FC2ブログ
朝起きてみるとブログをご覧になったMYさんからのメールが届いていました。クンニをたっぷりと楽しんでみたい願望はあるものの、いつもはなかなかいけないので男性にずっとしてもらうのは悪いような気がしていたのですが、舐め犬という存在を知ってメールをくださったそうです。平日の夜が都合がよいとのことですが、私の仕事の都合で今日を逃すと来週になるとお返事したところ、今日でも大丈夫とのことでしたので、かなり急ではありますが、お会いすることになりました。これまで休日でしたらその日にメールをいただいてその日のうちにお会いするということはありましたが、平日でメールをいただいたその日のうちにというのは初めての気がします。仕事をしながらすこしウキウキした気分です。

仕事が終わって待ち合わせをしたMYさんは、アラフォーの独身OLさんですらっとした体型の方でした。初めてですので、とりあえず少しお茶をしてお話をすることになりました。MYさんとしては、クンニだけしてそれで満足な男性がいることが不思議で、実際にお会いしてみてもやはり半信半疑なままでした。もともとイチャイチャするのが好きなことと、女性のほうから性欲を示してくださるとそれに興奮できるなど、私の性癖みたいなことをお話したりしました。そういうことならこれからでも試してみたいとのことでしたので、近くのホテルの方へご一緒することになりました。

201411130726003ec.jpg

平日の夜はホテルの部屋もたくさん空いていましたが、少し遅くなっていましたので、最初ですし2時間のコースを選んで部屋へはいりました。時間も短いですので、YMさんにシャワーを浴びていただいて、続いて私がシャワーを浴びました。その間にMYさんはすでにベッドの中へ入っておられました。こんな風にネットで知り合ってホテルへ来るのは初めてのことで、かなり緊張しているとおっしゃっていましたが、掛布団をはいで、少しMYさんの脚を触らせていただきました。脚もすらっとされていて、太もものぷにぷにとした柔らかな感触が気持ちがよさそうです。

掛布団を全部下へ落とすと、MYさんの足元へ移動して、脚の間へ入らせていただきます。MYさんが少し脚を広めに開いてくださって、太ももの内側あたりから舐めさせていただきました。やはり柔らかな感触が気持ちいいです。ホテルのガウンの下はすでにパンティは脱いでおられて、少しめくるとヘアーも処理されていて全体が露わになりました。脚の付け根から小陰唇のひだの近くまでをゆっくりと舐めていきます。ひだへ舌が触れるころには、MYさんは声は出しませんで、大きく深呼吸をするように息をしながら気持ちを落ち着かせながら、舌の感触を味わっていただいているようです。

MYさんへは初めてのクンニですので、おもちゃを使ってオナニーをされているので刺激には慣れておられるかとは思いましたが、最初はソフトにペロペロというよりはねっとりと舌を絡ませるようにして、小陰唇のひだの両側を舐めていきます。少しクリトリスも大きくなってきたところで、ひだの間へも舌を差し入れるようにすると溢れてきた愛液の味わいがあり、MYさんの呼吸も大きくなってきました。クリトリスの上あたりに自然に舌が当たるようになると、尿道周りがヒクヒクとしてくるのが分かりました。なかなか逝かないとおっしゃってはいましたが、かなり感じやすい方のようです。少しアナルのほうも舐めさせていただきましたが、深く呼吸をされている息遣いの中に少し声も混ざってきたようです。

クリトリスも大きくなって少し顔をだしているのがわかりましたが、ヒクヒクが続いていましたので、手の平でMYさんのお腹からあたりをさするように触らせていただいていると、MYさんも私の腕に手を添えてこられました。ゆっくりとした舐め方はそのままにクリトリスを中心に舐めていたところ、MYさんが手で小陰唇を開くようにされたので、むき出しになったクリトリスへ直接刺激した方がお好みなのかと思い、少し強めに舌をおしあてるようにしてみました。それまで、快感をかみしめるように深呼吸を続けておられたMYさんから、低めの声で、うっ、と感じておられる声がでるようになりました。

強めの舐め方でも大丈夫なことがわかりましたので、唇をクリトリスへ押し当ててできるだけクリトリスが露出するようにして、直接刺激するようにしていきました。MYさんも私の押し付ける舌がしっかりとクリトリスに当たるように、少し腰を浮かすようにして合わせてこられました。そのままぐいぐいという感じで刺激をさせていただいていたところ、うんぐっ、といった感じの声を漏らされて逝っていただけたようです。そのあと少しソフトな舐め方に戻したのですが、MYさんがやはり小陰唇を開くように手を添えてこられたので、元の強さで舐めてみたところ、同じように感じておられたので、それからは連続して強めにクリトリスを刺激するのを続けました。それからはMYさんは、大きく呼吸をしながらも、何度も、うっ、と声を出しながら連続して逝っていただけました。

途中から胸へも手を伸ばして乳首を刺激させていただきましたが、これまで以上に感じていただけたようです。舌を強く押し立てているとクリトリスがだんだんしぼんでいくのですが、少し舌を離すと、再び固さを取り戻して、そこを刺激するとさらに新たな快感が押し寄せてくるように、MYさんは逝ってしまわれるようです。最後には脚を持ち上げるようにされて、かなり長い時間うめくような声を出しながら逝っていただけました。

こんな感じでいくらでも連続して逝っていただけそうでしたが、時間で来てしまい、中断させていただきました。MYさんもオナニーでは一度逝くとやめておられるそうで、こんなに連続して逝くのはこれまでになかったとのことで、最初からたくさん逝っていただけたので、私もなんだか満足感がありました。少し脚の伸ばしてゆっくりとされているMYさんを最後に軽く舐めさせていただいてから、シャワーを浴びていただいて帰り支度をしました。写真はNGとのことでしたので、部屋の写真だけ載せておきますね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/723-36850a7a