FC2ブログ
連休も最後になりましたが、比較的よいお天気でしたね。連休に入って体調も戻したのですが、ちょっとすると鼻水が出たりと万全ではない感じでしたが、舐め犬をさせていただくのには支障がない程度でしたので、今日の最終日はMSさんとお会いしました。いつものように車で自宅まで来てくださって、家まで上がっていただきました。実は今回も写真を忘れてしまいました。今日はなんだか最後に時間に追われたのもありますが、達成感が半端なかったもので、よかったよかったと思って支度をしてから、気が付きました。

リビングで芝居関係のことなどをお話していたのですが、意外に長くお話してまって、それからシャワーを浴びていただきました。いつものようにスリップ姿で出てこられて、寝室へご案内します。ベッドへ並んで入ると、最初は抱き合うようにしてスキンシップです。MSさんが脚を絡めてこられて私の太ももを股間で挟むようにしながら、抱き合って、しばしキスなどをしていました。軽く感度を高めていただいてから、足元へ移動して、クンニを始めさせていただきます。太ももの内側をゆっくりと脚の付け根まで舐めあげて、パンティをとったあとは、脚の付け根から小陰唇のひだに向かって、徐々に舌を近づけていきます。

初めてお会いしたころは、小陰唇のひだに舌が当たると、ひゃ~、と声をあげられたりしていましたが、もう何度も経験されてこのあたりは落ち着いた感じで舌の感触を感じてくださっています。小陰唇のひだの両側に舌を差し込むようにしながら、舐めあげて、ひだが快感でふっくらとしてくるのを感じます。間に舌を差し込むと溢れている愛液の味わいがあります。何度も上下に舌を動かしているうちに、ひだはぱっくりと開いて、舌を受け止めてくれます。クリトリスのあたりを軽く辛抱強く舐め続けているうちに、クリトリスがぷっくりと大きくなって、少し強めに押し付けるだけで、MSさんの声も大きくなってきました。

より感じるポイントに舌が当たると、脚を閉じて私の頭を挟んだり、脚を持ち上げたり、されていましたが、最後には大きな声をあげて逝っていただきました。そのあとも舌を軽く当てながらクンニをさせていただいていましたが、何度かクリトリスが大きくなって感じていただいていたところで、ちょっと限界ということで休憩になりました。休憩の始まりは、MSさんの呼吸が落ち着くまで抱き合っています。落ち着いたところで、腕枕などをしながらMSさんが脚を絡めてくるような体勢で過ごしています。乳首とかを手で触らせていただいているうちに、舐めるようになり、そのまま下の方へ移動してクンニの再開になりました。

これからが今までのMSさんとのクンニとちょっと違っていたかなと思うのですが、再びはっきりと逝っていただいて休憩というのではなく、クリトリスがしっかりと固くなったところでMSさんが息を殺して快感に耐えて、クリトリスの固さがふっとなくなったところで、一息ついていただいて、再び軽く刺激しているとクリトリスが固くなってくるというのを繰り返していました。クリトリスがふっと固さをなくした時に逝っておられたのではないかと思うのですが、そうだとすると何度も連続して逝かれたことになります。

さすがに呼吸もかなり荒くなっておられたので、途中で休憩にしました。呼吸が落ち着いてくると、MSさんが私のものを手で元気にしてくださって、そのあと口に含んで、最後には上に乗って挿入をされました。風邪気味のせいかいつもよりは短い時間で抜けてしまったので、そのあとはMSさんが上の乗ったまましばしまどろんでおられました。そのあと、MSさんが私の上から降りるとしばしお互いにお横になって休憩しました。

30分ほど横になっていましたが、元気になってきましたので、再びクンニをさせていただきました。先ほどと同じように、クリトリスが固くなってくると、少し強めに舌を押し付けるようにしていると、ふっと固さがなくなるときがあり、MSさんの呼吸も息を止めて耐えておられるたのが楽になって、逝かれたのかなというタイミングで、再び軽めに舌を左右に動かすようにしていました。軽く舌を動かしているだけで、すぐにクリトリスも元の大きさに戻るので、再び、舌を押し付けるようにして、MSさんには息をつめて感じていただくことの繰り返しでした。このままいくらでも続きそうな感じでしたが、さすがに最後は限界に達して休憩になりました。

休憩になってもかなり長いあいだ呼吸が乱れておられたのですが、落ち着いてくると再び私のものを元気にさせると、今度はいつもとは反対向きに私の上に乗られて挿入をされました。しばらく腰を使って挿入を楽しんでおられたのですが、途中で抜けてしまってそこで終わりとなりました。気が付いたらだいぶ時間も過ぎていましたので、すこし慌て気味にMSさんがシャワーを浴びに行かれて、持ってきていただいたケーキを用意しているときに、写真を撮らせていただくのを忘れたことに気が付いたのでした。

今日はなんだかこれまでとちょっと違った風にMSさんに感じていただけたような感触があって、すごく舐め犬として達成感があったのも、写真をことを忘れてしまった要因かと思います。最後に、一緒にケーキをいただいてから、車で帰って行かれるMSさんをお見送りしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/721-122cfa94