FC2ブログ
今日はせっかく涼しかったのに結構日中は暑い日になりましたね。土曜日のいつものマッサージを終わって外に出たときに意外な暑さにちょっとびっくり。3連休の始まりだな~と思いながら、そのまま用賀のサンジェルマンでかるいお昼を済ませて家に戻ったところで、USさんからメールをいただきました。そのときに初めてメールをいただいたのですが、今日時間があればお会いしたいとのことです。実は夜からちょっと用事があったので、時間があまりないなとは思ったのですが、最初ですし、少し短くてもよいかなと思いお会いすることになりました。

USさんはまだ20代前半の社会人の女性だったのですが、少し離れたところにお住まいでしたのでお互いの真ん中あたりまで私のほうは車で出かけることにして、2時間後くらいに待ち合わせをすることになりました。渋滞もありましたが、SUさんよりは少し早く到着することができました。USさんはお会いしてみると小柄ではありますがスタイルもよくて、初対面の緊張感もあまりないような感じで気軽にお話をしてくださって、打ち解けながら車のほうへご案内して近くのラブホへ向かいました。1軒目は満室だとのことで(このところ土曜日の昼間ってラブホは混んでいますね)、向かいのラブホが空いていましたのでそちらへ入ることにしました。

201409132330007f4.jpg

部屋で少しお話をしていると、USさんはお昼がまだで、おなかが空いたのでラーメンを食べたいとのことですので、注文して、その間にシャワーを浴びていただきました。ラーメンはすぐに届いて、テーブルにおいてあったのですが、USさんは浴室から出るとにおいで、ラーメンもうきたのですか?、とすぐに気がつかれました。次に私がシャワーを浴びているあいだに、USさんはラーメンを食べておられました。おなかもふくれたところで、ベッドの上に着ていただいて、まずは軽く脚の辺りを触りながら、横になっていただいて舐め始めましょうか、と掛け布団を落としてUSさんの足元まで移動しました。下着はどうしましょう、とおっしゃるので、そのつど脱いでいっていただきますから、とそのままで脚のあいだに入らせていただいて、舐め始めました。

はじめは静かにしておられましたが、脚の付け根あたりにしたが届いたところで少し反応がありました。上下おそろいのかわいい下着をつけておられましたが、まずはパンティを取らせていただいて、脚の付け根から小陰唇へと舌を近づけていきます。やや薄めのヘアーの上から小陰唇の横を通ってじっくりと舐めさせていただいて、小陰唇のひだのところに舌があたると少し声も漏らしながら感じてこられました。割れ目の中に舌をくぐらせていくと、程よく濡れた愛液の味わいを感じることができます。クリトリスの上を軽く覆うようにしてゆっくりと舐めているだけでも、このあたりがとても気持ちよさそうなのが伝わってきました。

じょじょにクリトリスも固くなりだして、先が顔を出したところで、舌が直接あたるようになると今までよりも声が大きくなってかなり感じてこられたようです。そのまま、膣の入り口、クリトリスを交互に舐めていましたが、だんだんと強めにしていっても大丈夫そうでしたので、唇を押し当てるようにして、クリトリスをむき出しにして直接舐めるようにしていました。もうすぐに逝きそうかなと思える状態は何度かあったのですが、最後のポイントがつかめずにいました。途中で胸をブラの上からつかむようにしていると、乳首を触って欲しい、とのことで、ブラをはずしていただいて、乳首をつかみながら、舌ではクリトリスを刺激していきます。

きょうはあまり時間もなかったのでちょっとあせっていたこともあるのですが、やはり途中までは逝きそうな感じではあったのですが、逝ってはいただけませんでした。USさんは普段は自分ではオナニーはしないとのことなのですが、それもあるのかなと思ったりしています。彼氏はいらっしゃるとのことですが、たまたま舐め犬を知って検索したところ私のブログが割と上のほうに出ていたので連絡を下さったそうです。彼氏もクンニはしてくれるとのことですが、そんなに長い時間することはないそうです。

舐めている途中で設定していたタイマーが鳴ったので、終わりなのですが、もう少しで逝きそうな感じでもあったので、もう少しだけ舐めさせていただいたりしていました。結局途中で終わってしまったのは残念でしたが、最初ですし、時間も短かったので、次回お会いできるときにはじっくりと時間をかけてリラックスしていただければ逝っていただけるのではないかと思いました。帰り支度をして、駅までUSさんをお送りして、お別れしました。

初めての舐め犬は気持ちよかったと言ってくださいましたが、ちょっと終わりもあわただしい感じで、本当ならばもう少し今日の感想などをお聞きしたいところでした。でも、一応満足はしていただけたようですので、よかったです。ブログのほうは書いてもOKとのことでしたので、書かせていただきましたが、写真はNGということでした。スタイルがよいのできれいに撮れそうなのですが、ちょっと残念でした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/701-ee015cd3