FC2ブログ
連休はあいにくの雨で始まりましたね。今週は風邪気味になりかけていたのですが、できるだけ暖かくしてしっかりと睡眠をとるようにしたので体調も戻りました。それで、MDさんとお会いしました。MDさんはいつもかなり前からお会いする日をお約束しているので予定が重なってダメになることがないです。用賀駅の改札で待ち合わせをして家へ来ていただきました。私もダウンを着て出ましたが、MDさんもマフラーをして、暖かそうにしておられました。

リビングで少しお話をしますが、ブログに書いたベネッセの古語辞典をテーブルに見つけると、これですね、とおっしゃって、それからしばし古文についてお話をしました。私ももともと古文は得意ではなかったのですが、MDさんも得意ではないとか、お互い理系ですので、そんなもんですよね。家にはたくさん本があるので、本の話題になることが多くて、MDさんが持っていた桜庭一樹が女性であることをご存じなかったようで、しばし爆笑です。それから、MDさんにシャワーを浴びていただきましたが、黒のスリップ姿で出てこられて、歯を磨く間待っていてくださいました。

2014110118042911c.jpg 

始まるまではいつも恥ずかしそうにされているのですが、もう慣れてこられたのかと思っていましたが、それよりも1月くらい間があいているので、かえって恥ずかしいとのことです。最初はキスがいいとおっしゃるので、キスをしながら身体を手で触らせていただいていると、小刻みに身体を震わせながら感じ始めてこられました。舐め犬でお会いしていると、お会いするたびに感じやすい身体になられる方もいらっしゃるのですが、MDさんもそうなのかも知れません。昼間はまだ寝室は暖かいので、掛布団を下ろすと、MDさんの足元へ移動してクンニを始めさせていただきます。太ももから脚の付け根まで舐めていく間もかるく身体を震わせるようにして感じておられましたが、パンティをとって、脚の付け根と小陰唇のひだの間をゆっくりと舌で舐めあげると、腰を動かして感じてくださいます。

舌をひだの上に乗せるようにして軽く動かすと、ひだの間から溢れている愛液の味わいが口に広がります。軽く動かしているだけなのですが、すでに固めになってきていたクリトリスの上を舌が通り過ぎると、ヒクヒクとするのが分かります。あまり直接クリトリスに当たらないように、ゆっくりと時間をかけて舐めていくと、MDさんの声も徐々に大きくなってきます。時折、ひだ全体を口の中に吸い込むようにすると、気持ちがよいらしく、声も一段と大きくなります。MDさんのクリトリスは大きめなのでちょっと唇を周りに押し当てるようにすると、むき出しになったクリトリスの先が口の中へするっと入ってきて、舌に調節触れるようになります。あまり直接触れるのはよくないので、そのあとは全体の下を押し当てるようにして、刺激をさせていただきます。

十分に感じてこられたところで、ぷっくりと盛り上がったクリトリス全体をもみほぐすように舌を押し当てていると、MDさんの声も一段と大きくなって逝かれたようです。MDさんの呼吸が整ったところで、下はクリトリスのあたりに軽く触れる程度にして、MDさんが余韻を感じていただけるようにします。そろそろ大丈夫かなというところで、再び舌を動かし始めると、クリトリスもすぐに固さを取り戻してきます。連続して何度か逝かれたみたいですが、途中で限界ということで、しばし休憩になりました。休憩中は乳首を舐めながら、身体を手のひらでさするようにしていましたが、逝った後の乳首への刺激はじんわりと快感が高まってくる感じだそうです。

休憩が終わって再びクンニを始めさせていただきましたが、クリトリスも敏感になっていますし、すぐにMDさんも感じてこられて、クリトリスの周りがヒクヒクしてきます。十分に感じてこられると、ついついクリトリスに直接刺激をしてしまうのですが、あまり長くしているとやはり最後にはちょっと痛くなってしまったそうです。逝ってしまわれても、軽いクンニにしてそのまま続けていますので、深く逝ってしまわれたあとはしばし余韻に浸っていただくのがよいかも知れません。2回くらい休憩を挟んでクンニをさせていただいた後に、MDさんが私の上に乗ってこられて、馬乗りの状態でキスをしながら、腰を私の身体に押し付けるようにして感じておられます。MDさんはキスがお好きなんですね。

そのまましばらくの間、私の上に乗ってキスをされていたのですが、入れたくなったとおっしゃって、挿入することになりました。いつもなら横に並んで休んでいるときに、私のものを触ったりしておられたのですが、今日はそういうことは全然されていなかったので、クンニだけを楽しまれるのかなと思っていました。ずっと上に乗って腰を押し付けるようにして動かしておられたので、私のものも刺激されて元気になっていたので、すぐにMDさんが上になって挿入されました。くいくいと腰を動かすようにされたり、しばしじっと止まったりしながら、挿入を楽しんでいただきました。挿入が終わった後は、まだ勃起したままの私のものをしばし手で刺激したりして遊んでおられました。

20141101180403bfd.jpg 20141101180352dee.jpg

そろそろ外も暗くなってきて、いい時間になりましたので、終わりにしておやつをいただきましょうと話していたところで、またまた写真を撮るのを忘れていたのを教えていただいて、シャワーを浴びに行かれる前に写真を撮らせていただきました。まったりと過ごしたあとに女性の方が快感の余韻で横になっておられると、あ、今のうちに写真を撮らせていただかなくちゃと思うのですが、一緒に普通に横になっていてそろそろ時間ですねと言いながら終わりにするときには、写真のことを忘れてしまうことが多いみたいです。それで女性の方に、今日は写真は?、と教えていただいたりしています。

終わった後はリビングで買ってきていただいたプリンをごちそうになりました。なんども逝かれたあとの脱力感をこの間に落ち着かせていただけるので、自宅でお会いしたときにはこのような時間をとることができていいようです。身体を落ち着かせていただいてから、駅までお送りしてお別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/720-20efb1af