FC2ブログ
涼しくなってきたのですがやはり昼間はまだちょっと暑い日になりましたね。今日はMSさんがいつものように車でお越しくださいました。このところお別れする時に次の予定を決めてしまうので、割とコンスタントにお会いできてきます。リビングへ入ってからしばしお話をしました。ちょうどテーブルの上に料理の本があったので、MSさんがご覧になっていて、料理の話などをしていました。そのあとにシャワーを浴びていただきました。今日はピンク(?)で縦にブルーのライン上に模様の入ったおしゃれなスリップを着てでてこられました。寝室へご案内した後に私が歯を磨いている間、ベッドの中に入って待っていてくださいます。

ベッドの横にはいると、まだシャワーの熱さが体に残ったまま、しばし抱き合ってキスなどをしながら、気持ちが準備できるのを待ちます。ほどなくして、掛布団を下へ落としてMSさんの足元へ移動してクンニをはじめせていただきます。脚の付け根までゆっくりと進んだあとに、パンティを脱いでいただいて、小陰唇のひだまでゆっくりと舌で上下に舐めながら進んで行きます。そのあといよいよひだの上に舌をそっと乗せるようにした瞬間にいつものように声をあげられて反応されます。ひだの先と舌の先が触れるか触れないかの状態で徐々に快感を高めていただきます。

20141011225906a5d.jpg

ひだの中へ舌が進んでいくと、クリトリスの下あたりからすでに愛液がたくさん溜まっていて、舌にねっとりと絡まってきます。ひだの外側と、内側を、ゆっくりとほぐすように舐めていくと、柔らくなったひだが徐々に自然に開いていきます。軽くクリトリスの上あたりを舌を左右に振りながらなめていると、クリトリスが大きくなってきて形がはっきりしてきます。すると一度舐めとったはずの愛液が再び溢れてくるのがわかります。感じてこられると脚を少し持ち上げて閉じるようにされて声も大きくなってきます。少し強めに舌を押し付けるようにしてクリトリスを刺激していると、息をとめるようにして、快感をかみしめるようにされて、少しするとまた脱力されます。

前回はかなり早く逝ってしまわれたのですが、今日は逝きそうな感じで太ももの裏あたりが熱くなったりもしていても、そのまま逝きそうな感じがずっと続いている感じでした。脚を閉じるようにして息をつめていたり、反対にリラックスして力がぬけていたりを繰り返しています。その間もクリトリスは固く大きくなったままで舌の中での存在感はそのままでした。なかなか逝かれないので、ちょっと強く刺激しすぎたかなと思っていたのですが、後でLINEでお話したところ、逝かないようにして逝きそうな感じが持続するのを楽しんでおられたとのことです。確かに、何度も逝くのが好きな方もいらっしゃれば、逝ってしまわずにその直前の状態が続く方がお好きな方もいらっしゃいますね。

ここで少し休憩をさせていただいて、ベッドに並んで横になりました。抱き合ったりしていましたが、落ち着いたところで、MSさんが私のものを触って元気にしてくださいました。とても気持ちがよかったのですが、まだしっかりと逝っていただけていないので、頃合いをみて再びクンニを始めさせていただきました。クリトリスは柔らくなっていましたが、軽く舐めているだけで再び同じような固さを取り戻します。今度はあまり直接クリトリスを刺激しないようにしながら、十分に固くなったところで、少し押し付ける程度にして舐めさせていただいていました。軽い刺激が連続しているうちに、MSさんがそれまでにない大きな声をあげられながら、逝っていただけました。逝ったあともしばらくは舌を離さないようにしているのですが、いつも限界になるとMSさんの手が伸びてきて、私の頭をだかえるようにして、もう限界、とおっしゃって終わりになります。

逝った後は横に並んでしばししっかりと抱き合いながらキスなどをして、MSさんが逝ったあとのまどろみから戻ってこられるまで待ちます。少し元気になると再び私のものを手で元気にされて、そのあとは口で気持ちよくしてくださって、しっかりと固くなったところで、MSさんが上に乗って挿入をされます。いつものことですが、逝ったあとに挿入をするととても締りが強くてかなりきつい感じです。奥に入るのが気持ちがよいのでしょうか、身体を起こして感じていただいたあとには、少し落ち着いて私に身体を預けるようにしてしばしじっとされています。締る具合はどんどんときつくなる気がしますが、かなり長い間挿入したままで気持ちよさを楽しんでいただいたように思います。挿入を終えた後は、太ももの間に挟むようにされて、私の上で余韻を楽しんでおられます。

そのあとは、ベッドに横になってしばし本当に休憩させていただきました。このところMSさんとはだいたい同じようなパターンでクンニをさせていただいていて、MSさんもこの休憩の時間がお好きのようです。私も一緒に横になって休ませていただいていて、気が付くとかなりいい時間になっていましたので、最後に再びクンニをさせていただきます。ゆっくりと休んだのでクリトリスも柔らかくなっていましたが、軽く時間をかけて舐めているうちに固さが戻ってきて、MSさんもそれまでよりも大きな声をあげて感じてくださいました。

201410112259207b6.jpg 2014101122593206f.jpg

寝室からでてくるとすでに外は暗くなっていました。MSさんとは夏頃からお会いしているので、同じ時刻でもこうして外が暗くなっているのは初めてのことで、MSさんは窓からの景色を見ながら暗くなるとまたきれいだねとおっしゃっていました。MSさんがシャワーを終えられてから、買ってきてくださったケーキをいただきました。ハローウィーンも近いということで、そのシールがケーキの上にのっていたりします。気が付くと今年も3か月を切ってしまったのですね。

今回も次回のお約束を決めてから、マンションの下までMSさんをお送りしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/714-b215f5a6