付け根あたりを入念に舐めて、しばらく小陰唇へは舌が触れないようにしていました。舌先を小陰唇のひだにかるく当てるようにしてみると、OKさんの声が漏れてきます。じっくりとひだの外側を舐めるようにして、十分に感じてきてこられてから、ひだの間へと舌を差し込んでいきました。いっぱいになった愛液の味わいが舌全体に広がります。ひだの間にたまった愛液を舐めとるようにしますが、膣の入り口あたりを舐めていると再び愛液でひだの間が満たされて、いつもぬるぬるとした感触です。舌をペロンと下から上へ平たくして舐めるのがお好きなので、しばらく単調に同じ動きを続けます。こんどはクリトリスを中心に下から舐めあげるようにすると、クリトリスに舌が引っかかるところで、ピクンピクンと感じておられるのがわかります。

しばらくするとOKさんがTVのチャンネルをアダルト物に切り替えておられます。OKさんはよくアダルト物を見ながら興奮を高めたりされているので、今日もそろそろ快感も高まってきたのがわかります。OKさんの太ももにちょっと力が入るタイミングで、尿道のあたりもヒクヒクとして、逝きそうになっておられるのがわかります。何度目かのヒクヒクを感じたところで、OKさんの声も大きくなり、脚を持ち上げるようにされて、しばらくの間舌を強めに押し付けてしっかりと逝っていただきました。こんところ2回くらいはお会いしても逝っていただけなかったので、こうしてオナニーを我慢されてクンニで深く逝っていただけたので私も嬉しかったです。舌での刺激に耐えられる限界まで舌をクリトリスに添えるようにしていましたが、限界というところで舌を離してOKさんにしばし休んでいただきました。

逝った余韻に浸っておられるところを横から乳首を舐めたりしながらしばしまどろんでいただきましたが、今日は最初から可能なら挿入もして欲しいとおっしゃっていたので、OKさんにも私のものを少し触っていただいて元気にしていただいて、私が上になって挿入させていただきました。逝ってすぐ後でしたので、OKさんの膣もしっかりと締ってかなり窮屈なくらいに締め付けてきます。しばらく挿入させていただいていましたが、途中でOKさんも満足されたのか腰を引くようにされたので、そこで終わりにして再びゆっくりとお休みいただきました。

OKさんは一度逝かれるとしばらくはクンニも無理な方ですので、一緒に布団に入りながらしらばくお話などをしてすごしました。その間も手のひらでお腹のあたりから胸のあたりまでゆっくりと触ったりさせていただいて、女性の肌の感触を楽しませていただきました。だいぶ落ち着いたところで再びクンニをさせていただきましたが、一度逝かれて敏感になったクリトリスですので、すぐにも感じてこられて、舌の動きに合わせて腰を動かしながら感じておられます。逝くほどではなかったのですが、かなり声も大きく出されて感じておられて、ちょっと限界になったところで一休みしたいとのことで、再び休憩させていただきました。

2014090619415756e.jpg

しばらく布団をかぶってのんびりとした後に、指で下半身を触らせていただいて、愛液でヌルヌルになっているひだの間で指を前後させます。OKさんが後ろから触るのがよいとのことで、後ろから指で触りながら徐々に膣の中へ指を挿入していきます。少し深く指で入ったところで、気持ちいい、とおっしゃるのでそのまま指を動かしながら感じていただきます。その間も、OKさんは自分でクリトリスを触っておられたようです。そんな感じで逝っていただいたあとの時間をまったりと過ごしているうちに時間がきました。いつものように写真を撮らせていただいて、OKさんにブログ掲載OKの写真を選んでいただきました。

ホテルから出てくると昼間ほどの暑さもなく、いい風が吹いていて、駅までは気持ちよく戻ってきました。電車に乗って家まで帰ってくる間にやはり暑くてちょっと汗をかいてしまうほどでした。OKさんはこんな風に当日の朝になって連絡をくださることが多いのですが、今回はうまい具合に私がお約束なしで暇にしていたので、お会いすることができてよかったです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/700-be2d150e